959件中 31 - 40件表示
  • ジャンピン・ジャック・フラッシュ (アルバム)

    ジャンピン・ジャック・フラッシュ (アルバム)から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』(原題:Aretha)は、アメリカ合衆国の歌手アレサ・フランクリンが1986年10月にアリスタ・レコードから発表したスタジオ・アルバム。日本盤のタイトルは、本作に収録されたローリング・ストーンズのカヴァー「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」に由来している。ジョージ・マイケルとデュエットした「愛のおとずれ」が、シングル・カットされて全米・全英1位を獲得した。ジャンピン・ジャック・フラッシュ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ティナ・ターナー

    ティナ・ターナーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1965年、フィル・スペクターがアイク&ティナ・ターナーの公演をロサンゼルスで観て、ティナと一緒に仕事がしたいと考えた。話がまとまり、スペクターはアイクに前金として2万ドルを支払った。アイクが了承したスタジオでティナと一緒に作業するためである。ティナは、スペクターのプロデュースのもと、「リヴァー・ディープ?マウンテン・ハイ」を吹き込んだ。この曲は1966年にスペクターのフィルズ・レーベルから発表された。アメリカ国内ではまあまあの手応えだったが、海外では成功し、特にイギリスで好評を博し、結果的にシングルチャートで第3位まで上った。この曲の成功により、アイク&ティナ・ターナーは1966年秋のローリング・ストーンズのイギリス国内ツアーで前座を務めることになった。そして、これが契機となって、ヨーロッパ全域とオーストラリアでも演奏することになったのである。1968年にはブルー・サム・レコーズと契約し、アイク&ティナ・ターナーは強いブルース志向を感じさせるアルバムを2枚発表する。「アウタ・シーズン」と「ザ・ハンター」である。「アウタ・シーズン」ではオーティス・レディングの「アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥー・ロング」のカヴァーを録音している。一方、「ザ・ハンター」が発表されると、ティナの歌ったタイトル曲?もともとアルバート・キングによって吹き込まれたものだが?がグラミー賞のベスト女性R&Bヴォーカル賞にノミネートされた。この2枚のアルバムが好成績を残し、デュオはラスベガスで自分達の公演を行うことになった。このラスベガスのショーには、様々な有名人達が彼らのことを観に来たのである。その中には、デヴィッド・ボウイ、スライ・ストーン、ジャニス・ジョプリン、シェール、ジェイムズ・ブラウン、レイ・チャールズ、エルトン・ジョン、エルヴィス・プレスリーといった人達がいた。ティナ・ターナー フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ホワイト

    ジャック・ホワイトから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ホワイトは他にベック、ローリング・ストーンズ、ジェフ・ベック、ボブ・ディランなど他のアーティストとも演奏した。ジャック・ホワイト フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・アレキサンダー

    アーサー・アレキサンダーから見たザ・ローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    アーサー・アレキサンダー (Arthur Alexander)は、アメリカ合衆国の歌手。本国アメリカではヒットこそはしなかったが、ザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズ等のイギリスのグループがこぞってカバーし、イギリスのバンドに影響を与えた歌手の一人としても認知度が高い。アーサー・アレキサンダー フレッシュアイペディアより)

  • リンダ・マッカートニー

    リンダ・マッカートニーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1960年代中盤から後半にかけ、リンダ・ルイーズ・イーストマンとしてローリング・ストーンズをはじめとする様々なロック・ミュージシャン専門のカメラマンとして活動した。1969年に、ビートルズのポール・マッカートニーと結婚し、リンダ・マッカートニーとなる。1971年から約10年に渡り、彼のバンド「ウイングス」でコーラスとキーボード担当のオリジナル・メンバーのひとりとして活動し、ウイングス解散後も夫のコンサートに参加するなど、公私にわたって彼を支え続けた。夫妻揃ってヴェジタリアンであることが知られ、菜食主義者向けの料理研究家としても数冊の著書を残している。父親のリー・イーストマンは1970年以降、義理の息子であるポール・マッカートニーの弁護士を務めた(1991年死去)。リンダ・マッカートニー フレッシュアイペディアより)

  • マルチプレイヤー (音楽)

    マルチプレイヤー (音楽)から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ブライアン・ジョーンズ (元ローリング・ストーンズ。ギター/シタール/マリンバ/ダルシマー/サックス)マルチプレイヤー (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • ザ・クロマニヨンズ

    ザ・クロマニヨンズから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    2006年4月5日、アルバムのレコーディングが終了した甲本と真島は、ローリング・ストーンズのナゴヤドーム公演を見に行った後、名古屋のホテルでこのバンドの名前を決めようと話し合っていた。その際、甲本が「クロマニヨンズ」というバンド名を提案すると、真島が「おぉう!」と唸ってポケットから紙を取り出し、そこには偶然にも『クロマニヨン』と書かれていたそうで、この偶然によりバンド名が決定したと、本人たちは語っている。ザ・クロマニヨンズ フレッシュアイペディアより)

  • 世良公則

    世良公則から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    3歳からバイオリンを習っていた。中学時代に父親とラジオで聴いていた広島カープのナイター中継が雨で中止になり、電リクで流れてきた歪んだ音で演奏するローリング・ストーンズの「Paint it Black」を聴き「何だ、これは!」と衝撃を受ける。これを切っ掛けに海外のロックを聴きまくる。高校に入るとベース担当がいない同級生のバンド・FBIバンドに加入する。「ヴァイオリン(4弦)を習っていたのならベース(4弦)も弾けるだろうからベースを担当してくれないか?」と言われベースを担当した。ヴォーカルに転向したのは大学二年の終わりであるが、高校二年のとき、バンド仲間の影響でロッド・スチュワートを知り大きな影響を受けた。世良公則 フレッシュアイペディアより)

  • LOVE PSYCHEDELICO

    LOVE PSYCHEDELICOから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    影響を受けたアーティストはローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリン、ボブ・ディラン、キャロル・キング、イーグルス、ビートルズ、サイモン&ガーファンクル、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、エリック・クラプトン、ショッキング・ブルーなど。LOVE PSYCHEDELICO フレッシュアイペディアより)

  • ジミ・ヘンドリックス

    ジミ・ヘンドリックスから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1966年7月、アニマルズのベーシストだったチャス・チャンドラーに見いだされ、9月に渡英する。チャンドラーにヘンドリックスの情報をもたらしたのは、キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズのギタリスト)の恋人だったリンダ・キースである。ジミ・ヘンドリックス フレッシュアイペディアより)

959件中 31 - 40件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード