741件中 91 - 100件表示
  • ニュー・ロック (音楽)

    ニュー・ロック (音楽)から見たザ・ローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    本来は1968年から使われていた用語で、10代後半?20代のファン層を掴むロック音楽(またはバンド)を指した。なお当時の日本では初期のザ・ローリング・ストーンズなどを「ハードロック」と呼んでいたため、1970年頃現れたハードロックなどは「ニュー・ロック」として扱っていた。ニュー・ロック (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • エレクトリック・レディランド

    エレクトリック・レディランドから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    本作には多数のゲスト・ミュージシャンが参加。トラフィックのギタリスト、デイヴ・メイソンが「クロスタウン・トラフィック」(バック・ボーカル)と「オール・アロング・ザ・ウォッチタワー」(12弦ギター)に参加。前者では、自分のバンド名でもある「Traffic」というフレーズを歌っている。同じくトラフィックのメンバーであるスティーヴ・ウィンウッドは「ヴードゥー・チャイル」に、クリス・ウッドは「1983」に参加。他にもローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズ、ジェファーソン・エアプレインのジャック・キャサディ等が参加。エレクトリック・レディランド フレッシュアイペディアより)

  • ハイドパーク・フリーコンサート

    ハイドパーク・フリーコンサートから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ハイドパーク・フリーコンサート(Hyde Park Free Concert)は、1969年7月5日にロンドンのハイドパークで行われたローリング・ストーンズのギタリストリーダーだったブライアン・ジョーンズの追悼コンサート。ハイドパーク・フリーコンサート フレッシュアイペディアより)

  • 金子飛鳥

    金子飛鳥から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ヒーリング・ミュージック的な作品。エリック・クラプトンやローリング・ストーンズのカヴァーも収録。金子飛鳥 フレッシュアイペディアより)

  • ユー・ドゥ・ミー

    ユー・ドゥ・ミーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズのカヴァー。アルバム『ビューティ』の海外盤に収録されているものと同じテイク。ユー・ドゥ・ミー フレッシュアイペディアより)

  • アンペグ

    アンペグから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1960年代にはアンペグはかなり低出力のコンボアンプしか製造しておらず、売上は減少していた。ロックコンサートは強大化しており、より大きなアンプが求められていた。そこでチーフ・エンジニアのビル・ヒューズはスーパー・ヴァキューム・チューブ回路を同名のアンプ(アンペグ・SVT)用に設計。重量85ポンドで、平均300Wの出力は当時の他のアンプを凌駕した。その高出力により、SVTはより大きな会場での使用候補となっていった。1970年代にはロック公演で広く使用されるようになった。ローリング・ストーンズは彼らのハイワットアンプの通関の遅れにより、米国ツアーではSVTを使用することとなった。アンペグ フレッシュアイペディアより)

  • リッチ・ブリーン

    リッチ・ブリーンから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    リッチ・ブリーン は、アメリカのレコーディング・エンジニア。レコーディングを手がけた作品にはグラミー賞の受賞作やノミネート作があり、自身も2001年のグラミー賞ベスト・エンジニア(ノンクラシック)にノミネートされた。イエロージャケッツやローリング・ストーンズ、セルジオ・メンデスなどといった著名アーティストのほか、IMAX作品でいくつかの映画音楽も手がけている。日本のアーティストではX JAPANの作品のほか、hideやYOSHIKIのソロ・プロジェクトの制作に参加している。リッチ・ブリーン フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ヒット・ファクトリー

    ザ・ヒット・ファクトリーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズのアルバム『エモーショナル・レスキュー』ザ・ヒット・ファクトリー フレッシュアイペディアより)

  • 限りなき戦い

    限りなき戦いから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    このとき得られた素材をもとに、ヘッドリィ・グランジで、ローリング・ストーンズの車載スタジオを使用して録音された。限りなき戦い フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ミラード

    マイク・ミラードから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    マイク・ミラード (Mike Millard) は、アメリカ合衆国で1970年代から1980年代にかけて活動したテーパー。「マイク・ザ・マイク (Mike The Mike)」の愛称で呼ばれ、カリフォルニア州ロサンゼルスのLAフォーラムで行われたレッド・ツェッペリンやピンク・フロイド、ローリング・ストーンズのコンサート録音テープが有名である。マイク・ミラード フレッシュアイペディアより)

741件中 91 - 100件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード