741件中 31 - 40件表示
  • カントリーロック

    カントリーロックから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1960年代前半から、ロック、ポピュラー音楽の世界でカントリー・ミュージックの要素を採り入れた作品はあった。ビートルズの『ビートルズ・フォー・セール』(1964年)、ローリング・ストーンズの「ハイ・アンド・ドライ」(1966年)、バッファロー・スプリングフィールドの "Go and Say Goodbye"(1966年)、"Kind Woman"(1968年)などである。カントリーロック フレッシュアイペディアより)

  • ジミ・ヘンドリックス

    ジミ・ヘンドリックスから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1966年7月、アニマルズのベーシストだったチャス・チャンドラーに見いだされ、9月に渡英する。チャンドラーにヘンドリックスの情報をもたらしたのは、キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズのギタリスト)の恋人だったリンダ・キースである。ジミ・ヘンドリックス フレッシュアイペディアより)

  • ロックンロール・サーカス

    ロックンロール・サーカスから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ロックン・ロール・サーカス(The Rolling Stones Rock and Roll Circus)は、1968年に収録されたローリング・ストーンズの伝説的作品、しかし放映されることなく長年お蔵入りになっていた。1996年になってVHSビデオでリリースされ、初めて公に公開された。エリック・クラプトン、ジョン・レノン、ザ・フーなど豪華なゲストが出演している。お蔵入りになっていた理由は、「ストーンズが自分たちの演奏に満足していなかったから」と言われており、完全燃焼には至っていない。もう一つは「ザ・フーの演奏が良すぎた、盛り上がりすぎた」という理由。当時のストーンズは、ブライアン・ジョーンズが脱退直前の時期で、ゴタゴタがあった。一方、ザ・フーは良いコンディションでミニロックオペラ「クイック・ワン」を演奏、ショーを大いに盛り上げた。そのため、当時ミック・ジャガーは「ザ・フーの演奏がカッコよすぎてストーンズと比較されるから発売しないでほしい」と発言。ザ・フーの演奏が終わった瞬間、このショーはもはや「The Whoのロックンロールサーカス」となってしまったと言われた。ロックンロール・サーカス フレッシュアイペディアより)

  • ブートレグ

    ブートレグから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    その2ヵ月後、ローリング・ストーンズのコンサートを収録した『Liver Than You'll Ever Be』がリリースされた。これは1969年のオークランド・コロシアムでのコンサートを収録したもので、真っ白なジャケットにゴム印でタイトルがスタンプされていた。このリリースが正規盤『Get Yer Ya-Ya's Out!』のリリースを促すこととなった。ブートレグ フレッシュアイペディアより)

  • ポカリスエット

    ポカリスエットから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズ、SMAP、DREAMS COME TRUE、JKT48(インドネシア版のみ)ポカリスエット フレッシュアイペディアより)

  • 忌野清志郎

    忌野清志郎から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    忌野のプロデュースイベント「真夜中の雰囲気一発」(新宿シアターアップル)の際に結成した企画バンド。ローリング・ストーンズと、ボブ・ディランの「ローリング・サンダー・レヴュー」を混ぜたもの。泉谷と組んだ初のユニット。忌野清志郎 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ウーマック

    ボビー・ウーマックから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    オハイオ州クリーブランド出身。兄弟達と共にウーマック・ブラザーズというゴスペル・グループで活動していた頃、サム・クックに認められ、サムが主宰するレーベル「SAR Records」と契約。ウーマック・ブラザーズ名義のシングル「Somebody's Wrong」(1961年)はヒットしなかったが、ヴァレンティノスと改名すると、1962年のシングル「ルッキン・フォー・ア・ラヴ」がヒット。1964年のシングル「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ」は、ローリング・ストーンズによるカヴァー・ヴァージョンが全英1位のヒットを記録した他、ロッド・スチュワート等にもカヴァーされた。また、サム・クックのライヴでもギターを弾く。ボビー・ウーマック フレッシュアイペディアより)

  • 山川健一

    山川健一から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1977年(昭和52年)『鏡の中のガラスの船』で群像新人文学賞優秀作受賞。初期(1980年代)の代表作『壜の中のメッセージ』『天使が浮かんでいた』は、ローリング・ストーンズ等のブリティッシュ・ロックの多大な影響を受けている。一方で単車小説も数多く手掛けた(『追憶のルート19』『サザンクロス物語』)。1990年代以降はアップル社のマッキントッシュ・コンピュータに傾倒し、『マッキントッシュ・ハイ』を発表する。マック関連の最新刊は「希望のマッキントッシュ」。また、自動車に関する造詣が深く、イタリアの乗用車、アルファ・ロメオのオーナーであった際には、それに関する著書も出している。この他ポルシェ、ジャガー、レンジローバーに関する書籍も発表している。山川健一 フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・フィンチャー

    デヴィッド・フィンチャーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1986年、ビデオ製作会社「Propaganda Films」を設立。マドンナ、ジョージ・マイケル、エアロスミス、ローリング・ストーンズなどのミュージックビデオや、数多くのCMを手掛けた。デヴィッド・フィンチャー フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1964年にロンドンに戻ると、ロング・ジョン・バルドリーの率いるフーチ・クーチー・メンに加入した。バンドはシングル「グッド・モーニング・リトル・スクールガール」を発表したが、チャート入りしなかった。フーチ・クーチー・メンは、スチュワートとバルドリー、ジュリー・ドリスコル、ブライアン・オーガー、ミッキー・ウォーラー、リック・ブラウンというメンバーでバンド、スティームパケットに発展した。スティームパケットは、1965年夏のローリング・ストーンズとウォーカー・ブラザーズのツアーをサポートし、アルバムを録音し数曲にヴォーカリスト及びコーラスとして参加するが、それはスチュワートが1970年代に成功するまで発表されなかった。スチュワートは、モッド・ムーブメントの後に「ロッド・ザ・モッド」の愛称を得た。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

741件中 31 - 40件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード