976件中 21 - 30件表示
  • ルイス・ガルシア (投手)

    ルイス・ガルシア (投手)から見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    2009年8月30日にロニー・ベリアードとのトレードでワシントン・ナショナルズへ移籍した。移籍後はA+級ポトマック・ナショナルズで2試合に登板し、1勝0敗、防御率0.00だった。ルイス・ガルシア (投手) フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ビヤヌエバ

    カルロス・ビヤヌエバから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    1月31日にブルワーズと1年契約に合意。3月21日にAA級ハンツビルへ配属され、そのまま開幕を迎えた。5月22日にメジャーへ昇格し、5月23日のシンシナティ・レッズ戦でメジャーデビュー。4点ビハインドの8回裏から登板し、1回を1安打無失点2奪三振に抑えた。5月27日にAA級ハンツビルへ降格。6月9日にホルヘ・デラロサが故障者リスト入りしたため再昇格した。6月14日のシンシナティ・レッズ戦で初先発し、6回を無失点に抑える好投(勝ち負け付かず)をみせたが、その後は結果を残せず、7月6日にAAA級ナッシュビル・サウンズへ降格。9月11日に再昇格した。9月15日のワシントン・ナショナルズ戦では6回を2安打1失点に抑え、メジャー初勝利を挙げた。この年は10試合(先発6試合)に登板して2勝2敗・防御率3.69・39奪三振の成績を残した。カルロス・ビヤヌエバ フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ピベッタ

    ニック・ピベッタから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    2013年のMLBドラフトでワシントン・ナショナルズからドラフト4巡目(全体136位)で指名され、6月21日に契約を結び、プロ入りを果たした。6月20日に傘下ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズへ配属された。4試合(3試合で先発)登板し、1勝0敗、防御率2.13、8奪三振を記録した。8月6日に傘下A-オーバーン・ダブルデイズに配属された。5試合に先発登板し、0勝1敗、防御率3.38、17奪三振を記録した。ニック・ピベッタ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のメジャーリーグベースボール

    2008年のメジャーリーグベースボールから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    2月5日 - ワシントン・ナショナルズは元オリックスの前川勝彦とマイナー契約を結んだ事を発表。2008年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • マイカ・オーウィングス

    マイカ・オーウィングスから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    4月5日にメジャー初昇格を果たし、翌6日のワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビュー。5回を投げ1安打無失点6三振を奪う内容だった。腰痛で戦線を離脱していたランディ・ジョンソンの代役としての先発を見事に務め、以後もローテーションに入ることとなった。6月26日には初本塁打をフロリダ・マーリンズの金炳賢から放った。8月18日のアトランタ・ブレーブス戦では、投球こそ7回を投げ3安打3失点とごく普通の内容だったものの、打撃は5打数4安打2本塁打4得点6打点と圧巻の内容だった。同一試合で4安打4得点6打点をあげた投手はメジャー史上初、4安打4得点を達成した投手ものダニー・ジョンソン以来であった。11塁打もここ50年の投手では最多記録とまさに記録尽くしの日となった。ちなみにアリゾナ・ダイヤモンドバックスで最後に1試合2本塁打4安打4得点6打点を記録した選手は2003年のシェイ・ヒレンブランドだった。またオーウィングスはダイヤモンドバックス史上1試合2本塁打を記録した初めての投手となった。9月に入り、始めの2試合は共に4回持たず計12失点(自責7)とふるわなかったが、9月18日にサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャー初完封(被安打2)を記録した。9月27日はブランドン・ウェブの代役として急遽先発、6回1/3を無失点に抑えると共に打撃でも4打数4安打3二塁打3打点と勝利に貢献した。結局2007年は50打数以上立った投手としては以降で第4位となる打率.333(60打数20安打)を記録した。この打撃が評価され2007年のシルバースラッガー賞を受賞した。12月5日、地元紙アリゾナ・セントラルは首脳陣がその打力の高さを生かすために、今後の補強次第ではあるが未登板日にオーウィングスを一塁手として起用する事も考えていると報じた。マイカ・オーウィングス フレッシュアイペディアより)

  • ポトマック・ナショナルズ

    ポトマック・ナショナルズから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    ポトマック・ナショナルズ(Potomac Nationals)は、MiLB、A+級カロライナリーグ北地区所属の野球チーム。本拠地はバージニア州ウッドブリッジにあるG・リチャード・プフィッツナー・スタジアム。現在はMLB・ワシントン・ナショナルズ傘下のチームとして活動している。ポトマック・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック・スタジアム (モントリオール)

    オリンピック・スタジアム (モントリオール)から見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    しかし、その翌年1977年にMLB所属野球チーム、モントリオール・エクスポズの本拠地として使用することを目的に野球場へ改修する工事を施した。陸上競技場の時代のスタンド形態をそのまま生かしつつ、トラック跡にスタンドを増築した。そのため当初は陸上トラックがそのままむき出しとなっている部分もあった。1988年に簡易開閉式の屋根を設置して実質的にはカナダ初のドームスタジアム(開閉式も実質上世界初)となったが、施設の老朽化が著しく、支柱の落下事故や屋根の雨漏りなどの事故も多発した。オリンピック・スタジアム (モントリオール) フレッシュアイペディアより)

  • ロス・ウルフ

    ロス・ウルフから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    のMLBドラフトでモントリオール・エクスポスから47巡目(全体1390位)で指名されるが拒否。ロス・ウルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゼイビア・ポール

    ゼイビア・ポールから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    は、開幕をAAA級アルバカーキ・アイソトープスで迎えた。5月7日に禁止薬物使用で出場停止処分を受けたマニー・ラミレスに替わってメジャーに昇格した。同日の、ワシントン・ナショナルズ戦で代打で出場しメジャーデビューを果たした。10日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャー初安打を記録した。15日のフロリダ・マーリンズ(現マイアミ・マーリンズ)戦でメジャー初本塁打を記録した。ゼイビア・ポール フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ガリクソン

    ビル・ガリクソンから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    イリノイ州のジョリエットカソリック高校を卒業し、6月のMLBドラフトでモントリオール・エクスポズに1位指名(全体で2番目)されエクスポズに入団。にブレークを果たし、10勝5敗という成績を残してナショナルリーグ新人王投票でスティーブ・ハウに続き2位に入る。また、その年の試合で挙げた18奪三振は、にケリー・ウッドが20奪三振で更新するまでルーキーとしては最多であった。この18奪三振という記録は現在のワシントン・ナショナルズの球団記録である。ビル・ガリクソン フレッシュアイペディアより)

976件中 21 - 30件表示

「ワシントン・ナショナルズ」のニューストピックワード