959件中 11 - 20件表示
  • ザ・ダーティー・マック

    ザ・ダーティー・マックから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ザ・ダーティー・マック(The Dirty Mac)は、ローリング・ストーンズが主導して撮影されたスタジオ・ライブ映像作品『ロックンロール・サーカス』のため1968年12月11日に一度だけ結成されたスーパーグループ。ザ・ダーティー・マック フレッシュアイペディアより)

  • スペシャル・イングリッシュ

    スペシャル・イングリッシュから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    もう一つ例として、ローリング・ストーンズに関する原稿を紹介する:スペシャル・イングリッシュ フレッシュアイペディアより)

  • カラマーゾフの兄弟 (テレビドラマ)

    カラマーゾフの兄弟 (テレビドラマ)から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    挿入曲にはドラマ用にオリジナルで制作した劇伴のほか、多数の洋楽ロックやクラシック音楽を織り交ぜて使用している(使用楽曲については劇中使用楽曲の節を参照)。洋楽ロックについては若者の荒ぶる気持ちの象徴として流しており、中でもローリング・ストーンズの「黒くぬれ!」はドラマタイトルの「カラマーゾフ」と同様に"黒塗り"という意味を持つことと楽曲が使用したシーンにぴったりのイメージであるという理由から、ニルヴァーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」は「若者の爆発しそうな思いを直接的に表現できる曲」として選曲された。その他の楽曲についてもシーン一つ一つの意味を考えながら選曲しているという。カラマーゾフの兄弟 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ミック・テイラー

    ミック・テイラーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    マイケル・ケヴィン "ミック"・テイラー(Michael Kevin "Mick" Taylor, 1949年1月17日 - )は、イギリスのミュージシャン。ローリング・ストーンズの元ギタリストとして最も有名である。ミック・テイラー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ゴンドリー

    ミシェル・ゴンドリーから見たザ・ローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    フランスのロックバンドOui Oui(自らもドラマーとして在籍していた)のミュージック・ビデオを手掛けてキャリアを始める。1993年に発表したビョークの「ヒューマン・ビヘイビア」のミュージック・ビデオが評判になり、以来ビョークのビデオクリップを多数製作。その他、ザ・ローリング・ストーンズ、ケミカル・ブラザーズ、レディオヘッド、ホワイト・ストライプス等を手がける。ミシェル・ゴンドリー フレッシュアイペディアより)

  • 山川健一

    山川健一から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    初期(1980年代)の代表作『壜の中のメッセージ』『天使が浮かんでいた』は、ローリング・ストーンズ等のブリティッシュ・ロックの多大な影響を受けている。一方で単車小説も数多く手掛けた(『追憶のルート19』『サザンクロス物語』)。1990年代以降はアップル社のマッキントッシュ・コンピュータに傾倒し、『マッキントッシュ・ハイ』を発表する。マック関連の最新刊は「希望のマッキントッシュ」。また、自動車に関する造詣が深く、イタリアの乗用車、アルファロメオのオーナーであった際には、それに関する著書も出している。この他、ポルシェ、ジャガー、レンジローバーに関する書籍も発表している。山川健一 フレッシュアイペディアより)

  • テリー・サザーン

    テリー・サザーンから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    2003年4月1日、ニューヨーク公共図書館によって、サザーンの原稿・書簡・写真などをとりまとめて「サザーンのアーカイヴ」の設立が発表された。そのアーカイヴには、(アメリカ人ジャーナリスト・作家・俳優)、アレン・ギーンズバーグ(ビート詩人)、ノーマン・メイラー(ノンフィクション小説作家)、(詩人)、(音楽家・俳優・ポップアーティスト)、ウィリアム・スティロン(作家)、(作家・評論家)、ゴア・ヴィダル(作家)、アビー・ホフマン(イッピー活動家)、エドマンド・ウィルソン(作家・評論家)、ジョン・レノン、リンゴ・スター、ローリング・ストーンズなど、そうそうたる面々との交流の記録が含まれている。テリー・サザーン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ウーマック

    ボビー・ウーマックから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    オハイオ州クリーブランド出身。兄弟達と共にウーマック・ブラザーズというゴスペル・グループで活動していた頃、サム・クックに認められ、サムが主宰するレーベル「SAR Records」と契約。ウーマック・ブラザーズ名義のシングル「Somebody's Wrong」(1961年)はヒットしなかったが、ヴァレンティノスと改名すると、1962年のシングル「ルッキン・フォー・ア・ラヴ」がヒット。1964年のシングル「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ」は、ローリング・ストーンズによるカヴァー・ヴァージョンが全英1位のヒットを記録した他、ロッド・スチュワート等にもカヴァーされた。また、サム・クックのライヴでもギターを弾く。ボビー・ウーマック フレッシュアイペディアより)

  • イゴル・ツクロヴ

    イゴル・ツクロヴから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    オペラツィヤ・トリユンフ(Operacija trijumf)は、エンデモルのタレント・オーディション番組「フェイム・アカデミー」のバルカン・バージョンであり、スロベニアを除く旧ユーゴスラビア連邦構成各国、セルビア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、マケドニア共和国から参加者が集まる。番組は2008年9月28日に始まった。これに参加してツクロヴの多彩な歌唱は広く知れ渡るところとなった。番組ではツクロヴはアンドレア・ボチェッリの「コン・テ・パルティロ」などのオペラを歌う一方で、ローリング・ストーンズの「悲しみのアンジー」やエアロスミスの「I Don't Want to Miss a Thing」といったロックも歌った。ツクロヴらオペラツィヤ・トリユンフの参加者たちは、ベオグラードで行われたゴラン・カラン(Goran Karan)のコンサートを支援し、「Stand by Me」を歌ったイゴル・ツクロヴ フレッシュアイペディアより)

  • マディ・ウォーターズ

    マディ・ウォーターズから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    その豊富で深淵な声、豪快なボトルネック・ギター、カリスマ的キャラクターで、ブルースの第一人者のひとりとなった。ロック界においても、ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、ロリー・ギャラガー、ポール・ロジャース、ジョン・メイオール、フリートウッド・マックなど、彼から影響を受けたミュージシャンは多く、その影響力は計り知れない。マディ・ウォーターズ フレッシュアイペディアより)

959件中 11 - 20件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード