235件中 11 - 20件表示
  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たビル・ワイマン

    ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) は、1962年4月にロンドンでブライアン・ジョーンズ(ギター、ハーモニカ)、イアン・スチュワート(ピアノ)、ミック・ジャガー(リードヴォーカル、ハーモニカ)、キース・リチャーズ(ギター、ボーカル)によって結成されたイギリスのロックバンド。ベーシストのビル・ワイマンとドラマーのチャーリー・ワッツが間もなく参加した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たスティング (ミュージシャン)

    1993年1月のワイマン脱退後、ストーンズはヴァージン・レコードと契約し、ライブアルバム3枚を除く『スティッキー・フィンガーズ』から『スティール・ホィールズ』までの旧譜をリマスターの上再発、コンピレーション『ジャンプ・バック』(イギリス16位; アメリカ30位)をリリースした。1993年までにストーンズは次のスタジオアルバムの製作に入った。マイルス・デイヴィスおよびスティングのサイドマンを務めたダリル・ジョーンズがワイマンの代わりとしてチャーリー・ワッツによって選ばれ、『ヴードゥー・ラウンジ』のレコーディングに参加した。同アルバムはイギリスで1位、アメリカで2位を獲得し、高評価および高売り上げを達成、アメリカでダブル・プラチナを獲得した。ワイマンが脱退した反動からか、ベースを中心とした低音重視の音作りをしており、曲調も新人バンドに戻ったような瑞々しさのある曲が多く、評論家はアルバムの「トラディショナリスト」な音に注目した。これは新たなプロデューサーのドン・ウォズに依るところが大きかった。同作は1995年のグラミー賞ベストロックアルバムを獲得した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たエアロスミス

    ロック草創期の1960年代前半から現在まで半世紀近く、1度も解散することなく第一線で創作を続ける、ロックの代名詞的な存在である。エアロスミスやガンズ・アンド・ローゼズ、オアシスなど、ローリング・ストーンズを崇拝するアーティストは数知れない。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たボブ・ディラン

    アルバムの発売に伴い、1994年から95年にかけてヴードゥー・ラウンジ・ツアーが実施された。様々なコンサートおよびリハーサルからの録音(多くはアコースティックナンバー)が編集され、『ストリップド』(イギリス9位; アメリカ9位)がリリースされた。同作ではボブ・ディランのカヴァー「ライク・ア・ローリング・ストーン」がフィーチャーされ、それまでライブではあまり演奏されなかった「シャイン・ア・ライト」、「スウィート・バージニア」、「クモとハエ」といった曲が収められた。1994年9月8日、ストーンズはニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールでMTVビデオ・ミュージック・アワーズに出演、「ラヴ・イズ・ストロング」と「スタート・ミー・アップ」を演奏した。バンドは授賞式でライフタイム・アーカイヴメント賞を受賞した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たデヴィッド・ボウイ

    1985年6月、ミックはデヴィッド・ボウイと共に「ダンシング・イン・ザ・ストリート」を録音、プロモーションビデオを撮影した。これはライヴエイドのチャリティ・ムーブメントの一環として行われた物であった。これはミックの最初のソロ・パフォーマンスの一つで、同シングルはイギリスで1位、アメリカで7位を獲得した。1985年12月、バンドの共同設立者でありキーボードを担当していたイアン・スチュアートが心臓発作により死去した。47歳であった。バンドは1986年2月、グラミー賞、ライフタイム・アチーブメント賞を受賞する2日前ににロンドンの100クラブでプライベートの追悼コンサートを行った。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たアンジェリーナ・ジョリー

    ストーンズの90年代を締めくくった『ブリッジズ・トゥ・バビロン』(イギリス6位; アメリカ3位)は1997年にリリースされ、賛否両論の評価を得た。シングルカットされた「エニバディ・シーン・マイ・ベイビー? 」 のプロモーションビデオにはアンジェリーナ・ジョリーがゲスト出演し、MTVとVH1で何度も放送された。また、同年11月にリリースされたB.B.キングのアルバム『デューシズ・ワイルド』に収録された「ペイング・ザ・コスト・トゥ・ビー・ザ・ボス」のレコーディングには、ストーンズのメンバー全4人とサポート・メンバーのダリル・ジョーンズが参加した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たエリック・クラプトン

    2006年、北朝鮮の金正日の息子・金正哲が招請したエリック・クラプトンコンサートの平壌開催が実現しなかったため、韓国側からローリングストーンズの平壌公演が打診され、メンバーも開催に肯定的だったとされた。しかし、北朝鮮側から逆に「退廃的すぎる」とされて実現しなかったと伝えられた。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たマーティン・スコセッシ

    マーティン・スコセッシが2006年10月29日と11月1日のニューヨーク、ビーコン・シアターでのライブを撮影し、ドキュメンタリー映画「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」として公開された。同作にはゲストとしてバディ・ガイ、ジャック・ホワイト、クリスティーナ・アギレラが出演している。映画のサントラ盤『シャイン・ア・ライト』は2008年4月にリリースされ、イギリスで2位、アメリカで11位を達成した。これはストーンズのライブ盤として、1970年の『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト』以来の高順位であった。ビーコン・シアターでのショーではアトランティック・レコード元会長のアーメット・アーティガンがステージ裏で転倒、頭部を強打し2週間後に死亡した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たオアシス (バンド)

    ロック草創期の1960年代前半から現在まで半世紀近く、1度も解散することなく第一線で創作を続ける、ロックの代名詞的な存在である。エアロスミスやガンズ・アンド・ローゼズ、オアシスなど、ローリング・ストーンズを崇拝するアーティストは数知れない。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たロッド・スチュワート

    ロニーはすでにキースとレコーディングを行ったりライブを行ったりしており、「イッツ・オンリー・ロックンロール」の作曲およびレコーディングに貢献していた。彼はミックのオファーをフェイセズとの絆を理由に断っており、「それは本当に俺にとって重要だった。」と語っている。ロニーはストーンズの75年北米ツアーに参加すると公約した。彼は結局ストーンズに正式加入したが、それはロッド・スチュワートがフェイセズを正式脱退し解散したことを受けてであって、諸説はありながらもこの時点を「ロンのローリング・ストーンズの加入」とする説が一般的である。他のストーンズのメンバーとは異なり、およそ20年後にビルが脱退するまでバンドからサラリーを受ける立場であった。ビルの脱退後、ロンは(バンドの収益面でも)ストーンズの正式メンバーとなった。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

235件中 11 - 20件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード