62件中 41 - 50件表示
  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たプエルトリコ

    エクスポズ時代の晩年には深刻な財政難に陥り、プエルトリコにて主催試合を行うなどの対策も実施されていた。2002年2月15日には、ついに当時のオーナーであったジェフリー・ローリアが球団を手放し、新たな買い手も現れなかったため、オーナー不在状態で球団存続の危機に立たされてしまう。そのため、緊急の措置としてMLB機構が1億2000万ドルで権利を購入し、運営を続けていた。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たリリーフ

    ディビジョンシリーズでは、前年のワールドシリーズを制したセントルイス・カージナルスと対戦。2勝2敗で迎えた最終戦では、序盤から6点差をつけ、最終回も7対5でリード。勝利まであとストライク1つの場面まで漕ぎつけながら、抑え投手ドリュー・ストーレンの乱調で4失点。7対9で逆転負けを喫して、リーグチャンピオンシップシリーズ進出を逃した。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たナショナルリーグ

    ワシントン・ナショナルズ (、略称: WSN) は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はワシントンD.C.にあるナショナルズ・パーク。Nats(ナッツ)と略されることもある。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たフェデックスフィールド

    2004年のモントリオールからの移転に際しては、2008年の完成を目指して建設することになっていた新球場を同市が建設費用を負担することを前提に移転を認める予定だった。しかし、新球場の建設に当たり費用の半額を民間が負担するということを市議会が提案したことで、MLB機構が態度を硬化。一時は移転の白紙撤回も示唆されそうになった。だが、その後、市議会は譲歩案として原則全額を市が負担するが不足分は民間から資金を調達するということで合意し、2004年12月28日(現地時間)に正式にワシントンへの移転が決定した。2005-2007年度はかつてワシントン・セネターズ(現:テキサス・レンジャーズ)やアメリカンフットボール・NFLのワシントン・レッドスキンズ(1997年、フェデックスフィールドに移転)がかつて本拠地としており、現在はメジャーリーグサッカーのD.C.ユナイテッドのホームスタジアムである「ロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム」を暫定利用していた。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たメジャーリーグサッカー

    2004年のモントリオールからの移転に際しては、2008年の完成を目指して建設することになっていた新球場を同市が建設費用を負担することを前提に移転を認める予定だった。しかし、新球場の建設に当たり費用の半額を民間が負担するということを市議会が提案したことで、MLB機構が態度を硬化。一時は移転の白紙撤回も示唆されそうになった。だが、その後、市議会は譲歩案として原則全額を市が負担するが不足分は民間から資金を調達するということで合意し、2004年12月28日(現地時間)に正式にワシントンへの移転が決定した。2005-2007年度はかつてワシントン・セネターズ(現:テキサス・レンジャーズ)やアメリカンフットボール・NFLのワシントン・レッドスキンズ(1997年、フェデックスフィールドに移転)がかつて本拠地としており、現在はメジャーリーグサッカーのD.C.ユナイテッドのホームスタジアムである「ロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム」を暫定利用していた。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たカナダ

    2004年までは「モントリオール・エクスポズ()」の名で、カナダケベック州モントリオールを本拠地としていた。由来は、1967年モントリオールで開催された万国博覧会「Expo '67」。2005年にアメリカ合衆国のワシントンD.C.に移転したことにより、アメリカ国外に拠点を置くMLB球団はトロント・ブルージェイズのみとなった。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見た先発ローテーション

    、FAとなっていたマックス・シャーザーを獲得し、ジョーダン・ジマーマン、スティーブン・ストラスバーグ、ジオ・ゴンザレス、ダグ・フィスターと合わせてMLB屈指の先発ローテーションを形成し、多くの専門家から地区優勝の筆頭候補に挙げられていた。しかし、シャーザー以外は期待どおりの成績を残せず、野手もMVPを獲得したブライス・ハーパーと新加入のユネル・エスコバー以外は軒並み成績が下降したことが原因で、83勝79敗の地区2位でポストシーズン進出も逃し、前年に最優秀監督賞を受賞したマット・ウィリアムズを筆頭にコーチ陣が解任された。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たオリンピック・スタジアム (モントリオール)

    現球団はモントリオール・エクスポズとして1969年に創設。アメリカ以外の国カナダに出来た史上初のMLB球団であった。1969年の結成当初から8年間使用されたジェリー・パークはモントリオール市営の野球場だったが、当初はアマチュア野球の専用グラウンドだったので3000人程度しか収容することが出来なかった。そこで1969年の開幕前に急遽外野席を取り付けるなどしてMLB開催に対応する球場として開場を果たした。ジェリー・パークは当初「ドーム球場が完成するまで使用する」時限契約という形だったのだが、その後チームの予算が厳しいことから1976年でお役御免となり、陸上スタジアムだったオリンピックスタジアムを野球場に改良して1977年から使用を開始した。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム

    2004年のモントリオールからの移転に際しては、2008年の完成を目指して建設することになっていた新球場を同市が建設費用を負担することを前提に移転を認める予定だった。しかし、新球場の建設に当たり費用の半額を民間が負担するということを市議会が提案したことで、MLB機構が態度を硬化。一時は移転の白紙撤回も示唆されそうになった。だが、その後、市議会は譲歩案として原則全額を市が負担するが不足分は民間から資金を調達するということで合意し、2004年12月28日(現地時間)に正式にワシントンへの移転が決定した。2005-2007年度はかつてワシントン・セネターズ(現:テキサス・レンジャーズ)やアメリカンフットボール・NFLのワシントン・レッドスキンズ(1997年、フェデックスフィールドに移転)がかつて本拠地としており、現在はメジャーリーグサッカーのD.C.ユナイテッドのホームスタジアムである「ロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム」を暫定利用していた。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たアメリカ合衆国

    2004年までは「モントリオール・エクスポズ()」の名で、カナダケベック州モントリオールを本拠地としていた。由来は、1967年モントリオールで開催された万国博覧会「Expo '67」。2005年にアメリカ合衆国のワシントンD.C.に移転したことにより、アメリカ国外に拠点を置くMLB球団はトロント・ブルージェイズのみとなった。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「ワシントン・ナショナルズ」のニューストピックワード