959件中 21 - 30件表示
  • タイム・イズ・オン・マイ・サイド

    タイム・イズ・オン・マイ・サイドから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」 (Time Is on My Side) は、ジェリー・ラゴヴォイが「ノーマン・ミード」 (Norman Meade) の変名を用い作曲した楽曲。ローリング・ストーンズのカバー・バージョンで知られる。タイム・イズ・オン・マイ・サイド フレッシュアイペディアより)

  • ブリクストン・アカデミー

    ブリクストン・アカデミーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ロンドンの非アリーナ会場としては最大のコンサート会場であり、収容人数は最大4,921人(1階スタンディング3,760人、2階席1,083人、2階スタンディング78人。オールシーティングの場合の収容人数は2,391人)である。セックス・ピストルズ、ボブ・ディラン、ローリング・ストーンズ、レディオヘッド、ザ・クラッシュ、N.E.R.D、キングス・オブ・レオン、フー・ファイターズ、コールドプレイ、ミッシー・エリオット、ピンク、R.E.M.、ピクシーズといった国内外の有名アーティストがUKツアーやヨーロッパ・ツアーの会場として使用している。1994年から12年連続でNME「ベスト会場賞」を受賞した。ブリクストン・アカデミー フレッシュアイペディアより)

  • メリー・クレイトン

    メリー・クレイトンから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    メリー・クレイトン(Merry Clayton、1948年12月25日 - )は、アメリカ合衆国のR&B歌手。ローリング・ストーンズとの共演で広く知られ、他にも様々なアーティストの作品でバック・コーラスを担当し、ソロ活動も行う。1980年代以降は女優としても活動。リトル・フィートのメンバーとして知られるサム・クレイトンの実姉である。メリー・クレイトン フレッシュアイペディアより)

  • PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜

    PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ちなみに「キングスコート」のBGMは、ローリング・ストーンズPRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 フレッシュアイペディアより)

  • 幻の10年

    幻の10年から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1966年10月、ヤードバーズはローリング・ストーンズ、アイク&ティナ・ターナーと12日間のイギリスツアーを行い、本曲はベック-ペイジのツイン・リードで演奏された。しかし、続くアメリカツアー中に、ベックがバンドを脱退したため、それ以降のライブにおいては、ペイジがベックのパートも合わせて演奏した。幻の10年 フレッシュアイペディアより)

  • 英米関係

    英米関係から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    マドンナ、ティナ・ターナー、シェーア、マイケル・ジャクソン、ビング・クロスビー、エルヴィス・プレスリー、ボブ・ディラン、ダイアナ・ロス、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、フランク・シナトラ、レディー・ガガ、ビヨンセ等に代表されるアメリカのアーティストはイギリスでも高い人気を誇る。一方で、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、スティング、ザ・フー、シャーリー・バッシー、トム・ジョーンズ、デヴィッド・ボウイ、スパイス・ガールズ, ビージーズ、エイミー・ワインハウス、KTタンストール、レオナ・ルイス、エルトン・ジョン、コールドプレイ等のイギリスのアーティストもアメリカの音楽市場において大きな成功を収めている。疑いの余地なく、両国のポピュラー音楽は互いに強い影響を与えている。英米関係 フレッシュアイペディアより)

  • ニッキー・ホプキンス

    ニッキー・ホプキンスから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズとは、『ビトウィーン・ザ・バトンズ』、『サタニック・マジェスティーズ』、『ベガーズ・バンケット』、『レット・イット・ブリード』、『スティッキー・フィンガーズ』、『メイン・ストリートのならず者』などで共演。ニッキー・ホプキンス フレッシュアイペディアより)

  • ダリル・ジョーンズ

    ダリル・ジョーンズから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ブルース・スプリングスティーンやマドンナのツアー・ベーシストも務め、1993年からは離脱したビル・ワイマンに代わり、ローリング・ストーンズのサポート・メンバーとして活動している。ダリル・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • グレイトフル・デッド

    グレイトフル・デッドから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    グレイトフル・デッドは、ビートルズ、ザ・ビーチ・ボーイズ、ローリング・ストーンズなどのバンドが放送を支配していた時代に結成された。「ビートルズは、私達がジャグ・バンドからロックンロールバンドに転向した理由であった」とボブ・ウェアは語った。「私達が見た彼らの演奏は極端に魅力的であった。」以前のフォークシーンにおけるスターであったボブ・ディランは、エレキ楽器をフィーチャーしたアルバムを数枚リリースした。「私はより価値のある行いについて何も考えることができなかった。」とガルシアは語った。グレイトフル・デッドのメンバーはニューヨークのバンドラヴィン・スプーンフルとのツアーの後、「エレキで行く」と決心し、より汚れた音を探し始めた。徐々に、アメリカ東海岸のフォークミュージシャン、元はコーヒーハウスシーンの先覚者のほとんどが、エレキ楽器の使用に転向していった。1950年代後半および60年代初期のアメリカのフォークミュージック・リバイバルに没頭していたジェリー・ガルシアとボブ・ウェアにとって、エレキ楽器の方に心を開いていったことは自然なことであった。グレイトフル・デッド フレッシュアイペディアより)

  • クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーズ賞

    クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーズ賞から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    リイシュー・オブ・ザ・イヤー:ローリング・ストーンズ『メイン・ストリートのならず者 (Exile on Main St.)』クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーズ賞 フレッシュアイペディアより)

959件中 21 - 30件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード