2436件中 71 - 80件表示
  • ポイティンガー図

    ポイティンガー図から見た古代ローマ古代ローマ

    ポイティンガー図はローマのクルスス・プブリクスの既知の現存する唯一の地図である。オリジナルの巻物の11のセグメントから成る中世の複製で、高さ0.34メートル、長さ6.75メートルの羊皮紙の巻物である。非常に図式化された地図で、東西方向に著しく歪められている。地図は数多くのローマ時代の集落、それらを接続する道路、河川、山地、森林、海を表しており、集落間の距離も与えられる。合計555の都市や、その他3,500を下回らない地名が表示されている 。ポイティンガー図 フレッシュアイペディアより)

  • 中世料理

    中世料理から見た古代ローマ古代ローマ

    果実と液果の果汁はワイン同様古代ローマ以来知られており、中世でも消費されていた。ペリー(セイヨウナシ酒)、ザクロ・クワの実・ブラックベリーを原料に造ったワイン、シードル(リンゴ酒)などは、リンゴやセイヨウナシが豊富な北部地方では人気があった。中世の飲料のうち、野生のプラムからつくったプルネレ(prunellé、今日のスリヴォヴィッツ)、クワの実のジン、ブラックベリーのワインは今日でも飲まれている。中世のレシピにはアルコール入り・アルコール抜きのものを含め、いろいろなミード(蜂蜜酒)が載っている。しかし、ハチミツを使った飲料は中世後期になると食卓ではあまり飲まれなくなり、やがて病人の水薬の扱いになった。ウマやラクダの発酵乳であるクミス(馬乳酒)はヨーロッパでも知られてはいたが、ミード同様医者が処方する薬であった。ミードはスラヴ人が日常的に飲む飲料として紹介されてきた。これは必ずしも正しいとはいえないが、重要な機会においてミードが象徴的な価値を帯びていたという点では当たっている。条約締結や国家行事のさいにミードが儀礼用贈答物として贈られた。また婚礼や洗礼の宴にもよく登場したが、高価なため量は限られていた。中世のポーランドでは、ミードは香辛料やワインのような高級輸入品と同様の扱いを受けた。中世料理 フレッシュアイペディアより)

  • ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラスから見た古代ローマ古代ローマ

    当地を含むイベリア半島北部に古代ローマの勢力が侵入したのは、共和政ローマの執政官オクタウィアヌス(2年後のローマ初代皇帝アウグストゥス)統治下にあたる紀元前25年のことであった。一帯を征服したオクタウィアヌスは、新たに獲得した地域を旧来のローマ領であるヒスパニア・キテリオル (en) などと併せて再構成し、北部から南東部にかけてをヒスパニア・タッラコネンシスと名づけた。その後間もなくして、ローマ人による金の大規模な採掘がメドゥリオ山(、モンテ・メドゥーリオ)で始まる。ラス・メドゥラス フレッシュアイペディアより)

  • 騎馬像

    騎馬像から見たローマ時代古代ローマ

    騎馬像の古いものとしては、古代ローマ時代に作られた、現在ローマのカンピドリオ広場にあるマルクス・アウレリウスのものがある。中世には騎馬像はあまり作られなかったが、ローマ時代から千年を経たルネサンス期にイタリアで初めて作られた騎馬像、ガッタメラータ将軍騎馬像(1450年、ドナテッロ作)などに多大な影響を与えたといわれている。騎馬像 フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル人

    ポルトガル人から見た古代ローマ古代ローマ

    旧石器時代の祖先とその文化的発展、インド・ヨーロッパ語族の移住、これらのことから、ポルトガル人の人種的起源は、主に古代ローマ時代以前のケルト人とイベリア人の混血であると考えられる。ローマ以前のイベリアの諸民族は、ルシタニアのルシタニ人、ガリシアのガリシア人、アレンテージョ、アルガルヴェのケルト人の一派などがいる。ポルトガル人 フレッシュアイペディアより)

  • 時計の歴史

    時計の歴史から見た古代ローマ古代ローマ

    ギリシアでは昔から、裁判の時間測定に水時計クレプシドラが使われていた。後の古代ローマでもこの時計が使われた。この記録はいくつかの古文献にも記されており、例えばプラトンは著書『テアイテトス』の中で「人々は水の流れに急かされてついつい早口になる」と述べている。また、アプレイウスは『変容』の中で「法廷の役員は、検察側の証人を呼ぶ時刻になったと大声で叫んだ。演壇に上った老人を私は知らなかった。彼は時計の中の水が空になるまで延々と話し続けた。球体の中の水は、細い管をゆっくりと通りながら、すっかり流れ出てしまったのである。」と描写している。アプレイウスが描写しているのは、数ある水時計の中の1種である。この他、底に小さな穴が空いたタライを水に浮かべ、そのタライが水に沈むまでの時間を測るタイプのものもあった。時計の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • セメント

    セメントから見た古代ローマ古代ローマ

    セメントの利用は古く、古代エジプトのピラミッドにもモルタルとして使用されたセメント(気硬性セメント)が残っている。水酸化カルシウムとを混合すると水硬性を有するようになることが発見されたのがいつごろなのかは不明だが、古代ギリシアや古代ローマの時代になると、凝灰岩の分解物を添加した水硬性セメントが水中工事や道路工事などに用いられるようになった。そういった時代には自然に産出するポゾラン(火山土や軽石)や人工ポゾラン(焼成した粘土、陶器片など)を使っていた。ローマのパンテオンやカラカラ浴場など、現存する古代ローマの建物にもそのようなコンクリート(ローマン・コンクリート)が使われている。ローマ水道にも水硬性セメントが多用されている。ところが、中世になるとヨーロッパでは水硬性セメントによるコンクリートが使われなくなり、石壁や石柱の芯を埋めるのに弱いセメントが使われる程度になった。セメント フレッシュアイペディアより)

  • ドードーナ

    ドードーナから見た古代ローマ古代ローマ

    アリストテレスはドードーナ周辺の地域はヘラスの一部であり、ヘレネスの起源となる場所であるとした。神託所は初めはの支配下にあったが、後にの手に渡った。古代ローマにおいてキリスト教が隆盛するまで、宗教的に重要な聖域であった。ドードーナ フレッシュアイペディアより)

  • チッタデッラ

    チッタデッラから見た古代ローマ古代ローマ

    古代ローマ時代に遡る長い歴史を持つ町で、碁盤の目状の街路を持つ旧市街は中世に築かれた円形の城壁に囲まれている。チッタデッラ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィラ

    ヴィラから見た古代ローマ古代ローマ

    ヴィラまたはヴィッラ(villa)は、本来は上流階級のカントリー・ハウスを意味し、古代ローマが起源だが、ヴィラの概念と機能は時代と共に発展してきた。共和政ローマが終焉を迎えるとヴィラは小さな要塞化された農場の複合家屋となっていったが、中世を通して徐々に再発展し、贅沢な上流階級のカントリー・ハウスとなっていった。現代では、特定の種類の一戸建て郊外住宅を指す。ヴィラ フレッシュアイペディアより)

2436件中 71 - 80件表示

「ローマ文明」のニューストピックワード