1780件中 31 - 40件表示
  • チプロフツィ

    チプロフツィから見た古代ローマ古代ローマ

    音声学者のイヴァン・ドゥリダノフ( / Ivan Duridanov)によれば、チプロフツィの原初の呼称は「キプロヴェツ」( / Kipurovets)であったといわれている。現在の呼称である「チプロフツィ」は、音声の遷移、そして語中音消失によって「キプロヴェツ」から変化したものとみられる。この呼称はスラヴ語起源であるが、古代ギリシア語で庭園を意味する「」からの借用語と考えられる。この単語はセルビア語にも借用されている。また、この地名をキプラ(Kipra)あるいはキプロ(Kipro)といった人名と関連付ける研究もある。このほかに良く知られた仮説では、ドゥリダノフによって否定されているものの、この町の呼称をラテン語の「cuprum」(銅)と結びつけるものがあり、銅の鉱脈や古代ローマ時代にこの地域にあった銅鉱山と関連づけている。チプロフツィ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルヴェティア

    ヘルヴェティアから見た古代ローマ古代ローマ

    ヘルヴェティア(Helvetia)は、アルプス山脈とジュラ山脈に囲まれた台地からなる古代ヨーロッパ中央地域のローマ名である。ほぼ現代のスイス西部に該当し、その名前は現在でも詩的に使われている。ヘルヴェティア フレッシュアイペディアより)

  • カラカラ浴場

    カラカラ浴場から見た古代ローマ古代ローマ

    カラカラ浴場(カラカラよくじょう、、Antoniniane)は、イタリアのローマにある古代ローマの公衆浴場あるいは「テルマエ」(thermae)。カラカッラ浴場とも表記されることもある。カラカラ浴場 フレッシュアイペディアより)

  • 博物誌

    博物誌から見た古代ローマ古代ローマ

    古代ローマの博物学者、大プリニウスが著した百科全書的な書。本項で詳述。博物誌 フレッシュアイペディアより)

  • 北方人種

    北方人種から見た古代ローマ古代ローマ

    北方人種に属する人々は「色素脱落すなわちブロンドの形質を持ち、メラニン色素が極めて少ないので、皮膚・頭髪・虹彩の色が薄い。皮膚のメラニン色素を殆ど欠くため皮膚色が極めて薄く、血液が透けて見えるので薄桃色を呈する。毛髪はいわゆる金髪であるが、南に行くほど濃色になり、明るい褐色を呈する傾向がある。虹彩の色は青・緑・灰色である。顔は細長く、頭を上から見ると幅が狭く前後に長い。また身長が高い。身体的にも筋肉質である」などとされた。古代ローマが栄えた時代のゲルマン人も主に北方人種であり、彼らは170cmあったとされた。フランスの人類学者アンリ・ヴァロワは「北方人種の男性の平均身長は173cmで、人類中でも高身長の範疇に属する。スカンディナヴィア南部からヨーロッパ北岸を通ってイギリスに分布する北方人種の一群にはクロマニョン人への類似が認められる」などとした。北方人種 フレッシュアイペディアより)

  • たいまつ

    たいまつから見た古代ローマ古代ローマ

    たいまつの火をつける部分に硫黄と石灰を混ぜたものを使用すると、水の中に入れられた後でも炎が消えないたいまつが出来上がる。こうしたたいまつは古代ローマで用いられた。たいまつ フレッシュアイペディアより)

  • コリントス運河

    コリントス運河から見た古代ローマ古代ローマ

    コリントス地峡に運河を掘る考えは古くからあり、古代ギリシア時代、紀元前7世紀末頃のコリントスの統治者ペリアンドロスもその1人だった。その後も幾度か運河開削の構想がおこっていた。紀元前3世紀ごろ、マケドニア王デメトリウス1世ポリオルケテスが建設を試み挫折している。古代ローマ時代にもカエサルやカリグラ帝も関心をもった。コリントス運河 フレッシュアイペディアより)

  • プロヴディフ

    プロヴディフから見た古代ローマ古代ローマ

    歴史的なギリシャ語呼称である「フィリッポポリス」の名でも知られ、古代ローマに征服されローマ都市となる前はトラキア人が居住していた。中世でも、その戦略的重要性は高く、東ローマ帝国とブルガリア帝国との間で度々支配者が入れ替わった。14世紀にはオスマン帝国の手にわたる。1878年には、オスマン帝国の一部として新設された東ルメリ自治州の州都となり、1885年のブルガリア統一によってブルガリア公国の一部となった。プロヴディフ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィラ

    ヴィラから見た古代ローマ古代ローマ

    ヴィラまたはヴィッラ(villa)は、本来は上流階級のカントリー・ハウスを意味し、古代ローマが起源だが、ヴィラの概念と機能は時代と共に発展してきた。共和政ローマが終焉を迎えるとヴィラは小さな要塞化された農場の複合家屋となっていったが、中世を通して徐々に再発展し、贅沢な上流階級のカントリー・ハウスとなっていった。現代では、特定の種類の一戸建て郊外住宅を指す。ヴィラ フレッシュアイペディアより)

  • 世界創造紀元

    世界創造紀元から見た古代ローマ古代ローマ

    東ローマではいわゆる「西暦」は使用されておらず、当初は古代ローマ時代からの伝統を受け継いで、その年の執政官の名で年を呼んでいた。しかし、541年に官職としての執政官が廃止され名誉称号になってしまうと、15年周期の会計年度であるインディクティオを使用するようになった。ただし、インディクティオは15年周期であるために単に「第3インディクティオ」などとすると、どの年のことなのか分からなくなってしまう可能性があった。そこでこの世界創造紀元が導入されたのである。世界創造紀元 フレッシュアイペディアより)

1780件中 31 - 40件表示