前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たスティーブン・ストラスバーグ

    2009年のドラフトでは、1巡目(全体1位)でスティーブン・ストラスバーグを指名し、ドラフト史上最高の総額1510万ドルで契約を結んだほか、14巡目で駒澤大学附属苫小牧高等学校出身の鷲谷修也を指名し契約したが、鷲谷は2010年6月に傘下のマイナー(ルーキークラス)、ガルフ・コースト・ナショナルズを成績不振で解雇された。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たゲイリー・カーター

    8 ゲイリー・カーター(Gary Carter)ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たブライス・ハーパー

    、FAとなっていたマックス・シャーザーを獲得し、ジョーダン・ジマーマン、スティーブン・ストラスバーグ、ジオ・ゴンザレス、ダグ・フィスターと合わせてMLB屈指の先発ローテーションを形成し、多くの専門家から地区優勝の筆頭候補に挙げられていた。しかし、シャーザー以外は期待どおりの成績を残せず、野手もMVPを獲得したブライス・ハーパーと新加入のユネル・エスコバー以外は軒並み成績が下降したことが原因で、83勝79敗の地区2位でポストシーズン進出も逃し、前年に最優秀監督賞を受賞したマット・ウィリアムズを筆頭にコーチ陣が解任された。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たダスティ・ベイカー

    、ナ・リーグ最優秀監督賞3度の実績を持つダスティ・ベイカーを新監督に迎え、シャーザーが最多勝、最多奪三振の2冠を獲得し、2年ぶりの地区優勝。しかし、西地区を制したロサンゼルス・ドジャースとのディビジョンシリーズでは、2勝1敗と先にチャンピオンシップシリーズ進出に王手をかけながら連敗し、2勝3敗で敗退。またしてもリーグチャンピオンシップシリーズ進出を果たすことはできなかった。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たダグ・フィスター

    、FAとなっていたマックス・シャーザーを獲得し、ジョーダン・ジマーマン、スティーブン・ストラスバーグ、ジオ・ゴンザレス、ダグ・フィスターと合わせてMLB屈指の先発ローテーションを形成し、多くの専門家から地区優勝の筆頭候補に挙げられていた。しかし、シャーザー以外は期待どおりの成績を残せず、野手もMVPを獲得したブライス・ハーパーと新加入のユネル・エスコバー以外は軒並み成績が下降したことが原因で、83勝79敗の地区2位でポストシーズン進出も逃し、前年に最優秀監督賞を受賞したマット・ウィリアムズを筆頭にコーチ陣が解任された。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たマックス・シャーザー

    、FAとなっていたマックス・シャーザーを獲得し、ジョーダン・ジマーマン、スティーブン・ストラスバーグ、ジオ・ゴンザレス、ダグ・フィスターと合わせてMLB屈指の先発ローテーションを形成し、多くの専門家から地区優勝の筆頭候補に挙げられていた。しかし、シャーザー以外は期待どおりの成績を残せず、野手もMVPを獲得したブライス・ハーパーと新加入のユネル・エスコバー以外は軒並み成績が下降したことが原因で、83勝79敗の地区2位でポストシーズン進出も逃し、前年に最優秀監督賞を受賞したマット・ウィリアムズを筆頭にコーチ陣が解任された。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見た鷲谷修也

    2009年のドラフトでは、1巡目(全体1位)でスティーブン・ストラスバーグを指名し、ドラフト史上最高の総額1510万ドルで契約を結んだほか、14巡目で駒澤大学附属苫小牧高等学校出身の鷲谷修也を指名し契約したが、鷲谷は2010年6月に傘下のマイナー(ルーキークラス)、ガルフ・コースト・ナショナルズを成績不振で解雇された。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たホセ・リホ

    3月、中南米の若手選手との契約金を横領した容疑と年齢詐称に関わったとして、GM特別補佐のホセ・リホが解任、GMのジム・ボウデンが辞任した。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たドリュー・ストーレン

    ディビジョンシリーズでは、前年のワールドシリーズを制したセントルイス・カージナルスと対戦。2勝2敗で迎えた最終戦では、序盤から6点差をつけ、最終回も7対5でリード。勝利まであとストライク1つの場面まで漕ぎつけながら、抑え投手ドリュー・ストーレンの乱調で4失点。7対9で逆転負けを喫して、リーグチャンピオンシップシリーズ進出を逃した。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たティム・レインズ

    30 ティム・レインズ(Tim Raines)ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「ワシントン・ナショナルズ」のニューストピックワード