1780件中 41 - 50件表示
  • ロームルス

    ロームルスから見た古代ローマ古代ローマ

    ロームルス(Romulus, 紀元前771年 ? 紀元前717年7月5日)は、ローマの建国神話に登場する、ローマ市の建設者でレムスの双子の兄弟。伝説上のローマ建国の王である。ロームルス フレッシュアイペディアより)

  • 騎馬像

    騎馬像から見たローマ時代古代ローマ

    騎馬像の古いものとしては、古代ローマ時代に作られた、現在ローマのカンピドリオ広場にあるマルクス・アウレリウスのものがある。中世には騎馬像はあまり作られなかったが、ローマ時代ら千年を経たルネッサンス時期にイタリアで初めて作られた騎馬像、ガッタメラータ将軍騎馬像(1450年、ドナテッロ作)などに多大な影響を与えたといわれている。騎馬像 フレッシュアイペディアより)

  • 詩

    から見た古代ローマ古代ローマ

    現存する最古の詩は紀元前三千年紀のシュメール(メソポタミア、現イラク)の『ギルガメシュ叙事詩』であり、粘土板や後にはパピルスに楔形文字で書かれていた。その他の古代の叙事詩にはギリシア語の『イーリアス』と『オデュッセイア』、アヴェスター語の『ガーサー』と『ヤスナ』、古代ローマの民族叙事詩、ウェルギリウスの『アエネーイス』、インドの『ラーマーヤナ』と『マハーバーラタ』などがある。 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ史

    ヨーロッパ史から見た古代ローマ古代ローマ

    歴史の時代区分によく用いられる古代、中世、近代という3区分法はヨーロッパの歴史を分析するために考え出された。この区分法の起源は、ルネサンスの人文主義者たちが、古代ギリシア・ローマ時代を理想とし、ルネサンスはその古代文明の再生であり、その間の中世を古代の文明が中断された暗黒時代と捉えたのがそもそもの始まりである。今日では、中世を「暗黒時代」と捉えられる歴史学者は皆無であるが、当時においては、このようにして栄光のギリシャ・ローマの時代を「古代」、「暗黒時代」の「中世」、そして今(ルネサンスの時代)を「近代」とする3区分法が用いられるようになった。ヨーロッパ史 フレッシュアイペディアより)

  • ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラスから見た古代ローマ古代ローマ

    当地を含むイベリア半島北部に古代ローマの勢力が侵入したのは、共和政ローマの執政官オクタウィアヌス(2年後のローマ初代皇帝アウグストゥス)統治下にあたる紀元前25年のことであった。一帯を征服したオクタウィアヌスは、新たに獲得した地域を旧来のローマ領であるヒスパニア・キテリオル (en) などと併せて再構成し、北部から南東部にかけてをヒスパニア・タッラコネンシスと名づけた。その後間もなくして、ローマ人による金の大規模な採掘がメドゥリオ山(、モンテ・メドゥーリオ)で始まる。ラス・メドゥラス フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル人

    ポルトガル人から見た古代ローマ古代ローマ

    旧石器時代の祖先とその文化的発展、インド・ヨーロッパ語族の移住、これらのことから、ポルトガル人の人種的起源は、主に古代ローマ時代以前のケルト人とイベリア人の混血であると考えられる。ローマ以前のイベリアの諸民族は、ルシタニアのルシタニ人、ガリシアのガリシア人、アレンテージョ、アルガルヴェのケルト人の一派などがいる。ポルトガル人 フレッシュアイペディアより)

  • ポジェガ (クロアチア)

    ポジェガ (クロアチア)から見た古代ローマ古代ローマ

    スラヴォンスキ・ブロドの北西側で、ポジェガ盆地の南西部に位置する。標高は152mで肥沃な土壌からローマ時代より黄金の谷を意味するヴァリス・アウレア(Vallis Aurea)と呼ばれていた。盆地はスラヴォニアの山や丘陵であるポジェシュカ・ゴラ(Požeška Gora)、プスニ(Psunj)、パプク(Papuk)、クルンディヤ(Krndija)、ディリ(Dilj)などに囲まれている。ポジェガ (クロアチア) フレッシュアイペディアより)

  • 中世料理

    中世料理から見た古代ローマ古代ローマ

    果実と液果の果汁はワイン同様古代ローマ以来知られており、中世でも消費されていた。ペリー(セイヨウナシ酒)、ザクロ・クワの実・クロイチゴを原料に造ったワイン、シードル(リンゴ酒)などは、リンゴやセイヨウナシが豊富な北部地方では人気があった。中世の飲料のうち、野生のプラムからつくったプルネレ(prunellé、今日のスリヴォヴィッツ)、クワの実のジン、クロイチゴのワインは今日でも飲まれている。中世のレシピにはアルコール入り・アルコール抜きのものを含め、いろいろなミード(蜂蜜酒)が載っている。しかし、ハチミツを使った飲料は中世後期になると食卓ではあまり飲まれなくなり、やがて病人の水薬の扱いになった。ウマやラクダの発酵乳であるクミス(馬乳酒)はヨーロッパでも知られてはいたが、ミード同様医者が処方する薬であった。ミードはスラヴ人がよく飲む飲料として紹介されてきた。これは正しいとはいえないが、重要な機会においてミードが象徴的な価値を帯びていたという点では当たっている。条約締結や国家行事のさいにミードが儀礼用贈答物として贈られた。また婚礼や洗礼の宴にもよく登場したが、高価なため量は限られていた。中世のポーランドでは、ミードは香辛料やワインのような高級輸入品と同様の扱いを受けた。中世料理 フレッシュアイペディアより)

  • イブン・アル・ハイサム

    イブン・アル・ハイサムから見た古代ローマ古代ローマ

    プトレマイオスの『光学』など、古代ギリシア・古代ローマの光学・天文学研究を推し進め批判的に研究し、科学に新たな時代を築いたイブン・アル=ハイサムの影響や功績は欧米や中東で高く評価されている。彼の肖像は2003年、イラクの10,000ディナール紙幣に登場したほか、テヘランに本部を置くイラン原子力庁にあるイラン最大のレーザー研究施設にも彼の名が冠されている。月のアルハゼン・クレーターのほか、小惑星59239(アルハゼン)も彼を記念して名づけられた。イブン・アル・ハイサム フレッシュアイペディアより)

  • インド・グリーク朝

    インド・グリーク朝から見た古代ローマ古代ローマ

    彼らについて知るために現在利用することが出来る記録は、各地で発行されたコイン(王名や称号などが記録されている)、僅かに残る碑文、ローマやギリシア人の学者達が残した書物や仏典などに残された記録などである。しかし質、量ともにインド・ギリシア人の歴史を明らかにするには極めて不十分である。インド・グリーク朝 フレッシュアイペディアより)

1780件中 41 - 50件表示