前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
959件中 1 - 10件表示
  • ドン・ウォズ

    ドン・ウォズから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    プロデューサーとしてローリング・ストーンズ、ボニー?レイット、ボブ?ディラン、ジョン・メイヤー、ジギー・マーリー、ボブ・シーガー、アル・グリーン、ルシンダ・ウィリアムス、ガース・ブルックス、リンゴ・スター、イギー・ポップ、ライル・ラヴェット、クリス・クリストファーソン、ジョー・コッカー、フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ、エイモス・リーやウィリー・ネルソンとエルトン・ジョン、スティーヴィー・ニックス、ジョージ・クリントン、ランディ・ニューマン、ザブラッククロウズ、カーリー・サイモン、トラヴィス・トリット、ブライアン?ウィルソン、ジャクソン・ブラウン、ベアネイキッドレディース、オールドクロウメディシンショー、ロイ・オービソン、ウェイロン・ジェニングス、ジェシー・コルタ、リッチー・サンボラ、The Presidents of the United States of America、BBキング、ポール・ウェスター、カート・エリング、ポイズン、ヘプハレド、B-52's、ズッケロ、トッド・スナイダー、エリザベス・クック、ジル・ソブール、ソロモン・バークなどを担当。ドン・ウォズ フレッシュアイペディアより)

  • キース・リチャーズ

    キース・リチャーズから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    キース・リチャーズ(Keith Richards, 1943年12月18日 - )は、イギリスのミュージシャン。ミック・ジャガー、ブライアン・ジョーンズと共にローリング・ストーンズを結成した。ジャガー/リチャーズ名義で様々な楽曲を作りヒットさせている。また、ミックと彼は「グリマー・ツインズ」名義でプロデュースも行う。身長174cm。キース・リチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・プレストン

    ビリー・プレストンから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    キーボード奏者として、ビートルズやローリング・ストーンズを始めとする多くのミュージシャンたちと共演した他、ソロ・シンガーとしても活動した。ビートルズのシングルにクレジットされたこともあり、後に「5番目のビートルズ」としばしば呼ばれた。代表作は「ナッシング・フロム・ナッシング」など。ビリー・プレストン フレッシュアイペディアより)

  • ビートルズ

    ビートルズから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    外部から参加したミュージシャンの例では、セッション・ドラマーのアンディ・ホワイト(en)が、デビュー曲となった「ラヴ・ミー・ドゥ」のレコーディングに参加している。ただしこれはメンバーの意向ではなくプロデューサーのジョージ・マーティンの判断によるもの。メンバーの意向による参加ミュージシャンの例では、クラシック音楽の分野から「イエスタデイ」、「エリナー・リグビー」で弦楽四重奏団が、「ペニー・レイン」ではピッコロ・トランペット奏者が招かれている。同じロックやポップスの分野では「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」でリードギターを弾いたエリック・クラプトンや、「レボリューション」でエレクトリックピアノを弾いたニッキー・ホプキンスが挙げられる。プロデューサーのジョージ・マーティンは「イン・マイ・ライフ」の間奏のクラシカルなピアノを弾いた。また、ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズは「ユー・ノウ・マイ・ネーム」においてサックスで参加している。アルバム『レット・イット・ビー』のセッションにはビリー・プレストンがエレクトリックピアノやハモンド・オルガンなどで参加している。ただし外部から参加したミュージシャンはプレストンを除いてレコードのクレジットには記載されていない。ビートルズ フレッシュアイペディアより)

  • ミック・ジャガー

    ミック・ジャガーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    サー・マイケル・フィリップ・ジャガー(Sir Michael Philip Jagger、1943年7月26日 - )は、イギリスのロック・ミュージシャン、俳優。「ミック(Mick)」の愛称で知られる。イギリスのロックバンド、ローリング・ストーンズのボーカルとして世界的に有名。ストーンズのギタリストであるキース・リチャーズと「ジャガー/リチャーズ」の名義で数々のヒット曲を生み出した。また、1974年からはキースと「グリマー・ツインズ」というプロデュース・ユニットを組みセルフ・プロデュースを行っている。身長173cm。ミック・ジャガー フレッシュアイペディアより)

  • スモーキー・ロビンソン

    スモーキー・ロビンソンから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1965年6月発売の「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」がヒット。同年11月発売のアルバム『Going to a Go-Go』からグループ名を「スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ」に変更。12月にシングルカットした「ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー」は後にローリング・ストーンズにカヴァーされた。1]発表の「ティアーズ・オブ・ア・クラウン」は1970年に再ヒットし、ついに初の全米チャート1位の完全制覇を成し遂げた。スモーキー・ロビンソン フレッシュアイペディアより)

  • ジェット (バンド)

    ジェット (バンド)から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ニック・セスター、クリス・セスター兄弟はメルボルン郊外で父のコレクションである1960年代、1970年代のクラシック・ロック(AC/DC、ザ・フー、イージービーツ、フェイセズ、ザ・ラヴド・ワンズ、特にビートルズとローリング・ストーンズ)を聴きながら育った。他にはオーストラリアのロックバンド、ユー・アム・アイから大きく影響を受けているとニックは語っている。ジェット (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • カントリーロック

    カントリーロックから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1960年代前半から、ロック、ポピュラー音楽の世界でカントリー・ミュージックの要素を採り入れた作品はあった。ビートルズの『ビートルズ・フォー・セール』(1964年)、ローリング・ストーンズの「ハイ・アンド・ドライ」(1966年)、バッファロー・スプリングフィールドの "Go and Say Goodbye"(1966年)、"Kind Woman"(1968年)などである。カントリーロック フレッシュアイペディアより)

  • ロキュメンタリー

    ロキュメンタリーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ギミー・シェルター (ローリング・ストーンズロキュメンタリー フレッシュアイペディアより)

  • ナンカー・フェルジ

    ナンカー・フェルジから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ナンカー・フェルジ(Nanker Phelge)はイギリスのロックバンド、ローリング・ストーンズのメイン・クリエイターであるジャガー/リチャーズと他のメンバーとが共作した場合に使われるストーンズのソングライティング・チーム。この名義での楽曲はあまり多くなく、1965年を境に使われなくなった。ナンカー・フェルジ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
959件中 1 - 10件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード