73件中 21 - 30件表示
  • 桂 歌之助

    桂歌之助 (3代目)から見たワッハホール大阪府立上方演芸資料館

    2005年8月1日のトリイ寄席「米朝と孫弟子の会」の座談会で、大師匠の米朝から桂歌之助の名前を継ぐように言われ、2007年1月5日、ワッハホールにて襲名披露公演が行われた。この日は米朝の口上が予定されていたが、事務所スタッフのミスで本人に連絡がいっておらず、米朝自身が遅刻するはめになる(桂団朝が車で迎えに行った)。本人はこの件について、「演出効果が高まった」と発言している。桂歌之助 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • おはよう浪曲

    おはよう浪曲から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    テレビ版は演芸研究家・芦川淳平を案内役に、現在活躍する浪曲師の名調子を公開録画(朝日放送のスタジオで収録)の形で紹介した。一方ラジオ版は定期的にテレビ版と同じく公開録音(現在はワッハ上方演芸ホールで収録)を行うが、基本的には歴代の名浪曲師の口演を聞かせている。おはよう浪曲 フレッシュアイペディアより)

  • TEAM 発砲・B・ZIN

    TEAM 発砲・B・ZINから見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    「カケルエックス デラックス」(7月2?11日、本多劇場、7月31日・8月1日、ワッハ上方・ワッハホール)TEAM 発砲・B・ZIN フレッシュアイペディアより)

  • 千日前

    千日前から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    法善寺・竹林寺を経由して千日墓地に至る通りであったことから、道頓堀川に架かる太左衛門橋から南へ延びる通りは現在も単に「千日前」と呼ばれる。トリイホール、テアトルA&P(旧・千日会館)、TOHOシネマズなんば・別館(旧・敷島倶楽部→東宝敷島劇場→敷島シネポップ)、なんばグランド花月(NGK)、YES NAMBAビル(ワッハ上方やジュンク堂書店、5upよしもと、エフエムちゅうおう、NMB48劇場などが入居)などの演芸場や映画館(成人映画館含む)が点在している。千日前 フレッシュアイペディアより)

  • 平和ラッパ・梅乃ハッパ

    平和ラッパ・梅乃ハッパから見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    2008年 - コンビ結成20周年。10月にワッハ上方で20周年の記念イベント「わらいのおもちゃ箱」を開催。平和ラッパ・梅乃ハッパ フレッシュアイペディアより)

  • 海原さおり・しおり

    海原さおり・しおりから見たワッハホール大阪府立上方演芸資料館

    2009年2月に行なわれた「コンビ結成30周年公演」(ワッハホール)では喜味こいしから「二代目・海原お浜・小浜」の襲名を薦められた。海原さおり・しおり フレッシュアイペディアより)

  • へびいちご

    へびいちごから見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    最近ではワッハ上方で行なわれる「吉本NSC道場」の司会進行を行っている。へびいちご フレッシュアイペディアより)

  • 青空 (お笑い)

    青空 (お笑い)から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    07月28日 - なでしこちゃんと球児ちゃん(ワッハ上方/大阪)青空 (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • 京 唄子

    京唄子から見た上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    2008年3月20日、上方演芸資料館が選出する「上方演芸の殿堂入り」入り表彰を「唄子・啓助」で受けた。これに対して唄子は「表彰は身に余る光栄。亡くなった啓助さんも喜んではると思います」と語った。京唄子 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田實

    秋田實から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    また1975年8月からは有川寛(読売テレビプロデューサー、ワッハ上方の館長)と共に若手漫才師・漫才作家による勉強会「笑の会」(オール阪神・巨人、B&B、浮世亭ジョージ・ケンジ、太平サブロー・シロー、宮川大助・花子、ザ・ぼんち等の多くの売れっ子を輩出し漫才ブームの礎となった)を組織するなど精力的に活動を行った。秋田實 フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「ワッハ上方」のニューストピックワード