1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • 裏社会 (2ちゃんねるカテゴリ)

    裏社会 (2ちゃんねるカテゴリ)から見たワンクリック詐欺ワンクリック契約

    架空請求やスパム(迷惑メール)、ワンクリック詐欺に関する話題を扱う板。正式名称「架空請求被害・対策・スパム撲滅(仮)@2ch掲示板」。裏社会 (2ちゃんねるカテゴリ) フレッシュアイペディアより)

  • ミカるんX

    ミカるんXから見たワンクリック詐欺ワンクリック契約

    体長42m 体重42,000t。ペソマルク星人が友情に目覚めパワーアップ、二段変身した魔法少女。武器の宇宙ガマ口やワンクリック詐欺などの様々な詐欺を用いて戦う。ミカるんX フレッシュアイペディアより)

  • 2ちゃんねるの歴史

    2ちゃんねるの歴史から見たワンクリック詐欺ワンクリック契約

    4月1日 - エイプリルフールとのことで、ニュース速報(VIP)板にはワンクリック詐欺の架空の広告が掲載された。2ちゃんねるの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 吹石 一恵

    吹石一恵から見たワンクリック詐欺ワンクリック契約

    コンピュータウイルスやワンクリック詐欺が怖いため、プロバイダ契約をしておらず、自宅のパソコンではインターネットができない。吹石一恵 フレッシュアイペディアより)

  • スパム (メール)

    スパム (メール)から見たワンクリック詐欺ワンクリック契約

    広告宣伝以外のものでは、2003年頃から、実際には利用していない有料情報サービス(有料アダルト番組、ツーショットダイヤル、ダイヤルQ2、有料出会い系サイト等)の利用料や債権などを請求する、悪質な架空請求詐欺メール、ワンクリック詐欺メールが急増し、2004年現在で、前年度比6.5倍の相談が寄せられている(国民生活センター発表)。スパム (メール) フレッシュアイペディアより)

  • スパム (メール)

    スパム (メール)から見たワンクリック契約ワンクリック契約

    これらの無差別かつ大量に一括して送信される電子メールのほとんどは広告メールで、「迷惑メール」「ジャンクメール(junk mail)」「バルクメール (bulk mail)」とも呼ばれ、日本国内においては総務省などの省庁が使う表現に従って「迷惑メール」と呼ぶことが多い。その大半がアダルト勧誘(ワンクリック詐欺の場合もあり、要注意)のURLが記されている。スパム (メール) フレッシュアイペディアより)

  • 雑談系2 (2ちゃんねるカテゴリ)

    雑談系2 (2ちゃんねるカテゴリ)から見たワンクリック詐欺ワンクリック契約

    4月1日 - エイプリルフールのジョークでトップの看板がワンクリック詐欺の登録料請求を模したものに変更される。雑談系2 (2ちゃんねるカテゴリ) フレッシュアイペディアより)

  • ウーマンラッシュアワー

    ウーマンラッシュアワーから見たワンクリック詐欺ワンクリック契約

    女性と性行為をしている自身の動画がネットで流出したと聞いて検索をかけたところ、悪質業者によるワンクリック詐欺だったため、アクセスしたら14万円の架空請求が来た(動画は実際にはない)。ウーマンラッシュアワー フレッシュアイペディアより)

  • 江南スタイル

    江南スタイルから見たワンクリック契約ワンクリック契約

    2012年7月15日にYouTubeに公開されたミュージックビデオはケイティ・ペリーやマルーン5らによって話題にされ、公開から2ヵ月で再生回数1億回を突破した。2012年9月11日に『中央日報日本語版』は、YouTubeでのプロモーションビデオのアクセス回数で比較すると、レディー・ガガの『ポーカー・フェイス』は約3年で1億3000万回を記録したのに対して、「江南スタイル」は58日で同じアクセス回数を記録したと報道した。その後、「江南スタイル」のビデオは2012年10月8日に4億回以上の再生回数を記録し、アデルの「ローリング・イン・ザ・ディープ」、ブルーノ・マーズの「ザ・レイジー・ソング」などを超えた。さらに2012年10月20日には、5億回以上の再生回数を記録し、レディー・ガガの「バッド・ロマンス」、LMFAOの「パーティ・ロック・アンセム」などを超え、2012年10月31日には、6億回以上の再生回数を記録し、エミネムの「ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ライ」、ジェニファー・ロペスの「オン・ザ・フロア」などを超えた。そして2012年11月13日には再生回数7億回を突破。2012年11月24日に8億回を超える再生回数でギネス記録を保持しているジャスティン・ビーバーの「ベイビー」の記録を4ヵ月で塗り替えた。2012年12月再生回数を10億回突破する。しかし、YouTubeでランキングの仕様変更を行った際、一時的に1位から96位ランキング圏外になるという現象が起きた。日本では「ワンクリック詐欺」「イカサマ商法」「工作スタイル」などとネットで批判が飛び交ったが、その後再び1位に復帰した。江南スタイル フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「ワンクリック詐欺」のニューストピックワード