2436件中 21 - 30件表示
  • サラマンカの旧市街

    サラマンカの旧市街から見た古代ローマ古代ローマ

    サラマンカの町の始まりは古代ローマのころ属州ヒスパニアにトラヤヌス帝によって建設された植民都市であるとされる。ローマ帝国が滅亡し、イベリア半島がイスラム帝国の支配下に入ると、この地はイスラム化し、トレドやグラナダと同様、イスラム文明を享受することになった。サラマンカの旧市街 フレッシュアイペディアより)

  • ヘルヴェティア

    ヘルヴェティアから見た古代ローマ古代ローマ

    ヘルヴェティア(Helvetia)は、アルプス山脈とジュラ山脈に囲まれた台地からなる古代ヨーロッパ中央地域のローマ名である。ほぼ現代のスイス西部に該当し、その名前は現在でも詩的に使われている。ヘルヴェティア フレッシュアイペディアより)

  • ピザの歴史

    ピザの歴史から見た古代ローマ古代ローマ

    古代ローマでは、食器代わりに平らなパンが使われていた。ピザ (pizza) の語は997年に南イタリアでラテン語で書かれた文献に登場する。ピザが現在の形に近くなったのは、16世紀にスペイン人がインカからトマトを持ち帰ってからである。18世紀にはスペイン領ナポリの貧しい住民がトマトとチーズをパンに乗せる具として使い始め、19世紀後半にイタリア王妃マルゲリータが気に入ってから一般にも広まった。ピザの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ユリウス・オブセクエンス

    ユリウス・オブセクエンスから見た古代ローマ古代ローマ

    ユリウス・オブセクエンス(, 生没年未詳)は、古代ローマの作家と推測されている人物。16世紀になって出版された『プロディギオルム・リベッルス(、驚異の書)』(『デ・プロディッギス(、驚異論)』)の著者として知られる。しかし、古代ローマ人によって言及された記録が全く確認できていない上、唯一の著書の中にも自伝的記載はほとんどないため、生きていた時代や場所がはっきりとは特定されていない。一応、彼の生きた時代については、4世紀と推測する者もおり、現在この推測が受け容れられている。ユリウス・オブセクエンス フレッシュアイペディアより)

  • 世界創造紀元

    世界創造紀元から見た古代ローマ古代ローマ

    東ローマではいわゆる「西暦」は使用されておらず、当初は古代ローマ時代からの伝統を受け継いで、その年の執政官の名で年を呼んでいた。しかし、541年に官職としての執政官が廃止され名誉称号になってしまうと、15年周期の会計年度であるインディクティオを使用するようになった。ただし、インディクティオは15年周期であるために単に「第3インディクティオ」などとすると、どの年のことなのか分からなくなってしまう可能性があった。そこでこの世界創造紀元が導入されたのである。世界創造紀元 フレッシュアイペディアより)

  • ポポロ門

    ポポロ門から見た古代ローマ古代ローマ

    ポポロ門()は、イタリア ローマのポポロ広場にある、交通の要衝に建てられた象徴的な門。1475年にローマ教皇シクストゥス4世の時代に、それまでこの地にあった古代ローマ時代の城門の跡に建てられた。ポポロ門 フレッシュアイペディアより)

  • トリーア大聖堂

    トリーア大聖堂から見た古代ローマ古代ローマ

    トリーア大聖堂(Trierer Dom, 聖ペテロ大聖堂)はトリーアの司教座聖堂で、ドイツ最古の大聖堂である。建造物の顕著な特色は、非常に長い年月の間、様々な時代に様々な様式で追加が行われてきたことにある。その中には、聖ヘレナ(Saint Helen)の指示で置かれた古代ローマ時代のレンガでできた中央の礼拝堂も含まれている。様々な様式の混成は、後の時代の建築様式で修復された結果というよりも、付け足されていった結果である。高さ 112.5 m、幅 41 m は、トリーアにある教会建築の中で最大である。1986年には、他の遺跡群とともに、「トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂、聖母聖堂」としてユネスコの世界遺産に登録された。トリーア大聖堂 フレッシュアイペディアより)

  • スブッラ

    スブッラから見た古代ローマ古代ローマ

    スブッラ()は、イタリア ローマの一部分を表す古代ローマ時代の地名。エスクイリヌスの丘の西端とクイリナリスの丘・ウィミナリスの丘の南端の間に挟まれた谷間の地域のことを指す。スブッラ フレッシュアイペディアより)

  • ピンチョの丘

    ピンチョの丘から見た古代ローマ古代ローマ

    ピンチョの丘(、)は、ローマの歴史的中心地の北東に位置する丘。クイリナーレの北に位置し、カンプス・マルティウスを眺望できる。古代のローマの市域の外にあり、ローマの七丘にも含まれないが、ローマ皇帝ルキウス・ドミティウス・アウレリアヌスが270年から273年にかけて建設したアウレリアヌス城壁の内側である。なお、古代ローマ期にはホルトゥロルムの丘()と呼ばれた。ピンチョの丘 フレッシュアイペディアより)

  • ローマ・ラツィアリ駅

    ローマ・ラツィアリ駅から見た古代ローマ古代ローマ

    駅の南西300mにヴィットーリオ・エマヌエーレ2世広場がある。同公園内には古代ローマ時代の水道施設(カステルム・アクアエ)であるニンファエウム・アレクサンドリがある。また、周辺は中国人を筆頭とした外国人居住者の割合が増えイタリアで最大の華僑コミュニティー(20世紀末時点で約2万人)を形成している。ローマ・ラツィアリ駅 フレッシュアイペディアより)

2436件中 21 - 30件表示

「ローマ文明」のニューストピックワード