73件中 31 - 40件表示
  • 笑福亭松鶴 (6代目)

    笑福亭松鶴 (6代目)から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    1998年 2月27日、大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)より上方演芸の殿堂入りに選定される。笑福亭松鶴 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 孔雀団

    孔雀団から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    高校卒業後NSCに入り、baseよしもと・ワッハ上方の舞台で活躍していたが、ナンバーワンファンの解散をきっかけに上京。孔雀団 フレッシュアイペディアより)

  • テント (漫談家)

    テント (漫談家)から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    最近はワッハホールにて「得別奇角」のイベントを定期的に開催。テント (漫談家) フレッシュアイペディアより)

  • NHK新人演芸大賞

    NHK新人演芸大賞から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    かつてはイイノホール(2004年まで)、大阪府立上方演芸資料館ホール(1997・1999年)で開催されたことがある。NHK新人演芸大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ライオンお笑いネットワーク

    ライオンお笑いネットワークから見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    ちなみに『お笑いネットワーク』になってからは当初読売テレビ本社スタジオが収録現場に使われ、後に大阪近辺の寄席・演芸場や貸ホールが使用されるようになり、1996年からは大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)内「ワッハホール」にて収録が行われていた。1978年10月からは寄席・演芸番組としてはいち早くステレオ放送を実施。放送時間は原則30分であったが1980年代後期?1990年代前期には60分枠での放送がメインとなり、1時間番組の際には「お笑いネットワークスペシャル」とタイトルを変更して放送されていた。またこの頃には太平サブロー・シローをレギュラーMCに据え、サブロー・シローを中心としたコミックバンドのコーナーをレギュラー企画として放送した時代があった。ライオンお笑いネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • NMB48劇場

    NMB48劇場から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)- 本劇場の入居するYES-NAMBAビルの4階・6階・7階にある。NMB48劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 澤田隆治

    澤田隆治から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    澤田がその基礎を作ったABC落語ライブラリーは後輩はもちろん、同じ大阪のライバル局MBSラジオ、ラジオ大阪、FM大阪にも影響を与えた。ABCラジオは1971年(昭和46年)11月11日、澤田の1年後輩の狛林利男(後にワッハ上方初代館長)が企画した開局20周年記念番組『1080分落語会』を放送し成功させた。これは上方落語協会メンバー総出演で朝から深夜まで18時間、56席ひたすら演じ続けすべて生中継するというもので、後にLPレコード3枚にまとめられた『実況録音盤』が発売された。MBSでは1983年(昭和58年)に入社した柏木宏之がライブラリーの整理に取り組むようになり、最近ではナイターオフに1時間を超える長編の噺が完全ノーカットで放送されることもある。澤田隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 島之内寄席

    島之内寄席から見たワッハホール大阪府立上方演芸資料館

    その後1974年4月に心斎橋ブラザーミシンビル、12月には船場センタービル地下のボウリング場、1975年にはダイエー京橋店で「島之内京橋ダイエー亭」と題して続くも月3日興行に縮小、1984年4月に南区畳屋町にある料亭「暫」に移るも1987年にビル改装のため閉鎖、1987年に心斎橋のCBカレッジへ移り月1回に縮小、1993年に天王寺の一心寺シアター、1996年のワッハ上方開館に伴いレッスンルームへ移転。2005年にワッハホールへと会場を移し、ワッハホールの閉館に伴い、2011年に千日前のTORII HALLに移転し、月1日興行ながら現在も続いている。島之内寄席 フレッシュアイペディアより)

  • 島之内寄席

    島之内寄席から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    その後1974年4月に心斎橋ブラザーミシンビル、12月には船場センタービル地下のボウリング場、1975年にはダイエー京橋店で「島之内京橋ダイエー亭」と題して続くも月3日興行に縮小、1984年4月に南区畳屋町にある料亭「暫」に移るも1987年にビル改装のため閉鎖、1987年に心斎橋のCBカレッジへ移り月1回に縮小、1993年に天王寺の一心寺シアター、1996年のワッハ上方開館に伴いレッスンルームへ移転。2005年にワッハホールへと会場を移し、ワッハホールの閉館に伴い、2011年に千日前のTORII HALLに移転し、月1日興行ながら現在も続いている。島之内寄席 フレッシュアイペディアより)

  • 上方落語

    上方落語から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    その後「島之内寄席」は会場を転々とし、1974年(昭和49年)4月にブラザーミシンビル(心斎橋)、同年12月に船場センタービル地下のボウリング場、1975年(昭和50年)6月にはダイエー京橋店へと移り、月3日興行に短縮された。この「島之内京橋ダイエー亭」は約9年続く。1984年(昭和59年)4月に南区畳屋町にある料亭「暫」に移転し、「島之内」に復帰するも、3年後には「暫」がビル改装のため閉鎖、1987年(昭和62年)に心斎橋のCBカレッジへ移り、ついに月1日興行となった。1993年(平成5年)に天王寺の一心寺シアターへ移った後、1996年(平成8年)のワッハ上方開館に伴いレッスンルームへ移転。2005年(平成17年)にワッハホールへと会場を移し、月1日興行ながら現在も続いている。上方落語 フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「ワッハ上方」のニューストピックワード