235件中 71 - 80件表示
  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たカリフォルニア州

    同年12月6日:秋から始まった久々の全米ツアー最終公演にカリフォルニア州オルタモント・スピードウェイで行われたラヴ&ピースというテーマのもと行われたフリーコンサートで、警備に雇った暴走族ヘルズ・エンジェルスが観客の黒人青年(メレディス・ハンター)を刺殺するという惨劇が起こる。「オルタモントの悲劇」である。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たイラク戦争

    収録曲「スウィート・ネオ・コン」は、ミックによるアメリカのネオコンに対する批判が含まれた。伝えられるところによると、同曲はキースの反対によりアルバムから削除されるところであった。彼はイラク戦争批判のために論争に巻き込まれたディクシー・チックスのようになるのを恐れたのかと尋ねられ、アルバムが来るのが先だと答え、「俺はすこしの政治的な『コップの中の嵐』によって脇に逸らされたくない。」と発言した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たロンドン

    ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) は、1962年4月にロンドンでブライアン・ジョーンズ(ギター、ハーモニカ)、イアン・スチュワート(ピアノ)、ミック・ジャガー(リードヴォーカル、ハーモニカ)、キース・リチャーズ(ギター、ボーカル)によって結成されたイギリスのロックバンド。ベーシストのビル・ワイマンとドラマーのチャーリー・ワッツが間もなく参加した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たアメリカ同時多発テロ事件

    ミック・ジャガーは2001年後半に4枚目のソロ・アルバム『ゴッデス・イン・ザ・ドアウェイ』(イギリス44位; アメリカ39位)をリリースしたが、賛否両論の批評を受けた。アメリカ同時多発テロ事件の一ヶ月後、ミックとキースは「」に出演、バックバンドと共に「地の塩」と「ミス・ユー」を演奏した。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たブエノスアイレス

    2007年3月24日にバンドはヨーロッパ・ツアー「ビガー・バン2007」を発表した。2007年6月12日に4枚組DVD『ザ・ビッゲスト・バン』がリリースされた。同作は7時間に及ぶドキュメンタリーで、オースティン、リオデジャネイロ、埼玉、上海、ブエノスアイレスでのコンサートが収められた。6月10日にバンドはワイト島でのコンサートを行い、65,000人を動員した。8月26日、ツアー最終公演がロンドンのO2アリーナで行われた。ストーンズはツアー全体で5億5800万ドルの収益を上げ、ギネス世界記録に申請したことが発表された。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たリオデジャネイロ

    アルバム発表に伴った「ア・ビガー・バン・ツアー」は2005年8月に始まり、北米、南米、東アジアで行われた。2006年2月、バンドはミシガン州デトロイトで行われた第40回スーパーボウルのハーフタイムでライブを行った。2005年末までにツアーの収益は1億6200万ドルを記録し、ストーンズ自身が1994年に記録した北米における最高収益を更新した。2006年2月18日にはリオデジャネイロのコパカバーナ・ビーチで無料コンサートを行い、150万人の観客動員となった。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見た重症急性呼吸器症候群

    2002年、バンドは結成40周年を記念した2枚組のベスト・アルバム『フォーティ・リックス』(イギリス2位; アメリカ2位)をリリースした。同作には新曲4曲が収録され、世界中で700万枚以上を売り上げた。同年、Q誌の「死ぬ前に見るべき50のバンド」の一つに選出された。また、2002年から2003年にかけてフォーティ・リックス・ツアーが行われ、人々は死ぬ前に見るチャンスが与えられた。このツアーは小劇場やアリーナ、スタジアムでのコンサートが行われた。カナダのトロントでは「to help the city」と掲げたコンサートがモルソン・カナディアン・ロックス・フォー・トロントで行われ、SARSの流行で打撃を受けた都市に対する支援となった。バンドがトロントでコンサートを行ったのはスティール・ホイールズ・ツアーのリハーサル以来であった。コンサートは約49万人が動員された。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見た上海

    2007年3月24日にバンドはヨーロッパ・ツアー「ビガー・バン2007」を発表した。2007年6月12日に4枚組DVD『ザ・ビッゲスト・バン』がリリースされた。同作は7時間に及ぶドキュメンタリーで、オースティン、リオデジャネイロ、埼玉、上海、ブエノスアイレスでのコンサートが収められた。6月10日にバンドはワイト島でのコンサートを行い、65,000人を動員した。8月26日、ツアー最終公演がロンドンのO2アリーナで行われた。ストーンズはツアー全体で5億5800万ドルの収益を上げ、ギネス世界記録に申請したことが発表された。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たギター

    1968年:プロデューサーにジミー・ミラーを迎え、製作されたアルバム『ベガーズ・バンケット』を発表。このアルバムの冒頭に収められたナンバー「悪魔を憐れむ歌」は、「歌詞が神を冒涜している」という宗教団体からの抗議が起こり、このアルバムが大量に燃やされるという事件があった。このナンバーのレコーディング風景はジャン=リュック・ゴダール監督によって『ワン・プラス・ワン』というタイトルの音楽映画として記録されている。しかし、このアルバム自体はとても充実したセッションであったことが後年メンバーに語られており、オープン・チューニングによるギターリフが印象的な楽曲「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」が録音・発売され大ヒットを記録している。同曲はアルバムにこそ収められてはいないが、このアルバムセッションの際に生まれたナンバーである。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たギネス世界記録

    2007年3月24日にバンドはヨーロッパ・ツアー「ビガー・バン2007」を発表した。2007年6月12日に4枚組DVD『ザ・ビッゲスト・バン』がリリースされた。同作は7時間に及ぶドキュメンタリーで、オースティン、リオデジャネイロ、埼玉、上海、ブエノスアイレスでのコンサートが収められた。6月10日にバンドはワイト島でのコンサートを行い、65,000人を動員した。8月26日、ツアー最終公演がロンドンのO2アリーナで行われた。ストーンズはツアー全体で5億5800万ドルの収益を上げ、ギネス世界記録に申請したことが発表された。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

235件中 71 - 80件表示

「ローリング・ストーンズ」のニューストピックワード