741件中 11 - 20件表示
  • ヴードゥー・ラウンジ

    ヴードゥー・ラウンジから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    『ヴードゥー・ラウンジ』(Voodoo Lounge)は、1994年にリリースされたローリング・ストーンズのアルバム。ヴァージン・レコードとの新たな契約下での第一作。前オリジナル・スタジオ録音作『スティール・ホイールズ』以来5年ぶりの作品であり、ビル・ワイマン脱退後初の作品となった。ヴードゥー・ラウンジ フレッシュアイペディアより)

  • ジャガー/リチャーズ

    ジャガー/リチャーズから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ジャガー/リチャーズとは、ローリング・ストーンズの作品群に於いて、ミック・ジャガー及びキース・リチャーズが作詞作曲に関与した作品に付与される共同クレジット。プロデューサー・ユニットとしてはグリマー・ツインズの名称を用いる。ジャガー/リチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テリー・サザーン

    テリー・サザーンから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    2003年4月1日、ニューヨーク公共図書館によって、サザーンの原稿・書簡・写真などをとりまとめて「サザーンのアーカイヴ」の設立が発表された。そのアーカイヴには、ジョージ・プリンプトン(George Plimpton アメリカ人ジャーナリスト・作家・俳優)、アレン・ギーンズバーグ(Allen Ginsberg ビート詩人)、ノーマン・メイラー(Norman Mailer ノンフィクション小説作家)、フランク・オハラ(Frank O'Hara 詩人)、ラリー・リヴァーズ(Larry Rivers 音楽家・俳優・ポップアーティスト)、ウィリアム・スティロン(William Styron 作家)、V・S・プリチェット(V. S. Pritchett 作家・評論家)、ゴア・ヴィダル(Gore Vidal 作家)、アビー・ホフマン(Abbie Hoffman イッピー活動家)、エドマンド・ウィルソン(Edmund Wilson 作家・評論家)、ジョン・レノン(John Lennon)、リンゴ・スター(Ringo Starr)、ローリング・ストーンズ(the Rolling Stones)など、そうそうたる面々との交流の記録が含まれている。テリー・サザーン フレッシュアイペディアより)

  • リンダ・マッカートニー

    リンダ・マッカートニーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1960年代中盤から後半にかけ、リンダ・ルイーズ・イーストマンとしてローリング・ストーンズをはじめとする様々なロック・アーティスト専門のカメラマンとして活動した。1969年にビートルズのメンバーであるポール・マッカートニーと結婚し、リンダ・マッカートニーとなる。1971年から約10年に渡り、彼のバンド「ウイングス」でコーラスとキーボード担当のオリジナル・メンバーのひとりとして活動し、ウイングス解散後も夫のコンサートに参加するなど、公私にわたって彼を支え続けた。夫妻揃ってヴェジタリアンであることが知られ、菜食主義者向けの料理研究家としても数冊の著書を残している。父親のリー・イーストマンは1970年以降、義理の息子であるポール・マッカートニーの弁護士を務めた(1991年死去)。リンダ・マッカートニー フレッシュアイペディアより)

  • Young Love

    Young Loveから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    関口和之、松田弘=ローリング・ストーンズ『サタニック・マジェスティーズ en』Young Love フレッシュアイペディアより)

  • ビューティ

    ビューティから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    元ビーチボーイズのブライアン・ウィルソン、元ザ・バンドのロビー・ロバートソン、元ソフト・マシーンのロバート・ワイアット、ユッスー・ンドゥール、アート・リンゼイ等、多数の多彩なゲスト・ミュージシャンを迎えて制作された。沖縄民謡2曲、ローリング・ストーンズの「ウィー・ラヴ・ユー」、フォスターの「ロマンス」、サミュエル・バーバーの「アダージョ」と収録曲の約半分(11曲中5曲)がカヴァー曲であることも特徴。ビューティ フレッシュアイペディアより)

  • ロキュメンタリー

    ロキュメンタリーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ギミー・シェルター (ローリング・ストーンズロキュメンタリー フレッシュアイペディアより)

  • 世良公則

    世良公則から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    幼少期からバイオリンを習っていたが、高校時代にローリング・ストーンズ等の影響を強く受け同級生のバンド・FBIバンドに加入、ベースを担当した。バンドメンバー全員が大阪の学校に進学し「ツイスト」に改名、大阪芸大在学中に世良がボーカルに交代した。世良公則 フレッシュアイペディアより)

  • チャーリー・ワッツ

    チャーリー・ワッツから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    チャールズ・ロバート“チャーリー”ワッツ(Charles Robert "Charlie" Watts, 1941年6月2日 - )は、イギリスのミュージシャン。ロックバンド、ローリング・ストーンズのドラマー。身長168cm。チャーリー・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニッキー・ホプキンス

    ニッキー・ホプキンスから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ホプキンスは若い頃からクローン病で苦しんでいた。病気とそれに伴う外科的治療は彼にとってツアーへの参加を困難な物とした。このことから彼はスタジオ・セッションにその活動の比重を置くこととなる。ただし、体調が比較的良好だった時は他のバンドのツアーにも参加したことがあり、1971年?1973年ごろのローリング・ストーンズのツアーにも参加していた。ニッキー・ホプキンス フレッシュアイペディアより)

741件中 11 - 20件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード