959件中 51 - 60件表示
  • ジョン・ポール・ゲティ・ジュニア

    ジョン・ポール・ゲティ・ジュニアから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    二番目の妻は、1966年12月10日に結婚したオランダ人の女優、モデル、ファッションリーダーの(1940-1971)。タリサは画家の両親が暮らしていたオランダ領東インドのジャワで生まれ、第二次大戦中に日本が東インド占領した際には、父親がオランダ兵として日本軍の捕虜収容所に収監され、タリサと母親も収容された。1945年に父と別れた母に伴って渡英したが3年後に母親が亡くなったため、ポペット・ジョン(ボヘミアンスタイルを流行らせたことで知られる英国の画家の娘)と再婚していた父親の元に身を寄せ、1960年代にはその美貌とエキゾチックな雰囲気からファッション業界のアイコン的存在となった。1965年にクラウス・フォン・ビューローの紹介でジョン・ポールと知り合い、翌年ローマで挙式した。1969年1月、写真家でイギリス貴族のの撮影により、2人はモロッコのマラケシュに所有する館の屋上で有名な写真を撮った。タリサは壁に凭れてしゃがみ込み、夫のジョン・ポールは背後でフードを被りサングラスをしている。これはアメリカ版のヴォーグ誌に掲載され、更に同誌の1999年9月号に再掲され、ロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラリーにも展示された。このころジョン・ポールは家業も疎かに夫婦でドラッグに耽り、ローリング・ストーンズやビートルズら有名人に囲まれパーティに明け暮れていた。モロッコでの写真撮影の2年半後の1971年7月14日、タリサはヘロインの服用過多で死去した。タリサが残した息子タラ・ガブリエル・ギャラクシー・グラモフォン・ゲティ(1968年6月 - )は、アフリカの生態環境保護論者である。ジョン・ポール・ゲティ・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • THE YELLOW MONKEY

    THE YELLOW MONKEYから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    バンド名の「イエローモンキー」とは、主に西洋圏で使用される東洋人に対する蔑称である。吉井が自身のイニシャルである「Y」から始まる英語を辞書で探していたことがきっかけで、「ダサくてシニカルな名前にしたい」と考えていた吉井によって、結成前に発案されていたという。また、その名称からローリング・ストーンズがバンド名を初めて聞いた際、「すげえ名前だな。絶対忘れねえ」と語ったエピソードもある。THE YELLOW MONKEY フレッシュアイペディアより)

  • 1943年

    1943年から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    7月26日 - ミック・ジャガー、ミュージシャン(ローリング・ストーンズ1943年 フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1964年にロンドンに戻ると、ロング・ジョン・バルドリーの率いるフーチ・クーチー・メンに加入した。バンドはシングル「グッド・モーニング・リトル・スクールガール」を発表したが、チャート入りしなかった。フーチ・クーチー・メンは、スチュワートとバルドリー、ジュリー・ドリスコル、ブライアン・オーガーらがメンバーで、のちにスティームパケットに発展した。スティームパケットは、1965年夏のローリング・ストーンズとウォーカー・ブラザーズのツアーをサポートし、アルバムを録音し数曲にヴォーカリスト及びコーラスとして参加するが、それはスチュワートが1970年代に成功するまで発表されなかった。モッド・ムーブメントの後に「ロッド・ザ・モッド」の愛称を得た。ロッド・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • ビューティ

    ビューティから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    元ビーチボーイズのブライアン・ウィルソン、元ザ・バンドのロビー・ロバートソン、元ソフト・マシーンのロバート・ワイアット、ユッスー・ンドゥール、アート・リンゼイ等、多数の多彩なゲスト・ミュージシャンを迎えて制作された。沖縄民謡2曲、ローリング・ストーンズの「ウィー・ラヴ・ユー」、フォスターの「ロマンス」、サミュエル・バーバーの「アダージョ」と収録曲の約半分(11曲中5曲)がカヴァー曲であることも特徴。ビューティ フレッシュアイペディアより)

  • 布袋寅泰

    布袋寅泰から見たローリングストーンズローリング・ストーンズ

    2014年3月6日、ローリングストーンズの『14 ON FIRE JAPAN TOUR』東京ドーム公演に、バンド側からオファーを受けゲストとして出演。「RESPECTABLE」で共演を果たした。布袋寅泰 フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・フィンチャー

    デヴィッド・フィンチャーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1986年、ビデオ製作会社「Propaganda Films」を設立。マドンナ、ジョージ・マイケル、エアロスミス、ローリング・ストーンズなどのミュージックビデオや、数多くのCMを手掛けた。デヴィッド・フィンチャー フレッシュアイペディアより)

  • チャーリー・ワッツ

    チャーリー・ワッツから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    チャールズ・ロバート“チャーリー”ワッツ(Charles Robert "Charlie" Watts, 1941年6月2日 - )は、イギリスのミュージシャン。ロックバンド、ローリング・ストーンズのドラマー。ジャズ好きでジャズ・アルバムも発表している。チャーリー・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • Superfly

    Superflyから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    越智志帆と多保孝一が松山大学の軽音楽サークルを通じて知り合い、新入生と上級生が一緒にバンドを組んで演奏した新入生歓迎ライブをきっかけに「フィソガー5」というコピーバンドを始める。当時は、遊びでフィンガー5や忌野清志郎からマドンナやザ・クラッシュ、ローリング・ストーンズまで、ジャンルも関係なくカバーして演奏しており、それがのちのSuperflyの原型になった。Superfly フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ディラン

    ボブ・ディランから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1964年頃からマリファナなどのドラッグの影響からか、コンサートやレコーディングでも少し酔っ払ったような状態になっていた。ビートルズやローリング・ストーンズをはじめイギリスのミュージシャンとの交流が芽生えたのもこの時期で、中期以降のビートルズがドラッグ体験をモチーフにした曲を多く残したのは、ディランと関わったのがきっかけとされている。なかでも1965年頃のジョン・レノンが熱病のごとく傾倒し、作風から精神面、スタイルに至るまでディランに触発された(例:1、2)。またジョージ・ハリスンとは後に生涯にわたる友情を築くこととなる。ボブ・ディラン フレッシュアイペディアより)

959件中 51 - 60件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード