741件中 21 - 30件表示
  • オーティス・レディング

    オーティス・レディングから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1960年代初頭にジョニー・ジェンキンズのパイントッパーズで音楽活動を始め、ソロ・シンガーとして契約後1962年に「These Arms of Mine」を発表(R&Bのチャートで最高位20位、Billboard Hot 100で85位と人気を博す)、この歌をきっかけに1964年スタックス傘下のヴォルトからアルバム『Pain in My Heart』を発表、アメリカ国内でアトランティック・レコードのもとで全国流通を果たす。同年、ブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパーと共同制作した「Mr. Pitiful」は、R&Bシングル・チャートで最高位41位、Billboard Hot 100で41位となるヒットを生み出した。生前のシングルレコードで最も評判を呼んだのは、ジェリー・バトラーとの「I've Been Loving You Too Long」で、R&Bのシングル・チャートで2位を記録して彼のキャリアの中で最も高い評価を得る作品となり、続く「Respect」(後にアレサ・フランクリンによるカヴァーが大ヒットする)はR&Bチャートで4位を記録した。その後、「I Can't Turn You Loose」、「(I Can't Get No) Satisfaction」(ローリング・ストーンズのカバー)といった曲がヒットして、古いラブ・ソングをリサイクルした「Try a Little Tenderness」は、1966年の代表曲となった。そして、1967年のモントレー・ポップ・フェスティバルに出演して評価を得た。このフェスティヴァル出演後、喉の異変を訴え、ポリープが見つかり医者から2ヶ月間歌う事を禁じられ、後の曲調の変化に大きな影響を与えた。オーティス・レディング フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ゴンドリー

    ミシェル・ゴンドリーから見たザ・ローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    フランスのロックバンドOui Oui(自らもドラマーとして在籍していた)のミュージック・ビデオを手掛けてキャリアを始める。1993年に発表したビョークの「ヒューマン・ビヘイビア」のミュージック・ビデオが評判になり、以来ビョークのビデオクリップを多数製作。その他、ザ・ローリング・ストーンズ、ケミカル・ブラザーズ、レディオヘッド、ホワイト・ストライプス等を手がける。ミシェル・ゴンドリー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・クロマニヨンズ

    ザ・クロマニヨンズから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    2006年4月5日、アルバムのレコーディングが終了した甲本と真島は、ローリング・ストーンズのナゴヤドーム公演を見に行った後、名古屋のホテルでこのバンドの名前を決めようと話し合っていた。その際、甲本が「クロマニヨンズ」というバンド名を提案すると、真島が「おぉう!」と唸ってポケットから紙を取り出し、そこには偶然にも『クロマニヨン』と書かれていたそうで、この偶然によりバンド名が決定したと、本人たちは語っている。ザ・クロマニヨンズ フレッシュアイペディアより)

  • マディ・ウォーターズ

    マディ・ウォーターズから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    その豊富で深淵な声、豪快なボトルネック・ギター、カリスマ的キャラクターで、ブルースの第一人者のひとりとなった。ロック界においても、ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、ロリー・ギャラガー、ポール・ロジャース、 ザ・バンドなど、彼から影響を受けたミュージシャンは多く、その影響力は計り知れない。マディ・ウォーターズ フレッシュアイペディアより)

  • 英米関係

    英米関係から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    マドンナ、ティナ・ターナー、シェーア、マイケル・ジャクソン、ビング・クロスビー、エルヴィス・プレスリー、ボブ・ディラン、ダイアナ・ロス、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、フランク・シナトラ、レディー・ガガ、ビヨンセ等に代表されるアメリカのアーティストはイギリスでも高い人気を誇る。一方で、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、スティング、ザ・フー、シャーリー・バッシー、トム・ジョーンズ、デヴィッド・ボウイ、スパイス・ガールズ, ビージーズ、エイミー・ワインハウス、KTタンストール、レオナ・ルイス、エルトン・ジョン、コールドプレイ等のイギリスのアーティストもアメリカの音楽市場において大きな成功を収めている。疑いの余地なく、両国のポピュラー音楽は互いに強い影響を与えている。英米関係 フレッシュアイペディアより)

  • イゴル・ツクロヴ

    イゴル・ツクロヴから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    オペラツィヤ・トリユンフ(Operacija trijumf)は、エンデモルのタレント・オーディション番組「フェイム・アカデミー」のバルカン・バージョンであり、スロベニアを除く旧ユーゴスラビア連邦構成各国、セルビア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、マケドニア共和国から参加者が集まる。番組は2008年9月28日に始まった。これに参加してツクロヴの多彩な歌唱は広く知れ渡るところとなった。番組ではツクロヴはアンドレア・ボチェッリの「コン・テ・パルティロ」などのオペラを歌う一方で、ローリング・ストーンズの「悲しみのアンジー」やエアロスミスの「I Don't Want to Miss a Thing」といったロックも歌った。ツクロヴらオペラツィヤ・トリユンフの参加者たちは、ベオグラードで行われたゴラン・カラン(Goran Karan)のコンサートを支援し、「Stand by Me」を歌ったイゴル・ツクロヴ フレッシュアイペディアより)

  • 1943年

    1943年から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    7月26日 - ミック・ジャガー、ミュージシャン(ローリング・ストーンズ1943年 フレッシュアイペディアより)

  • ミック・テイラー

    ミック・テイラーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    マイケル「ミック」ケヴィン・テイラー(Michael (Mick) Kevin Taylor, 1949年1月17日 - )は、イギリスのミュージシャン。ローリング・ストーンズの元ギタリストとして最も有名である。ローリング・ストーン誌の2007年11月号の企画、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も過小評価されている25人のギタリスト」において第8位。ミック・テイラー フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・スコセッシ

    マーティン・スコセッシから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ロックの最盛期に青春時代を過ごしたこともあり、ザ・バンド、ローリング・ストーンズ、ヴァン・モリソン、ボブ・ディラン、エリック・クラプトンなどの楽曲をしばしば作中に使用する。またザ・バンドの解散コンサートを撮った『ラスト・ワルツ』、ローリング・ストーンズを撮った『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』などの音楽関係の映像作品も多数手がけ、マイケル・ジャクソンのヒットナンバー『Bad』のミュージック・ビデオの監督も務めた。この作品は約16分間の短編映画のような構成となっている。また映画に関するドキュメンタリーも多数監督している他、古典映画の復元や再公開にも尽力している。マーティン・スコセッシ フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ディラン

    ボブ・ディランから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1964年頃からマリファナなどのドラッグの影響からか、コンサートやレコーディングでも常に少し酔っ払ったような状態になっていた。ビートルズやローリング・ストーンズをはじめイギリスのミュージシャンとの交流が芽生えたのもこの時期で、中期以降のビートルズがドラッグ体験をモチーフにした曲を多く残したのは、ディランと関わったのがきっかけとされている。なかでも1965年頃のジョン・レノンが熱病のごとく傾倒し、作風から精神面、スタイルに至るまでディランに触発された(例:1、2)。またジョージ・ハリスンとは後に生涯にわたる友情を築くこととなる。ボブ・ディラン フレッシュアイペディアより)

741件中 21 - 30件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード