571件中 11 - 20件表示
  • ジョン・スモルツ

    ジョン・スモルツから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    は5月24日のモントリオール・エクスポズ戦で15三振を奪いウォーレン・スパーンが1960年にマークした1試合奪三振球団記録に並んだ。また7月5日から7月22日にかけてこの年のリーグ最長となる29回連続無失点をマークしている。15勝、リーグ1位の215奪三振を記録し、チームも2年連続で地区優勝を果たす。前年に続きパイレーツとの対戦となったリーグチャンピオンシップシリーズでは2勝を挙げて2年連続のリーグ優勝に貢献し、シリーズのMVPを受賞した。トロント・ブルージェイズとのワールドシリーズ第5戦でシリーズ初勝利を記録したが、チームは2勝4敗で敗退。ジョン・スモルツ フレッシュアイペディアより)

  • フランシス・ベルトラン

    フランシス・ベルトランから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    シーズン途中、モントリオール・エクスポズへ移籍。フランシス・ベルトラン フレッシュアイペディアより)

  • ウーゲット・ウービナ

    ウーゲット・ウービナから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    ウーゲット・ウービナ(Ugueth Urtaín Urbina Villarreal , 1974年2月15日 - )は、MLBモントリオール・エクスポズなどに所属した投手。ベネズエラ・ボリバル共和国カラカス出身。右投右打ち。現在は殺人未遂罪で収監中である。ウーゲット・ウービナ フレッシュアイペディアより)

  • マット・ステアーズ

    マット・ステアーズから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    にカナダ代表の選手としてソウルオリンピックに出場。にモントリオール・エクスポズと契約。にメジャーデビュー。マット・ステアーズ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ロンバードージー・ジュニア

    スティーブ・ロンバードージー・ジュニアから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    スティーブン・ポール・ロンバードージー・ジュニア(Stephen Paul Lombardozzi Jr. , 1988年9月20日 - )は、 アメリカ合衆国・メリーランド州フルトン出身のプロ野球選手(二塁手)。右投両打。MLB・ワシントン・ナショナルズ所属。スティーブ・ロンバードージー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・マシューズ (野球)

    ライアン・マシューズ (野球)から見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    ライアン・ブレント・マシューズ(Ryan Brent Mattheus , 1983年11月10日 - )は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州ゴールト出身のプロ野球選手(救援投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズ所属。ライアン・マシューズ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • タイラー・ムーア (野球)

    タイラー・ムーア (野球)から見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    タイラー・マイケル・ムーア(Tyler Michael Moore , 1987年1月30日 - )は、 アメリカ合衆国・ミシシッピ州ブランドン出身のプロ野球選手(一塁手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズ所属。タイラー・ムーア (野球) フレッシュアイペディアより)

  • グレゴール・ブランコ

    グレゴール・ブランコから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    3月30日のワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビューを果たした。1年目から144試合に出場したが、レギュラー定着までは行かず、翌年以降は出場機会は減少した。グレゴール・ブランコ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ヤング (投手)

    クリス・ヤング (投手)から見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    12月20日にマット・ハージズとのトレードでもう一人のマイナー選手と共にモントリオール・エクスポズへ移籍する。だがハージスは翌の開幕直前に解雇され、ヤングはただで放出された形になった。しかもハージスはこのシーズン、サンディエゴ・パドレスとサンフランシスコ・ジャイアンツで67試合に出場している。クリス・ヤング (投手) フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バティスタ

    トニー・バティスタから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    1991年、オークランド・アスレチックスと契約。1996年6月にメジャー昇格。1998年にアリゾナ・ダイヤモンドバックスに移籍。メジャー初の2ケタとなる18本塁打を放つ。1999年途中にトロント・ブルージェイズに移籍しそのシーズンに31本塁打を放つ。以来、6年連続20本塁打以上を記録した。2000年、ブルージェイズでリーグ3位となる41本塁打を放ち、初の球宴出場。2004年、モントリオール・エクスポズにFA移籍。その年エクスポズでキャリアで2番目に多い32本塁打、110打点、さらに自己最多の14盗塁を記録したが、一方で四球率.040(650打席で26四球)はキャリア最低であり、出塁率も.272と両リーグワースト2位という低さであった。トニー・バティスタ フレッシュアイペディアより)

571件中 11 - 20件表示

「ワシントン・ナショナルズ」のニューストピックワード