959件中 41 - 50件表示
  • ザ・フー

    ザ・フーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ザ・フー(The Who)は、イギリスのロックバンド。ビートルズ、ローリング・ストーンズと並び、イギリスの3大ロックバンドの一つに数えられる。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • 太陽を盗んだ男

    太陽を盗んだ男から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    第2の要求はどうするか思いつかずに迷う誠は、愛聴するラジオのDJ・ゼロこと沢井零子(池上季実子)を巻き込む。多数のリスナーも交えた公開リクエストの結果、誠の決めた第2の要求は「ローリング・ストーンズ日本公演」。これにも従わざるを得ない山下だったが、転機が訪れた。原爆製造設備のため借金したサラ金業者に返済を迫られた誠が、嫌々出した第3の要求「現金5億円」に山下は奮い立つ。現金の受け渡しなら犯人は必ず現れるからだ。電電公社に電話の逆探知時間を強引に短縮させ、罠を仕掛ける山下。逆探知により誠が東急デパートの屋上にから電話をしていることが判明し、東急デパートの出入口を警察が封鎖する。誠は山下に原爆の在り処を教え、持ってきていた5億円を屋上からばら撒くことを指示する。お札が空から降ってきて大騒ぎになっている街の中を誠は逃げ切ることに成功する。太陽を盗んだ男 フレッシュアイペディアより)

  • ライヴエイド

    ライヴエイドから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ミック・ジャガー - ローリング・ストーンズ。バックではダリル・ホールとホール&オーツのバックバンドが演奏した。2曲目の「ミス・ユー」からはジョン・オーツ、エディ・ケンドリックス、デヴィッド・ラフィンがコーラスに入る。ライヴエイド フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・スコセッシ

    マーティン・スコセッシから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ロックの最盛期に青春時代を過ごしたこともあり、ザ・バンド、ローリング・ストーンズ、ヴァン・モリソン、ボブ・ディラン、エリック・クラプトンなどの楽曲をしばしば作中に使用する。1972年、『エルビス・オン・ツアー』の分割画面モンタージュ映像の監督を務めた。その他、ザ・バンドの解散コンサートを撮った『ラスト・ワルツ』、ローリング・ストーンズを撮った『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』などの音楽関係の映像作品も多数手がけた。特に、マイケル・ジャクソンのヒットナンバー『Bad』のミュージック・ビデオは、約16分間の短編映画のような構成となっている。また、映画に関するドキュメンタリーも多数監督している他、古典映画の復元や再公開にも尽力している。マーティン・スコセッシ フレッシュアイペディアより)

  • エリック・クラプトン

    エリック・クラプトンから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    キース・リチャーズ - 半世紀以上に渡っての友人。ローリング・ストーンズのギタリストで中心的人物の一人。ジョージ・ハリスンと共に互いに兄弟と呼ぶ仲でもある。この知己により、ローリング・ストーンズのライヴにたびたびゲスト参加している。また、お互いに幼い息子を亡くすという経験を持っているため、クラプトンのことを気遣い、支えたという。エリック・クラプトン フレッシュアイペディアより)

  • オーティス・レディング

    オーティス・レディングから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1960年代初頭にジョニー・ジェンキンズのパイントッパーズで音楽活動を始め、ソロ・シンガーとして契約後1962年に「These Arms of Mine」を発表(R&Bのチャートで最高位20位、Billboard Hot 100で85位と人気を博す)、この歌をきっかけに1964年スタックス傘下のヴォルトからアルバム『Pain in My Heart』を発表、アメリカ国内でアトランティック・レコードのもとで全国流通を果たす。同年、ブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパーと共同制作した「Mr. Pitiful」は、R&Bシングル・チャートで最高位10位、Billboard Hot 100で41位となるヒットとなった。生前のシングルレコードで最も評判を呼んだのは、ジェリー・バトラーとの「I've Been Loving You Too Long」で、R&Bのシングル・チャートで2位を記録して彼のキャリアの中で最も高い評価を得る作品となり、続く「Respect」(後にアレサ・フランクリンによるカヴァーが大ヒットする)はR&Bチャートで4位を記録した。その後、「I Can't Turn You Loose」、「(I Can't Get No) Satisfaction」(ローリング・ストーンズのカバー)といった曲がヒットして、古いラブ・ソングをリサイクルした「Try a Little Tenderness」は、1966年の代表曲となった。そして、1967年のモントレー・ポップ・フェスティバルに出演して評価を得た。このフェスティヴァル出演後、喉の異変を訴え、ポリープが見つかり医者から2ヶ月間歌う事を禁じられ、後の曲調の変化に大きな影響を与えた。オーティス・レディング フレッシュアイペディアより)

  • オハイオ・スタジアム

    オハイオ・スタジアムから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1996年から1999年には、プロサッカーリーグ・MLSのコロンバス・クルーが本拠地としていた。またコロンバス市内でも有数のコンサート会場としても使用され、過去にローリング・ストーンズやピンク・フロイドら数多くのアーティストがここで公演を行っている。オハイオ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 忌野清志郎

    忌野清志郎から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    RCサクセションの停滞時期に、行き詰まって複雑なコード進行の曲ばかり作ってしまう悪循環に陥っているという反省から、たとえシンプルなコード進行の曲であってもロックのダイナミズムを持つローリング・ストーンズの楽曲研究を重ねた。のちに『RHAPSODY』で結実。RCサクセションのロックバンド化と並行しての作業だったことから、当時のライブパフォーマンスなどにも強い影響を及ぼした。忌野清志郎 フレッシュアイペディアより)

  • ZAZEN BOYS

    ZAZEN BOYSから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ナンバーガール解散後、向井秀徳が自らの求める音楽を実行するために、ナンバーガール時代からの盟友であるドラム、アヒト・イナザワと共に結成。まずこの二人にSEXY JOEなる謎のボーカリスト(その正体はくるりの岸田繁)を迎えた構成で、ローリング・ストーンズのトリビュート盤『IT'S ONLY ROCK'N ROLL (BUT WE LIKE IT LOVE)』に楽曲を提供。その後サポートメンバーとして、ベースに日向秀和(当時ART-SCHOOL、のちにストレイテナー加入)、ギターに吉兼聡(ルミナスオレンジサポートメンバー/元KICK'N THE LIONメンバー)を迎え本格的な活動を開始する。SEXY JOEの一時的な参加にみられるように、当初は向井とイナザワ以外のメンバーは流動的に変わる予定だったが、日向、吉兼とのセッションを経て『何か』を感じた向井はこのメンバーを固定とした。(後述)ZAZEN BOYS フレッシュアイペディアより)

  • サイケデリック・ロック

    サイケデリック・ロックから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    アメリカ合衆国西海岸に始まったサイケデリック・ムーブメントは1967年頃世界中を席巻し、多くのアーティストがこのジャンルの作品を残した。グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレインなどが有名だが、2011年現在プログレッシブ・ロックの代表的なバンドとして知られているピンク・フロイドも、シド・バレットが在籍していた最初期はサイケデリック・ロックだった。既に人気ポップ・バンドの地位を確立していたビートルズも『リボルバー』『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』『イエロー・サブマリン』でこのジャンルを代表する作品を作り、またローリング・ストーンズも『サタニック・マジェスティーズ』で同様の作品を発表した。サイケデリック・ロック フレッシュアイペディアより)

959件中 41 - 50件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード