976件中 101 - 110件表示
  • デーブ・マルティネス

    デーブ・マルティネスから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    デビッド・マルティネス(David Martinez, 1964年9月26日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区出身の元プロ野球選手(外野手)。左投左打。2018年シーズンよりMLB・ワシントン・ナショナルズの監督を務める。デーブ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • A.J.コール

    A.J.コールから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    アンドリュー・ジョーダン・コール(Andrew Jordan Cole, 1992年1月5日 - )は、アメリカ合衆国・フロリダ州セミノール郡出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズに所属。A.J.コール フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・ヘリクソン

    ジェレミー・ヘリクソンから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    ジェレミー・ロバート・ヘリクソン(Jeremy Robert Hellickson, 1987年4月8日 - )は、アメリカ合衆国アイオワ州デモイン出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズ傘下所属。愛称は苗字をもじった「Hellboy(ヘルボーイ)」、ヘリー。ジェレミー・ヘリクソン フレッシュアイペディアより)

  • マックス・シャーザー

    マックス・シャーザーから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    マックスウェル・M・シャーザー(Maxwell M. Scherzer, 1984年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズに所属。マックス・シャーザー フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    スティーブン・ジェームズ・ストラスバーグ(Stephen James Strasburg, 1988年7月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズに所属。愛称はスターズ。代理人はスコット・ボラス。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • テイラー・ヒル

    テイラー・ヒルから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    デビッド・テイラー・ヒル(David Taylor Hill, 1989年3月12日 - )は、アメリカ合衆国・テネシー州ナッシュビル市オールドヒッコリー出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズ傘下シラキュース・チーフス所属。テイラー・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • オリバー・ペレス

    オリバー・ペレスから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    2011年3月23日にワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ。この年はメジャーでの登板は無く、11月2日にFAとなった。オリバー・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・バティスタ (外野手)

    ラファエル・バティスタ (外野手)から見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    ラファエル・ダーウィング・バティスタ・ロドリゲス(Rafael Darwing Bautista Rodriguez, 1993年3月8日 - )は、 ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズ所属。ラファエル・バティスタ (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バティスタ

    トニー・バティスタから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    1月6日にモントリオール・エクスポズと契約。キャリアで2番目に多い32本塁打、110打点、さらに自己最多の14盗塁を記録したが、一方で四球率.040(650打席で26四球)はキャリア最低であり、出塁率も.272と両リーグワースト2位という低さであった。11月4日にFAとなった。トニー・バティスタ フレッシュアイペディアより)

  • 新庄剛志

    新庄剛志から見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    球団が獲得に際し想定していた通り、監督のダスティ・ベイカー は新庄を1番中堅で起用し開幕。1番打者ということで基本的に早いカウントでは打つなとの指示を受け、4月下旬に打撃不振で打順降格してから7月下旬の離脱(後述)までは7番など主に下位に入る。5月11日、モントリオール・エクスポズ戦(オリンピック・スタジアム)1点リード8回裏一死一塁の守備で、フェルナンド・タティスの右翼(定位置付近の後方)フェンス直撃打球のクッションボール処理に右翼手がもたつく間に、中堅から駆け付けて すぐさま本塁まで約90メートルをワンバウンド送球して走者・を補殺。このプレーに興奮した一部の観客がグラウンドに乱入する。試合はそのまま勝利し「新庄の肩が試合をセーブした」などと報じられ、相手監督のフランク・ロビンソンもこのプレーを賞賛する。7月、オールスターゲーム・ファン投票で100万票以上を得てナ・リーグ外野手部門第4位となる。25日の出場を最後に右太股(ハムストリング)を痛め15日間の故障者リストに入る。その後AAA級・フレズノ・グリズリーズでの調整出場2試合を経て8月13日に復帰出場するが、離脱中にケニー・ロフトン外野手がトレードで加入しており中堅手レギュラーの座を失う。復帰後の先発出場は激減し、この年は打撃のほとんどの部門において前年より成績を下げる。守備ではリーグ外野手および中堅手のレンジファクター (RF/9) 1位を記録。シーズン最終戦の1試合前に決めたチームのワイルドカード獲得に貢献して、自身NPB/MLB通じて初のポストシーズン出場・リーグ優勝を果たし、ディビジョンシリーズやチャンピオンシップシリーズにも出場した。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

976件中 101 - 110件表示

「ワシントン・ナショナルズ」のニューストピックワード