前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
571件中 1 - 10件表示
  • マイカ・オーウィングス

    マイカ・オーウィングスから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    マイカ・オーウィングス(Micah Burton Owings , 1982年9月28日 - )は、MLBワシントン・ナショナルズ傘下に所属する投手。右投右打。アメリカ合衆国ジョージア州ゲインズビル出身。マイカ・オーウィングス フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    スティーブン・ジェームズ・ストラスバーグ(Stephen James Strasburg, 1988年7月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。ワシントン・ナショナルズに所属している。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    メジャーリーグベースボール(以下、MLB)は、ナショナルリーグとアメリカンリーグの2リーグからなり、アメリカ合衆国に本拠地を置く29球団とカナダに本拠地を置く1チームの全30球団から構成されている。各チームはリーグごとに東地区、中地区、西地区に所属する。アメリカ合衆国外からの参加は過去にモントリオール・エクスポスとトロント・ブルージェイズの、共にカナダの2チームが参加していたが、にエクスポスがワシントンD.C.に本拠を移転(同時にワシントン・ナショナルズに球団名変更)したため、米国外チームは現在ブルージェイズの1チームのみ。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ビドロ

    ホセ・ビドロから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    1992年に、ドラフト6巡目でモントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)から指名を受け、プロ入り。プロ6年目となる1997年に、エクスポズでメジャーデビューを果たした。デビュー3年目となる1999年からセカンドのレギュラーに定着、2000年には打率.330、51二塁打、24本塁打という好成績を残し、オールスターにも選出された。99年以来、5年連続で打率.300を記録。ホセ・ビドロ フレッシュアイペディアより)

  • ハビアー・バレンティン

    ハビアー・バレンティンから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    ハビアー・バレンティン(José Javier Valentín , 1975年9月19日 - )は、MLBワシントン・ナショナルズ傘下所属の捕手。プエルトリコ出身。右投げ両打ち。兄は元メジャーリーガーのホセ・バレンティンである。ハビアー・バレンティン フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・オーウェンス

    ジェリー・オーウェンスから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    オーウェンスはハート高校時代、後に2003年のNFLドラフト1巡でボルチモア・レイブンズに指名されて入団したQBカイル・ボーラーと同じチームでワイドレシーバーとしてプレーした。高校ではオールアメリカンチームに選出されるなどエリート街道を歩んだ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校に進学したものの、いくつかの故障もあってマスターズ・カレッジへ転校することになった。2003年に全米スモールカレッジ外野手に選出されると、その年のドラフトでモントリオール・エクスポズから2巡目(全体57位)指名を受けて入団した。ジェリー・オーウェンス フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ブーン

    ブレット・ブーンから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    約2年間の治療とリハビリを終えた後、ブーンは2月18日に現役復帰を目指し、ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ。父親のボブはGM補佐として、弟のアーロンは現役選手として既に在籍しておりナショナルズに3者が揃うこととなった。しかし、5月28日に2度目の引退を表明した。ブレット・ブーン フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ランガーハンズ

    ライアン・ランガーハンズから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    4月29日、アトランタ・ブレーブスからオークランド・アスレチックスへ移籍。5月2日、クリス・スネリングとのトレードで、オークランド・アスレチックスからワシントン・ナショナルズへ移籍。ライアン・ランガーハンズ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・グルジラネック

    マーク・グルジラネックから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    1991年、ドラフト11巡目で、モントリオール・エクスポズに入団。1995年、メジャーデビュー。デビュー2年目の1996年には、遊撃手としてスタメンの座を獲得し、打率.306、201安打、33盗塁を記録、オールスターにも選出される。1998年のシーズン途中、ロサンゼルス・ドジャースに移籍。翌1999年には、123試合の出場ながら、打率.326の高打率を記録する。2000年から二塁手に転向、それから3シーズンは打率.270程度と低調なシーズンが続いたが、2003年、シカゴ・カブスに移籍すると、打率.314を記録、久々の3割復帰を果たす。2005年、セントルイス・カージナルスに移籍。3割近い打率を残し、4月27日にサイクル安打を達成。2006年、カンザスシティ・ロイヤルズに移籍、打撃面では去年並みの成績を残すと共に、守備率.994と完璧な守備を披露し、初のゴールドグラブ賞を獲得した。マーク・グルジラネック フレッシュアイペディアより)

  • ブレンダン・ハリス

    ブレンダン・ハリスから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    メジャーデビューを果たすも、同年7月31日のトレード最終日に、モントリオール・エクスポズへトレードされる。8選手、4チームが関わった同トレードにおいて、ノマー・ガルシアパーラはシカゴ・カブスへ移籍した。エクスポズでは20試合に出場、50打席で打率.160、本塁打1。ブレンダン・ハリス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
571件中 1 - 10件表示