2436件中 61 - 70件表示
  • ピラミッド

    ピラミッドから見た古代ローマ古代ローマ

    旧来、ピラミッドの建設は多数の奴隷を用いた強制労働によるという説が主流であったが、奴隷を徴用した証拠がないという点から一部の研究者には疑問を抱かれていた。近年のピラミッド労働者の村の発掘で、労働者たちが妻や子供といった家族と共に暮らしていた証拠や、怪我に対して外科治療が行われていた痕跡が墓地の死体から見つかり、現在では奴隷労働説は否定されつつある。また、2010年にはクフ王のピラミッドのそばに建設に携わった労働者の墓が発見されたことも、奴隷労働説を否定する傍証のひとつとなっている。そもそも古代エジプト社会は古代ローマや古代アテナイの社会と異なり、農業や手工業といった通常の生産労働も奴隷労働に依存せず自由身分の農民によって成されており、人口の少数しか占めない奴隷は家内奴隷が主体だったと判明している。吉村作治は、ピラミッド建造は定期的に発生したナイル川の氾濫によって農業が出来ない国民に対して、雇用確保のために進められた公共工事的な国家事業であったと主張している。ピラミッドが国家事業として作られたという説は吉村のオリジナルではなく、クルト・メンデルスゾーンによって既出である(邦訳:ピラミッドの謎/文化放送開発センター出版部)。ただしメンデルスゾーンは、ピラミッドを作る目的が公共工事だったとは言っておらず、事業形態が国家事業であり、建設の目的自体は主に墓であっただろうと述べている。ピラミッド フレッシュアイペディアより)

  • イブン・ハイサム

    イブン・ハイサムから見た古代ローマ古代ローマ

    プトレマイオスの『光学』など、古代ギリシア・古代ローマの光学・天文学研究を推し進め批判的に研究し、科学に新たな時代を築いたイブン・ハイサムの影響や功績は欧米や中東で高く評価されている。彼の肖像は2003年、イラクの10,000ディナール紙幣に登場したほか、テヘランに本部を置くイラン原子力庁にあるイラン最大のレーザー研究施設にも彼の名が冠されている。月のアルハゼン・クレーターのほか、小惑星59239(アルハゼン)も彼を記念して名づけられた。イブン・ハイサム フレッシュアイペディアより)

  • 歩兵

    歩兵から見た古代ローマ古代ローマ

    古代ギリシア時代、ポリス(都市国家)の市民を担い手とする重装歩兵が誕生し、彼らが密集隊形を組んで戦う戦術(ファランクス)が用いられるようになった。この革新的な戦術はペルシャ戦争において、数的に勝るペルシャ軍を何度も打ち破った事でその勇名を広めた。ギリシアではこの他にもパノプリア(完全な鎧の意)やペルタステス(軽装兵)といった歩兵も登場する。ギリシャの歩兵戦術はアレクサンドロス大王の時代にヘタイロイを中核とするマケドニア軍の騎兵戦術と合体(鉄床戦術)し、東方に一大帝国を築き上げる要因となった。更にそれより後に覇権を握る事になる古代ローマは、ギリシャと同じ市民兵制度であり、騎兵の安定供給が難しいなどよく似た環境に存在していた事から、初めは自然とファランクスを模倣していた。しかし騎兵を活用したカルタゴ軍との戦いや散兵戦術を取るガリア軍との戦いの中で次第に独自の戦術を編み出していき、こうした努力はレギオンというより洗練された編制、隊形、指揮系統を持つ戦術に繋がっていった。またその構成要員も数千人にまで達するようになった。歩兵 フレッシュアイペディアより)

  • オリンピコ劇場

    オリンピコ劇場から見た古代ローマ古代ローマ

    オリンピコ劇場()は、イタリアのヴィチェンツァにある劇場。古代ローマの野外劇場を模した劇場が屋内施設として造られており、ルネサンス期の著名な建築家アンドレーア・パッラーディオの設計により1580年から1585年に建てられた。日本語でテアトロ・オリンピコと表記されることもある。オリンピコ劇場 フレッシュアイペディアより)

  • アンマン城塞

    アンマン城塞から見た古代ローマ古代ローマ

    紀元前6000年頃の新石器時代の居住の証拠が認められ、その遺跡からは、初期青銅器時代にまでさかのぼる紀元前3300-1200年の墓を形成したヒトの占有の痕跡も発掘された。鉄器時代には、城塞はアモン人の首都としてラバト・アンモン (Rabbath Ammon) と呼ばれた。この時代からのは、初期のフェニキア文字で記述されたものの1例を示している。ここはアッシリア、バビロニア、ペルシアにより領有されていた。紀元前331年にギリシアによって征服されると、その都はフィラデルフィアに改名された。ヘレニズム時代には、建築的変更はあまりないが、陶器が占有の証拠として認められる。この地は紀元前30年頃にローマのものになり、最終的には西暦661年にイスラームの支配下となった。城塞は、13世紀のアイユーブ朝の統治のもとでは重要性が低下したが、この時代のうちに見張りの塔が追加された。アンマン城塞 フレッシュアイペディアより)

  • オリエント

    オリエントから見た古代ローマ古代ローマ

    オリエント(Orient)は、広義では、ある地域から見て東方にある世界のこと。狭義では、古代ローマから見て東方にある世界のこと。オリエント フレッシュアイペディアより)

  • イスタンブール歴史地域

    イスタンブール歴史地域から見た古代ローマ古代ローマ

    紀元前7世紀頃、このイスタンブール旧市街地区に最初の都市をつくったのはギリシャ人入植者たちで、彼らの建てたビュザンティオンは旧市街のある半島の先端にあった。最古の城壁は、遺跡公園地区の北部、現在のトプカプ宮殿の城壁にアヤソフィアのあたりを加えた程度の広さしかなかった。古代ギリシアが古代ローマに組み込まれるとビュザンティオンもローマ都市となり、3世紀には城壁のすぐ側にヒッポドローム(競馬場)が建設された。イスタンブール歴史地域 フレッシュアイペディアより)

  • 城壁

    城壁から見た古代ローマ古代ローマ

    中近東を含めたこの地域では文明が興り都市が形成されるとその周囲に城壁(囲壁)を巡らしていたが、これは街の防護と戦時の拠点とするためだった。古代ギリシアや古代ローマにおいても都市の防護に城壁が用いられた。例えば、古代のエルサレムは堅固な城壁に守られた重厚な城郭都市であったとされ、また共和政ローマ時代の首都ローマにも都市を守る城壁(囲壁)であるセルウィウス城壁が築かれていた。また一時的なものであるが、ローマ軍団は進軍した先で十分な防御能力を備えた陣地を構築しており、これも城の一種と見ることもできる。城壁 フレッシュアイペディアより)

  • エレウシスの秘儀

    エレウシスの秘儀から見た古代ローマ古代ローマ

    この密儀は農業崇拝を基盤とした宗教的実践から成立したと考えられている。紀元前15世紀のミュケナイ期から古代ローマまで約2000年間にわたって伝わり、古代ギリシアのとしては最大の尊崇を集めた。主要な祭儀は毎年秋に催され、アテナイの祝祭として取り込まれた後は、春のディオニューシア祭、夏のパンアテナイア祭と並んで「アテナイの三大祭」といわれた。エレウシスの秘儀 フレッシュアイペディアより)

  • ローマ帝国

    ローマ帝国から見た古代ローマ古代ローマ

    ローマ帝国(ローマていこく、)は、古代ローマがイタリア半島に誕生した都市国家から、地中海にまたがる領域国家へと発展した段階以降を表す言葉である。従って厳密には古代ローマの体制が共和制だった頃を含んでいる。最盛期には地中海沿岸全域に加え、ブリタンニア、ダキア、メソポタミアなど広大な領域を版図とした。シルクロードの西の起点であり、古代中国の文献では大秦の名で登場する。ローマ帝国 フレッシュアイペディアより)

2436件中 61 - 70件表示

「ローマ文明」のニューストピックワード