741件中 61 - 70件表示
  • レインボウズ (バンド)

    レインボウズ (バンド)から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ギターを背面弾きしたり、肩車をしながら演奏するなどコミカルなステージを繰り広げた。アイドル的な人気もあり、1966年のドイツの音楽雑誌の若者による人気投票では、ビートルズ、ローリング・ストーンズに次いで第3位だった。レインボウズ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • オネスト・アイ・ドゥ

    オネスト・アイ・ドゥから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズがカバーしており、彼らの1964年のファースト・アルバム「ザ・ローリング・ストーンズ」に収録された。彼らには多くのアイドルがいたが、ジミー・リードもそんなひとり。なお、ストーンズはレコード化こそしていないが、1962?64年頃にかけてジミー・リード作品をレパートリーにしてきた。また、1960年には"Gee Whiz"で知られるイノセンツも取り上げ、ポップ・チャート28位のヒットとなっている。オネスト・アイ・ドゥ フレッシュアイペディアより)

  • スクリーミング菩薩D.J.

    スクリーミング菩薩D.J.から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    MINATOが大ファンだったローリング・ストーンズとブラック・サバスを合わせた曲。後にアメリカのインディレーベルSYMPATHY FOR THE RECORD INDUSTRYからシングルとしてリリースされた。スクリーミング菩薩D.J. フレッシュアイペディアより)

  • ユーゴトン

    ユーゴトンから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ユーゴトンは1947年に創設された。ユーゴトンからは、ユーゴスラビアのロック、ポップスを代表する多くのアーティストたちの作品を発売してきた。同レーベルからは、ビイェロ・ドゥグメ(Bijelo Dugme)、アズラ(Azra)、エレクトリチュニ・オルガザム(Električni Orgazam)、イドリ(Idoli)、ハウストル(Haustor)、プラヴィ・オルケスタル(Plavi orkestar)、レブ・イ・ソル(Leb i Sol)のアルバムや、『Paket Aranžman』などの重要なコンピレーション・アルバムが発売された。また、ユーゴトンはユーゴスラビア国外の国際的に活躍するアーティストたちの作品をユーゴスラビア国内で販売するライセンスも得ており、ビートルズ、エルヴィス・プレスリー、ローリング・ストーンズ、マドンナ、U2、デヴィッド・ボウイ、ユーリズミックス、ケイト・ブッシュ、パブリック・イメージ・リミテッド、クラフトワーク、クイーン、ディープ・パープル、ピンク・フロイド、アイアン・メイデンなどのアルバムが同レーベルから販売された。加えて、ユーゴトンはユーゴスラビア連邦全域に及ぶレコード販売網を持っていた。ユーゴトン フレッシュアイペディアより)

  • THE ROOSTERS (アルバム)

    THE ROOSTERS (アルバム)から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    カバー曲とオリジナル曲からなり、1曲目の「テキーラ」はチャンプス、3曲目の「カモン・エヴリバディー」はエディ・コクランのカバー。4曲目の「モナ(アイ・ニード・ユー・ベイビー)」の原曲はボ・ディドリーで、ローリング・ストーンズのカバーでも知られる。THE ROOSTERS (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 中江昌彦

    中江昌彦から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    キース・リチャーズ彼こそローリング・ストーンズ バーバラ・シャロン 野間けい子共訳 CBS・ソニー出版 1983.4 のち文庫 中江昌彦 フレッシュアイペディアより)

  • 八野英史

    八野英史から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    高校三年生から大学一年生にかけて、ローリング・ストーンズをはじめとする「R&Bに影響を受けたイギリスのグループに狂った」。特に高三の頃は、『ジャンピング・ジャック・フラッシュ』のビデオを何百回と見ては、ミック・ジャガーの口の開け方や腕の伸ばし方、足の運び等の動きを必死でコピーしていた、という。八野英史 フレッシュアイペディアより)

  • ダーティ・ワーク (小説)

    ダーティ・ワーク (小説)から見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ダーティ・ワークは糸山秋子の小説。短編集ともいえるが、各短編集に繋がりがあるので、長編、または連作集とも言える。各篇ともローリング・ストーンズの曲はタイトルにしている。ダーティ・ワーク (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ヘラコプターズ

    ヘラコプターズから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    1994年結成。当時エントゥームドのドラマーだったニッケ・アンデションのサイド・プロジェクトとしてスタートしたが、本業のエントゥームドが契約問題でゴタゴタしてきたのと、他のメンバーとの音楽性のずれから脱退。その間ヘラコプターズの方は1st,2ndと順調にステップ・アップしていき、結成当時からのサポート・メンバーのボバが正式加入したが、ここでギターのドレゲンがバックヤードベイビーズに専念するため脱退。一時的にチャック・パウンダーやマティアス・ヘルベリィをギターにしツアーをしのぐ。1999年に入り、ロバート・ダールクヴィストが加入。ここで現在(2006年)のラインナップが揃う。主な競演バンドとして、ローリング・ストーンズ、キッス、フー・ファイターズ、ハイヴス、ダットサンズ、サウンドトラック・オブ・アワー・ライブス、ケント、ウェイン・クレーマー、モンスター・マグネットなど。意外なところで、あのベックと競演している。ヘラコプターズ フレッシュアイペディアより)

  • ミッドナイトランブラー

    ミッドナイトランブラーから見たローリング・ストーンズローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズ - ミッドナイトランブラーミッドナイトランブラー フレッシュアイペディアより)

741件中 61 - 70件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード