73件中 41 - 50件表示
  • 桂米之助 (3代目)

    桂米之助 (3代目)から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    1998年11月、ワッハ上方にて古希記念独演会を開催。その4ヶ月後に亡くなった。桂米之助 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 上方演芸の殿堂入り

    上方演芸の殿堂入りから見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    上方演芸の殿堂入り(かみがたえんげいのでんどういり)とは、上方演芸の発展に貢献した落語家、漫才師など演芸人をたたえるために、毎年選考委員により選定され、大阪府立上方演芸資料館において顕彰・展示されるものである。上方演芸の殿堂入り フレッシュアイペディアより)

  • ヘッドライト (お笑い)

    ヘッドライト (お笑い)から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    インディーズ時代には、ワッハ上方において笑い飯や千鳥、NSCの仲間たちと、「魚群」というお笑いイベントを月2のペースで開催していた。ヘッドライト (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • 村越周司

    村越周司から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    その後田舎暮らしに憧れログハウス生活を試みたが断念。歯科技工士を志したのは白衣を着る仕事がしたかった為であるが、歯科技工士は特に白衣を常用する仕事ではなく、専門学校の講師に不器用と言われて辞め(合格率99%といわれる国家試験で不合格となった)、そして沖縄県でコロッケ屋を開店するも長続きせず、職を転々としていたが、あるときバッファロー吾郎とコバヤシの番組『スッごい!おとなの時間』の公開収録に出演。その際に刺激を受けたのか、2006年に突如フリーのギャグ芸人として復帰宣言し2006年5月7日「もうギャグしかしない」をワッハ上方演芸ホールで開催した(後にこのライブを収めた自主制作DVDもリリースした)。村越周司 フレッシュアイペディアより)

  • 露の都

    露の都から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    1991年に史上初の「東西女流落語会」を主宰し、以後毎年東京と大阪で開催している。2001年8月からは「露の都の古典落語百選」を大阪府東大阪市の東大阪市青少年女性センターで毎月1?3回行い、2005年10月13日開催の119回目(会場:ワッハ上方・ワッハホール)で百選目(演目:ねずみ穴)を達成して終了した。露の都 フレッシュアイペディアより)

  • baseよしもと

    baseよしもとから見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    baseよしもととしては、11年の歴史を刻んできたが、2010年12月3日に閉館。2011年1月1日、同じYES-NAMBAビル5階のワッハホール跡地に設立される新劇場「5upよしもと」へ移転した。新劇場移転まではヨシモト∞ホール大阪での公演が行われた。baseよしもとは閉館後、改装されて新劇場移転の同日よりNMB48劇場として生まれ変わりNMB48の初公演が行われた。baseよしもと フレッシュアイペディアより)

  • ダイナマイト関西 (お笑いイベント)

    ダイナマイト関西 (お笑いイベント)から見たワッハホール大阪府立上方演芸資料館

    2006年6月13日ワッハホール予選出場者ダイナマイト関西 (お笑いイベント) フレッシュアイペディアより)

  • 土曜はダメよ!

    土曜はダメよ!から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    お笑い芸人達の貴重なお宝を手に入れ、ワッハ上方に展示するスペシャル企画。土曜はダメよ! フレッシュアイペディアより)

  • 汀 夏子

    汀夏子から見たワッハホール大阪府立上方演芸資料館

    11月『じゅんことハチDeSHOW』(ワッハホール汀夏子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    大阪府立上方演芸資料館編『上方演芸大全』創元社、2008年日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

73件中 41 - 50件表示

「ワッハ上方」のニューストピックワード