329件中 61 - 70件表示
  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たフローレンス・ウェルチ

    2012年11月より、『50&Couning Tour』をスタート。各公演にゲストを招いており、ビル・ワイマン、ミック・テイラー、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ブルース・スプリングスティーン、ジョン・メイヤー、デイヴ・グロール、ウィン・バトラー、フローレンス・ウェルチ、レディー・ガガらが参加している。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たプライマル・スクリーム

    1960年代前半から現在まで半世紀以上、1度も解散することなく第一線で活躍を続ける、ロック界の有名バンドである。エアロスミスやプライマル・スクリーム、日本の萩原健一とテンプターズやRCサクセションなど、ローリング・ストーンズに影響を受けたアーティストは数多く存在する。ストーンズは労働者バンドというイメージが強いが、実際は違う。ミック・ジャガーとブライアン・ジョーンズは中流階級の出身である。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たホリーズ

    デビューシングル、チャック・ベリーのカバーである「カム・オン」は1963年6月7日にリリースされた。ストーンズは同曲をライブで演奏するのを拒否し、デッカは宣伝の広告看板を1枚だけ買い上げた。オールダムの指示でファンクラブの会員がシングルを購入し、「カム・オン」はイギリスのシングルチャートで21位に上昇した。シングルがチャートインしたことでバンドはロンドンの外で演奏する機会が与えられ、7月13日にミドルズブラのアウトルック・クラブでホリーズと共演することとなる。その年の後半にオールダムとイーストンは、ボ・ディドリー、リトル・リチャード、エヴァリー・ブラザースといったアメリカのミュージシャン達をサポートする初のUKツアーを計画した。この1963年秋のツアーは経験の少ないバンドにとってステージの「トレーニンググラウンド」となった。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たエド・サリヴァン

    1964年にリリースされた『T.A.M.I.ショー』ではジェームス・ブラウン & ザ・フェイマス・フレームスに続いて収録された。ミックは2003年に「俺たちは実際にはジェームス・ブラウンの後には演奏していないよ。なぜならそれぞれのセクションの撮影の間には1時間の間があったからなんだ。それにもかかわらず、彼はそのことにすごくイライラしていた...」と語っている。10月25日にバンドは「エド・サリヴァン・ショー」に出演した。その際に巻き起こした騒動で、サリヴァンは以降彼らの出演を禁止したが、後に再び出演している。アメリカでのセカンドアルバム『12×5』はこのツアーの間にリリースされている。本作もファーストアルバム同様に大半の曲がカバーであったが、オリジナル曲も増加した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たピート・タウンゼント

    1967年の前半、ミック、キース、ブライアンは気晴らしで始めた麻薬に対して「ニュース・オブ・ザ・ワールド」紙が「Pop Stars and Drugs: Facts That Will Shock You」と題した3部構成の記事を発表した後、当局による摘発を受ける。記事ではザ・フーのピート・タウンゼントやクリームのジンジャー・ベイカーらが参加したムーディー・ブルースが主催したLSDパーティについて述べ、トップスター達が薬物を使用していることを暴露した。最初の記事ではドノヴァンがターゲットにされ(すぐ後に摘発され罰金刑を受ける)、第2回(2月5日発行)でストーンズがターゲットにされた。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たジョン・キーツ

    ストーンズはブライアンの死から2日後となる7月5日に、ロンドンのハイド・パークにあるブラックヒル・エンタープライズの無料コンサートで演奏を行う予定だった。彼らはブライアンの追悼としてコンサートを行うことに決めた。ブライアンの後任となる新ギタリストはジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズ出身のミック・テイラーに決定し、テイラーとの最初のコンサートは、推定250,000人のファンの前で行われた。演奏はグラナダテレビの制作チームによって撮影され、イギリスでは『ストーンズ・イン・ザ・パーク』として放映された。ミックはパーシー・ビッシュ・シェリーが友人ジョン・キーツの死を悼んで書いた詩「」からの一節を朗読した。彼らはブライアンの記憶の中で何千匹もの蝶を放った。ショーのオープニングではジョニー・ウィンターの「アイム・ユアーズ・アンド・アイム・ハーズ」が演奏された。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たマイケル・クーパー

    このように、『サタニック・マジェスティーズ』はストーンズが自らプロデュースした最初のアルバムとなった。そのサイケデリックなサウンドはカバーアートで補完され、マイケル・クーパーによる3D写真が貼り付けられた。クーパーは『サージェント・ペパー』のカバー写真も担当していた。ビル・ワイマンの「イン・アナザー・ランド」はシングルカットもされたが、これはミックがリードを歌わなかった初の曲となった。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たディーン・マーティン

    1964年6月に行われた最初のUSツアーは、ビル・ワイマンによれば「災害」であった。「俺たちが到着したとき、俺たちにはそこでのヒットレコードもその他の物も持っていなかった。」ツアーはそのほとんどがガラガラという状況であったが、ストーンズは積極的にメディアへの露出・ライヴ活動を行った。ディーン・マーティンのバラエティショー「ザ・ハリウッド・パレス」では、マーティンはバンドの演奏と髪型をからかった。このツアーの間にバンドはシカゴのチェス・スタジオで2日間のレコーディングを行い、マディ・ウォーターズを含む多くのミュージシャンから大きな影響を受けている。これらのセッションで録音された曲には、初のイギリスナンバー1となったボビー・ウーマックのカバー、「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ」も含まれた。アメリカでの成功が本格化していない頃、本国イギリスならびにヨーロッパではすでに人気が高まっており、イギリスではファーストアルバムが12週連続No.1に輝いている。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たタジ・マハール

    1968年末には『ロックンロール・サーカス』の撮影が行われた。同作にはジョン・レノン、オノ・ヨーコ、ザ・ダーティ・マック、ザ・フー、ジェスロ・タル、マリアンヌ・フェイスフル、タジ・マハールらが出演した。映像は28年間にわたって公開されなかったが、最終的に1996年に正式にリリースされた。2004年10月にはDVD版がリリースされた。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たバディ・ホリー

    このツアーの間にストーンズはセカンドシングル、「彼氏になりたい」を録音した。この曲はレノン・マッカートニーによるもので、イギリスで12位を達成した。3枚目のシングル、バディ・ホリーの「ノット・フェイド・アウェイ」は、1964年2月にリリースされ、3位を記録した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

329件中 61 - 70件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード