235件中 31 - 40件表示
  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たベスト・バイ

    2003年11月9日、バンドは香港ハーバーフェストの一環として香港における最初のコンサートを行った。同月に4枚組DVDセット『フォー・フリックス』をリリース。バンドはこれを独占的に販売する権利をベスト・バイに与え、それを受けていくつかのカナダとアメリカにおける小売店(HMVカナダとサーキット・シティー・ストアーズを含む)ではストーンズのCDとグッズが棚から撤去され、事情を説明する札が掲示された。12月12日、ミックはバッキンガム宮殿においてチャールズ皇太子からナイトの称号を授与された。2004年にはリックス・ツアーの模様を収めた2枚組アルバム『ライヴ・リックス』(イギリス38位; アメリカ50位)がリリースされ、アメリカでゴールドアルバムを獲得した。2004年11月にはイギリス音楽の殿堂入りの候補となった。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たサン・マイクロシステムズ

    ストーンズはインターネット上でコンサートを中継放送した最初のメジャーアーティストであった。1994年11月18日に20分間のビデオがMboneを使用して、1秒間当たり10フレームで放送された。放送はThinking Picturesが技術を担当し、サン・マイクロシステムズが出資して行われた。この放送はストリーミング・ビデオの最初のデモンストレーションの1つであり、本当のネット配信ではなかったが、多くの技術が紹介された。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たアンドリュー・ルーグ・オールダム

    ビートルズのパブリシストであったアンドリュー・ルーグ・オールダムがバンドのマネージャーに就任したが彼は19歳とバンドのメンバーより若く、エージェントのライセンスを取得するのが不可能であった。従って、オールダムの母が息子に代わってサインをし、オールダムとベテランのブッキング・エージェントであるエリック・イーストンの間の協力関係が築かれた。ゴメルスキーはバンドとの契約書を交わしておらず、オールダムがマネージャーになることは相談されなかった。オールダムはバンド名の綴りを "The Rollin' Stones" から "The Rolling Stones" へ変え、リチャーズの姓も「もっとポップに見えるから」と「リチャード」と変えさせた。スチュワートはオールダムの構想に合わず、ワイマンによれば「かわいくてやせっぽちの長髪の少年は1963年5月にメンバーから外されロードマネージャーとなり、1985年に死ぬまでバンドのピアニストを担当した。」とのことであった。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たチャック・リーヴェル

    結成当初のリーダーはジョーンズであったが、後にジャガーとリチャーズがコンビで作曲を行いグループをリードするようになった。1969年、ジョーンズは体調不良と法律問題のためバンドへの貢献が減少しツアーへの参加もできなくなり、バンドを脱退、その3週間後にプールで溺死した。ジョーンズの後任としてミック・テイラーが加入、1974年に脱退するまで活動を続けた。その後、ロン・ウッドが加入する。ワイマンは、1993年にバンドを脱退、後任としてダリル・ジョーンズがベースを担当するようになるが、正式メンバーとしては加入していない。スチュワートは、1963年に公式メンバーから外されるが、バンドのロードマネージャーを続け、1985年に死去するまでピアニストとしてツアーやレコーディングに参加した。1982年以降は、チャック・リーヴェルがバンドのキーボードを担当している。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たイアン・マクレガン

    1979年4月、裁判所の命令に従ってチャリティ・コンサートをオシャワ・ホールで開く。ニュー・バーバリアンズはよくキースがリーダーだと誤報されているが、あくまでロンがリーダーである。メディアがこぞってキースに注目したためと思われる。バーバリアンズは5月いっぱいまで全米ツアーを行っている。メンバーはロン(ヴォーカル&ギター)、キース(ギター&ヴォーカル)、イアン・マクレガン(キーボード&ピアノ)、スタンリー・クラーク(ベース)、ジョセフ・モデリステ(ドラムス)、ボビー・キーズ(サックス)。 このツアーの模様は、ロンが設立したレコード会社よりライヴ・アルバム(L.A.公演のもの)として2006年になってようやく日の目を見た。 また、ロンはこのバンドで日本に行くことも考えたという。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たチャック・ベリー

    1950年代初め、キース・リチャーズとミック・ジャガーは幼なじみでであり、双方の一家が引っ越すまでダートフォードのウェントワース・プライマリースクールでの級友であった。1960年、シドカップ・アートカレッジの学生であったリチャーズとロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの学生であったジャガーがダートフォード駅で再会する。ジャガーが持っていたチャック・ベリーとマディ・ウォーターズのレコードで、お互いの興味が明らかになって友情が復活し、ディック・テイラー(後にのメンバーとなる)を加えてのバンド「リトル・ボーイ・ブルー・アンド・ザ・ブルー・ボーイズ」結成につながる。3人はアーリング・ジャズクラブでアレクシス・コーナーの「ブルース・インコーポレイテッド」のステージにゲスト出演していたブライアン・ジョーンズのスライドギターを目の当たりにして衝撃を受ける。ブルース・インコーポレイテッドには後にストーンズのメンバーとなるイアン・スチュワートとチャーリー・ワッツも参加していた。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たジェフ・ベック

    1975年にストーンズはテイラーの後任ギタリストを探すためにミュンヘンでのレコーディングセッションを行い、数名のギタリストを招待しオーディションを行った。このセッションは後に「グレイト・ギタリスト・ハント」と呼ばれた。セッションに招待されたギタリストは、後にメンバーとなるロン・ウッドの他、ハンブル・パイのリードギタリストであったピーター・フランプトン、ヤードバーズのジェフ・ベック、ロリー・ギャラガー、ウエイン・パーキンス、ハービィ・マンデルなどがいた。(ベックとギャラガーは後にセッションがオーディションとして行われていたことを知らなかったと語っている。また、彼らは決して加入に同意しなかったろうとも語っている。)シュギー・オーティスもこのセッションに参加したが加入には至らなかった。パーキンスとマンデルのプレイは『ブラック・アンド・ブルー』(イギリス2位;アメリカ1位)に収められた。しかしながらキースとミックはストーンズを純粋なブリティッシュバンドのままにしておきたかった。ロニーがオーディションを受けると、皆が彼を正しい選択であると同意した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たブライアン・ジョーンズ

    ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) は、1962年4月にロンドンでブライアン・ジョーンズ(ギター、ハーモニカ)、イアン・スチュワート(ピアノ)、ミック・ジャガー(リードヴォーカル、ハーモニカ)、キース・リチャーズ(ギター、ボーカル)によって結成されたイギリスのロックバンド。ベーシストのビル・ワイマンとドラマーのチャーリー・ワッツが間もなく参加した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たグラミー賞

    1985年6月、ミックはデヴィッド・ボウイと共に「ダンシング・イン・ザ・ストリート」を録音、プロモーションビデオを撮影した。これはライヴエイドのチャリティ・ムーブメントの一環として行われた物であった。これはミックの最初のソロ・パフォーマンスの一つで、同シングルはイギリスで1位、アメリカで7位を獲得した。1985年12月、バンドの共同設立者でありキーボードを担当していたイアン・スチュアートが心臓発作により死去した。47歳であった。バンドは1986年2月、グラミー賞、ライフタイム・アチーブメント賞を受賞する2日前ににロンドンの100クラブでプライベートの追悼コンサートを行った。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たナイト

    2003年11月9日、バンドは香港ハーバーフェストの一環として香港における最初のコンサートを行った。同月に4枚組DVDセット『フォー・フリックス』をリリース。バンドはこれを独占的に販売する権利をベスト・バイに与え、それを受けていくつかのカナダとアメリカにおける小売店(HMVカナダとサーキット・シティー・ストアーズを含む)ではストーンズのCDとグッズが棚から撤去され、事情を説明する札が掲示された。12月12日、ミックはバッキンガム宮殿においてチャールズ皇太子からナイトの称号を授与された。2004年にはリックス・ツアーの模様を収めた2枚組アルバム『ライヴ・リックス』(イギリス38位; アメリカ50位)がリリースされ、アメリカでゴールドアルバムを獲得した。2004年11月にはイギリス音楽の殿堂入りの候補となった。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

235件中 31 - 40件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード