2436件中 41 - 50件表示
  • キレニア

    キレニアから見た古代ローマ古代ローマ

    キレニア(ギリシャ語:Κερύνεια、トルコ語:ギルネ Girne、英語:Kyrenia)はキプロス北部の地中海に面した町で、旧港と城塞で有名。北キプロス・トルコ共和国が支配しているキレニア地区(Kyrenia District)の首府である。フェニキア時代より商港があり、古代ローマ時代には海上交易の要衝である。東ローマ帝国(ビザンティン)時代に建設したキレニア城やベッラパイス修道院などがある。住民の人種構成はかつてはギリシャ系キプロス人が多かったが、現在ではトルコ系キプロス人が殆どでその他に少数の英国人とトルコ人となっている。キレニア フレッシュアイペディアより)

  • セトゥーバル

    セトゥーバルから見た古代ローマ古代ローマ

    リスボンから約40km南、サド川の北岸に位置する。古代ローマの時代から歴史を持つ都市として知られる。中世には交易都市として栄えた他、近代以降はポルトガル南部における漁業、工業、観光業などの各産業の拠点として重要な位置を占めているセトゥーバル フレッシュアイペディアより)

  • ドムス

    ドムスから見た古代ローマ古代ローマ

    ドムス(domus)はラテン語で家屋または家庭を意味する。古代ローマでは、共和政ローマとローマ帝国の時代に上流階級および中流階級の自由民が住んだ住宅を指した。ローマの版図の主要な都市に広く分布していた。近代英語の "domestic"(家庭の) はこの「ドムス」が語源である。裕福なローマ人は都市にあるドムスのほかに、郊外や領地にヴィッラと呼ばれるカントリー・ハウスを所有していた。特に時代が下るとヴィッラに定住するローマ人が増え、ヴィッラは大きくなっていき、周囲に壁を築いて城塞都市化していった。ドムス フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒスドルフ

    フリードリヒスドルフから見たローマ時代古代ローマ

    ローマ時代にはすでにフリードリヒスドルフの市域内に定住地があったことがレンガ工場跡によって証明されている。フリードリヒスドルフ フレッシュアイペディアより)

  • ロリカ・セグメンタタ

    ロリカ・セグメンタタから見た古代ローマ古代ローマ

    ロリカ・セグメンタタ(ラテン語:lorica segmentata)は古代ローマの軍団兵に支給された鎧である。ロリカ・セグメンタタ フレッシュアイペディアより)

  • ローマ市民権

    ローマ市民権から見た古代ローマ古代ローマ

    ローマ市民権(ローマしみんけん)は、古代ローマ市民に与えられた諸権利。ローマ市民権 フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・ガビウス・アピシウス

    マルクス・ガビウス・アピシウスから見た古代ローマ古代ローマ

    マルクス・ガビウス・アピシウス(マルクス・ガウィウス・アピキウス、、1世紀頃)は、古代ローマ・帝政ローマ期にグルメとして知られ、贅沢を好んだ料理人である。1世紀頃、ティベリウス帝の時代に生存していたとみられる。古代ローマ随一の料理本『アピシウス』は、彼の著書だとしばしば言われるが、証拠らしい物は何一つ見つかっていない。彼は古代ギリシアの文法学者だったアピオンの『On the Luxury of Apicius』の主筆だったが、現存していない。ただ彼が紀元前1世紀(正確には紀元前90年頃)に、やはりグルメかつ奢侈家として知られたアピシウスにあやかって、コグノーメンをアピシウスと名付けたことだけは明らかになっている。マルクス・ガビウス・アピシウス フレッシュアイペディアより)

  • アレオパゴス会議

    アレオパゴス会議から見た古代ローマ古代ローマ

    アレオパゴス会議(アレオパゴスかいぎ、)、あるいは、アレイオス・パゴス会議(, Areios Pagos)とは、古代アテナイの政治機構。アテナイ政治における貴族勢力の牙城であり、古代ローマにおける元老院のような役割を果たした。アレオパゴス評議会、アレオパゴス評議所などとも。アレオパゴス会議 フレッシュアイペディアより)

  • アピシウス

    アピシウスから見た古代ローマ古代ローマ

    アピシウス(アピキウス、)とは、古代ローマ・ローマ帝国時代の調理法・料理のレシピを集めた書籍である。遅くとも4世紀末?5世紀初頭には完成していたと見られ、古典ラテン語よりは俗ラテン語(口語ラテン語)に近い言語で書かれている。アピシウス フレッシュアイペディアより)

  • 古代ローマの神殿

    古代ローマの神殿から見た古代ローマ古代ローマ

    古代ローマの神殿(こだい?しんでん)は古代ローマのペイガニズムに基づく信仰の場であり、人々は神殿で礼拝を行った。掃除が容易ということから生贄は神殿の外にある祭壇で捧げられ、儀式には大勢が参列した。古代ローマの神殿はそれほど大きくはなく、基本的には内陣 (cella) と呼ばれる主室に信仰対象の像を安置しているだけのものだった。内陣に香を焚くための小さな祭壇が設置されている場合もある。内陣の後ろには捧げ物や儀式の道具の貯蔵室があった。古代ローマの神殿 フレッシュアイペディアより)

2436件中 41 - 50件表示

「ローマ文明」のニューストピックワード