1780件中 81 - 90件表示
  • テクノパワー〜知られざる建設技術の世界

    テクノパワー〜知られざる建設技術の世界から見た古代ローマ古代ローマ

    首都高速や下水道などを取り上げ、社会資本が比較的遅くに発達した日本においても既にその老朽化が目に見える形で現れてきている。世界の巨大都市は社会資本の建設と同時に、それを維持していくという課題も大きな負担になりつつある。ローマの古代都市の衰退を例に、未来へ遺すための新たなテクノパワーを紹介する。テクノパワー〜知られざる建設技術の世界 フレッシュアイペディアより)

  • 同盟都市

    同盟都市から見た古代ローマ古代ローマ

    同盟都市 フレッシュアイペディアより)

  • レグア

    レグアから見た古代ローマ古代ローマ

    レウカはもともとガリア人の距離の単位で、レウガともいい、1500歩に相当する。1000歩を1ミリアリウムと数えた古代ローマ人は、1レウガを1.5ミリアリウムとしてこの単位を取り込んだ。約2.2キロメートルである。これがスペイン語・ポルトガル語のレグアの元になったのだが、1レグアが3マイル(スペイン語ではミジェ、mille)と倍になった。また一般に、徒歩で1時間に進める距離と解されるようになった。レグア フレッシュアイペディアより)

  • 現代における軍事と政治

    現代における軍事と政治から見た古代ローマ古代ローマ

    プリートリアニズムとは軍事的な階級が社会において威嚇または武力行使することによって、独立した政治権力を行使する状況を特徴付ける用語である。世界史においてプリートリアニズムの起源は古代ローマの近衛兵(プラエトリアニ)に求めることができる。このローマの近衛兵は元老院を保護しており、その部隊が周辺地域の軍事力を独占し、帝位継承の明示的な規則が存在せず、そしてローマ元老院の権威があることから政治的影響力を誇っていた。そして近衛兵は自らが擁立した候補者を元老院に強制することが可能であった。現代における軍事と政治 フレッシュアイペディアより)

  • テーバイド

    テーバイドから見た古代ローマ古代ローマ

    テーバイド(Thebaid)またはテーバイス(Thebais) - 古代ローマの詩人、スタティウス(Statius)作のラテン語叙事詩。テーバイド フレッシュアイペディアより)

  • カルプルニウス氏族

    カルプルニウス氏族から見た古代ローマ古代ローマ

    カルプルニウス氏族(Calpurnii)は、古代ローマの氏族のひとつ。最も古い氏族のひとつであり、第2代ローマ王ヌマの息子カルプス (Calpus) を始祖としているとされ、そのことを裏付けるようにヌマの顔が刻印された、カルプルニウス氏族の手によって作られたコインが発見されている。しかしながら系統としてはパトリキではなくプレブス系である。カルプルニウス氏族 フレッシュアイペディアより)

  • オクシデント

    オクシデントから見た古代ローマ古代ローマ

    元々ラテン語で「日の没する所」という意味であり、転じて西の方角を表すようになった。古代ローマではシリア・エジプトなどを「日の出る所」(オリエント)と呼んだため、オクシデントとはローマを中心とした西欧世界そのものを指す。西洋史においては、トルコのボスポラス海峡より西の地域である。オクシデント フレッシュアイペディアより)

  • トリブヌス

    トリブヌスから見た古代ローマ古代ローマ

    トリブヌス (tribunus) は、ラテン語で部族長や軍隊の指揮官を指す。古代ローマにおいては、特定の公職や軍隊の高級将校を指す言葉として用いられたことが多い。トリブヌス フレッシュアイペディアより)

  • ウォードレイダー

    ウォードレイダーから見た古代ローマ古代ローマ

    古代ギリシャや古代ローマをはじめとする青銅器時代から鉄器時代にかけての地中海沿岸の諸民族は、飛び道具を抜きにして言うと、主としてそこまで長大ではない剣や槍、重く大きな盾、兜、裕福な者はさらに鎧まで装備して戦うのが普通だったために、同時期その他の地域の文化圏と比べてみてもかなり重装備の歩兵が主戦力だった。戦い方も槍や盾で相手に突進し、至近距離では剣で突き刺すというのが主で、斬りつけるのは稀だった。ウォードレイダー フレッシュアイペディアより)

  • 過去と未来の間

    過去と未来の間から見た古代ローマ古代ローマ

    『過去と未来の間』(かこのみらいのあいだ、Between Past and Future)はハンナ・アーレントの著作。1963年初版発行。古代ギリシャ、古代ローマの歴史や哲学者から始まってヘーゲルやカール・マルクス、などに至る西洋文明の歴史を辿りながら、歴史の本質に迫る。「歴史の概念」の他、「権威とは何か」「自由とは何か」「教育の危機」「文化の危機」「真理と政治」などもおさめられている。みすず書房に引田隆也、齊藤純一の翻訳がある。過去と未来の間 フレッシュアイペディアより)

1780件中 81 - 90件表示