2436件中 31 - 40件表示
  • マニゼス

    マニゼスから見た古代ローマ古代ローマ

    近隣のパテルナには新石器時代と青銅器時代に遡る遺跡がある。今日のマニゼスがある地域には古代ローマ人が居住していたことを示す記録が残っており、自治体内には古代ローマ時代に建設された水道橋跡がある。この地の古代ローマ人はバレンシアの町に水を運ぶ労働を行っていたが、やがてアラブ人がやってきて集落を築いた。8世紀初頭にイスラーム教徒のウマイヤ朝がイベリア半島を征服し、灌漑農業などがもたらされた。その後数百年間は後ウマイヤ朝やタイファ諸王朝が支配した。マニゼス フレッシュアイペディアより)

  • アクイレイアの遺跡地域と総大司教座聖堂のバシリカ

    アクイレイアの遺跡地域と総大司教座聖堂のバシリカから見た古代ローマ古代ローマ

    アクイレイアの遺跡地域と総大司教座聖堂のバシリカ(アクイレイアのいせきちいきとそうだいしきょうざせいどうのバシリカ)は、イタリア北東部のアクイレイアにあるユネスコの世界遺産(文化遺産)。古代ローマ時代の遺跡と、中世にこの地方のキリスト教社会の中心であった大聖堂(バシリカ)からなる。アクイレイアの遺跡地域と総大司教座聖堂のバシリカ フレッシュアイペディアより)

  • エルベ広場

    エルベ広場から見た古代ローマ古代ローマ

    エルベ広場()は、イタリアのヴェローナ旧市街中心にある広場で、と共に古代ローマ時代に造られた公共広場フォルムを起源としている。エルベ広場 フレッシュアイペディアより)

  • ディオドトス1世

    ディオドトス1世から見た古代ローマ古代ローマ

    ディオドトス1世ソテル(ギリシャ語:Διόδοτος Α' ? Σωτήρ)は、初代グレコ・バクトリア王国の国王。初めはセレウコス朝の総督(サトラップ)であったが、のちに叛いてグレコ・バクトリア王国の創始者となった。彼の事績はローマの歴史家ポンペイウス・トログス(紀元前1世紀頃)が記した『ピリッポス史』をユニアヌス・ユスティヌス(3世紀頃)が抄録したもの、すなわち『地中海世界史』(邦題)によって知ることができる。この中でのディオドトスはテオドトス(Theodotus)と表記されている。ディオドトス1世 フレッシュアイペディアより)

  • コリントス運河

    コリントス運河から見た古代ローマ古代ローマ

    コリントス地峡に運河を掘る考えは古くからあり、古代ギリシア時代、紀元前7世紀末頃のコリントスの統治者ペリアンドロスもその1人だった。その後も幾度か運河開削の構想がおこっていた。紀元前3世紀ごろ、マケドニア王デメトリオス1世ポリオルケテスが建設を試み挫折している。古代ローマ時代にもカエサルやカリグラ帝も関心をもった。コリントス運河 フレッシュアイペディアより)

  • マクセンティウスのバシリカ

    マクセンティウスのバシリカから見た古代ローマ古代ローマ

    マクセンティウスのバシリカ(, )は古代ローマ時代にフォルム・ロマヌムに建てられた公会堂(バシリカ)。コンスタンティヌスのバシリカ()や新バシリカ()と表記されることもある。マクセンティウスのバシリカ フレッシュアイペディアより)

  • 農書

    農書から見た古代ローマ古代ローマ

    ヨーロッパで最初の農書は古代ギリシアで成立したが、ヘシオドス『仕事と日』のような文学作品を除き現在では失われており、現存する最古の農書はローマ時代のものである。古代ローマの農書のうち特に完備しているのはウァロ・大カト・コルメラの著作であり、これらは当時の地中海世界で主流であった二圃式農法のラティフンディウムを扱っている。中世になり、特にアルプス以北で二圃式に代わって三圃式農法が広く行われるようになると、13世紀のイングランドで三圃式農法を勧める『Treatise of Husbandry』が書かれ、北ヨーロッパでは最初の農書となった。農書 フレッシュアイペディアより)

  • アクイレイア

    アクイレイアから見た古代ローマ古代ローマ

    ローマ時代に建設された古代都市を起源とし、中世初期まではイタリア北東部の中心都市であった。繁栄を極めた当時の遺跡は、世界遺産「アクイレイアの遺跡地域と総大司教座聖堂のバシリカ」として登録されている。アクイレイア フレッシュアイペディアより)

  • チプロフツィ

    チプロフツィから見た古代ローマ古代ローマ

    音声学者のイヴァン・ドゥリダノフ( / Ivan Duridanov)によれば、チプロフツィの原初の呼称は「キプロヴェツ」( / Kipurovets)であったといわれている。現在の呼称である「チプロフツィ」は、音声の遷移、そして語中音消失によって「キプロヴェツ」から変化したものとみられる。この呼称はスラヴ語起源であるが、古代ギリシア語で庭園を意味する「」からの借用語と考えられる。この単語はセルビア語にも借用されている。また、この地名をキプラ(Kipra)あるいはキプロ(Kipro)といった人名と関連付ける研究もある。このほかに良く知られた仮説では、ドゥリダノフによって否定されているものの、この町の呼称をラテン語の「cuprum」(銅)と結びつけるものがあり、銅の鉱脈や古代ローマ時代にこの地域にあった銅鉱山と関連づけている。チプロフツィ フレッシュアイペディアより)

  • キレニア城

    キレニア城から見た古代ローマ古代ローマ

    現在見られる城は、旧港の東端に十字軍が築城した城を、16世紀にヴェネツィア共和国が改築したものである。城内には古代ローマ後期の円柱を再利用して12世紀に建てられたゲオルギオス聖堂や、難破船博物館がある。キレニア城 フレッシュアイペディアより)

2436件中 31 - 40件表示

「ローマ文明」のニューストピックワード