73件中 51 - 60件表示
  • アジアン

    アジアンから見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    07月23日 - 「笑うってこんなにステキ!」(ワッハホール/大阪)アジアン フレッシュアイペディアより)

  • 5upよしもと

    5upよしもとから見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    2010年12月3日に閉館したbaseよしもと(現NMB48劇場)を引き継ぐ若手お笑い芸人の拠点として、2011年1月1日に大阪府から吉本興業に返還された大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)内のワッハホールを改装し開業。5upよしもと フレッシュアイペディアより)

  • 荒木又右衛門 (1930年の映画)

    荒木又右衛門 (1930年の映画)から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    本作の上映用プリントに関しては、第二次世界大戦後の1950年(昭和25年)、松竹下加茂撮影所内のフィルム原版倉庫から出火した火事により、他の数多くの作品の原版ともども消失している。2009年(平成21年)、大阪・堺市の旧家から、再編集して『荒木伊賀越三十六番斬り』のタイトルで家庭用に販売された約15分の16mmフィルムが発見された。同プリントは復元され、同年11月6日、大阪・ワッハ上方大ホールで公開された。荒木又右衛門 (1930年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • なんばグランド花月

    なんばグランド花月から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方) - なんばグランド花月の向かい側にある。なんばグランド花月 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島市

    鹿児島市から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    有川寛 (元読売テレビ演芸番組プロデューサー、大阪府立上方演芸資料館館長)鹿児島市 フレッシュアイペディアより)

  • トイレの神様

    トイレの神様から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    ロケ協力:ひょうごロケ支援ネット、川西市、和歌山市観光課、兵庫県立西宮高校、ワッハ上方、和歌山バス、阪急バス ほかトイレの神様 フレッシュアイペディアより)

  • 千鳥 (お笑いコンビ)

    千鳥 (お笑いコンビ)から見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    笑い飯の2人とはインディーズ時代から親交が深く、共にワッハ上方などでライブを行っていた。吉本興業のオーディションを受けたのも同時。一時期、ノブと哲夫が共同生活を送っていた。ピン芸人だった大悟は、笑い飯の2人が1日中ボケ合戦を繰り返すのを聴かされ続けノイローゼ気味になり、そのためノブを誘った。千鳥 (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 大平シロー

    大平シローから見たワッハ上方大阪府立上方演芸資料館

    有川寛(元読売テレビプロデューサー、ワッハ上方前館長)大平シロー フレッシュアイペディアより)

  • ABCエキスタ

    ABCエキスタから見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    公開放送が行われる時間以外でもエレクトーンの演奏、お笑いタレントによるステージやミニライブなどが行われた他、マルチモニターで高校野球やナイター中継が上映されるなど、イベントスペースとしても利用された。また、1991年(平成3年)には、大阪市の芸能資料館「ワッハ上方」の開設準備のため、在阪テレビ局から提供された、往年の漫才や落語のビデオを「公開ダビング」と称して上映するユニークなイベントが行われた。ABCエキスタ フレッシュアイペディアより)

  • 月亭八天

    月亭八天から見た大阪府立上方演芸資料館大阪府立上方演芸資料館

    また、ワッハ上方では1996年のオープン当初から独演会を毎年開催。2005年2月から隔月で「落語再生公開堂・ハナシをノベル!!」という、落語好きのSF作家・ミステリ作家(田中啓文、北野勇作、田中哲弥、我孫子武丸、浅暮三文、牧野修、飯野文彦、森奈津子)が作った新作落語を演じるイベントを実施。2007年11月に集英社から『ハナシをノベル!! 花見の巻』としてCD付の単行本が発売された。月亭八天 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示

「ワッハ上方」のニューストピックワード