976件中 71 - 80件表示
  • ブランドン・キンツラー

    ブランドン・キンツラーから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    ブランドン・リー・キンツラー(Brandon Lee Kintzler, 1984年8月1日 - )は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズ所属。ブランドン・キンツラー フレッシュアイペディアより)

  • トレイ・ターナー

    トレイ・ターナーから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    トレイ・バンス・ターナー(Trea Vance Turner, 1993年6月30日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州パームビーチ郡出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズに所属。愛称はトリプルT。トレイ・ターナー フレッシュアイペディアより)

  • カナダ野球殿堂

    カナダ野球殿堂から見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    カナダ野球殿堂博物館(Canadian Baseball Hall of Fame and Museum)は、カナダのオンタリオ州にある野球専門の博物館であり、における歴史的な野球資料の保存に取り組んでいる。メジャーリーグベースボール(MLB)球団のモントリオール・エクスポズとトロント・ブルージェイズをはじめとするカナダ国内の野球で顕著な貢献をした人物と団体およびカナダ国外の野球で顕著な貢献をしたカナダ人とその団体の功績をたたえる野球殿堂を総括している。カナダ野球殿堂 フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ヘアストン・ジュニア

    ジェリー・ヘアストン・ジュニアから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    弟のスコットは、ワシントン・ナショナルズに所属する現役MLB選手(外野手)。また、父のジェリー、叔父のジョン、祖父のサムも元MLB選手という野球一家である。ジェリー・ヘアストン・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 1976年モントリオールオリンピック

    1976年モントリオールオリンピックから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    メインスタジアムは当初は屋根がかぶさるドーム方式になる予定であったが、前述の予算不足とそれに伴う工期の遅れから屋根をかける事は断念され、結局屋根がくり抜かれた形でスタートせざるを得なくなった。メインスタジアムはこの大会では陸上競技に使用されたが、その後アメリカ大リーグでカナダから参加しているモントリオール・エクスポズのフランチャイズ球場として使用するための改修が施された。かつてのトラック跡の一部に外野スタンドを、またフィールドにも野球用の人工芝を取り付けた。一時期は陸上トラックがむき出しになっていたこともあった。また1988年には開閉式の屋根を架設した。しかし、エクスポズが2004年をもって本拠地をワシントンD.C.に移転(チーム名もワシントン・ナショナルズに改名)した事で現在は“空き家”状態になっている。1976年モントリオールオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ボラス

    スコット・ボラスから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    ドラフトではないものの、2006年のポスティングシステムによる松坂大輔のボストン・レッドソックスへの入団交渉においても、同チームオーナーであるヘンリーの自家用機で交渉が行われていたが、交渉期限10分前になってもチーム側提示額とボラス側の要求額には開きがあり(6年5500万ドルを要求していた)交渉期限3分前で松坂自身から「金額よりも入団が先」とボラスにストップをかけギリギリで交渉成立となった。さらにこの翌年、ボラスはこの際の交渉を引き合いに出し、ワシントン・ナショナルズからドラフト指名されたスティーブン・ストラスバーグの入団交渉で総額5000万ドルという史上最高の金額を要求した。スコット・ボラス フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ヘンリー

    ボブ・ヘンリーから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    ロバート・クリフトン・ヘンリー(Robert Clifton Henley, 1973年1月30日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州モービル出身のプロ野球監督、元プロ野球選手(捕手)。右投右打。現在はMLB・ワシントン・ナショナルズで三塁コーチを務める。ボブ・ヘンリー フレッシュアイペディアより)

  • マーク・グルジラネック

    マーク・グルジラネックから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    のMLBドラフト11巡目(全体296位)でモントリオール・エクスポズから指名され、プロ入り。4月28日にメジャーデビュー。デビュー2年目のには、遊撃手としてレギュラーの座を獲得し、打率.306・201安打・33盗塁を記録、オールスターにも選出される。のシーズン途中、ロサンゼルス・ドジャースに移籍。翌には、123試合の出場ながら、打率.326の高打率を記録する。から二塁手に転向。それから3シーズンは打率.270程度と低調なシーズンが続いたが、、シカゴ・カブスに移籍すると、打率.314を記録、久々の3割復帰を果たす。、セントルイス・カージナルスに移籍。3割近い打率を残し、4月27日にサイクル安打を達成。、カンザスシティ・ロイヤルズに移籍、打撃面では前年並みの成績を残すと共に、守備率.994と完璧な守備を披露し、初のゴールドグラブ賞を獲得した。マーク・グルジラネック フレッシュアイペディアより)

  • ニール・コッツ

    ニール・コッツから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    ニール・ジェームズ・コッツ(Neal James Cotts, 1980年3月25日 - )は、アメリカ合衆国・イリノイ州セントクレア郡出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLB・ワシントン・ナショナルズ傘下所属。ニール・コッツ フレッシュアイペディアより)

  • オーランド・ヘルナンデス

    オーランド・ヘルナンデスから見たワシントン・ナショナルズワシントン・ナショナルズ

    1月15日にはアントニオ・オスーナとマイナー1選手との交換で、シカゴ・ホワイトソックスへトレードされた。同日に、今度はバートロ・コロンとマイナー1選手との交換で、ロッキー・ビドル、ジェフ・リーファープラス金銭と共にモントリオール・エクスポズへ移籍、1日で2回トレードされてしまう。しかしこのシーズンは右肩の関節鏡視下手術を受けたため、シーズン全休となってしまった。そして、シーズン終了後の同年12月21日にフリーエージェント(FA)となった。オーランド・ヘルナンデス フレッシュアイペディアより)

976件中 71 - 80件表示

「ワシントン・ナショナルズ」のニューストピックワード