675件中 21 - 30件表示
  • W54S

    W54Sから見たワンセグワンセグ

    同時期に発表された東芝(現・富士通モバイルコミュニケーションズ)製W56Tと内部基板は同じで、EV-DO Rev.A、324万画素AFカメラ・Bluetooth・約800MB内蔵メモリ・ワンセグ・地上デジタル音声放送放送実用化試験の受信機能などのハイエンドな機能を有しており、新プラットフォーム「KCP+」や2.8インチワイド有機ELディスプレイが搭載されている。外部メモリーは同社のau向けとしてはこの機種よりSDメモリーカード系のmicroSDのみの対応となっており、これまでのメモリースティック系のメモリースティックPro Duoおよびメモリースティックマイクロには対応していない。W54S フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 911T

    SoftBank 911Tから見たワンセグワンセグ

    ソフトバンクモバイル向けの東芝製端末としては初のスライド式である。3.0インチワイドVGA液晶、ワンセグ、324万画素CMOSカメラ(オートフォーカス対応)、横画面でのPCサイトブラウザ、FeliCa(モバイルSuica対応)など2007年春モデルの中では最も機能が多い。SoftBank 911T フレッシュアイペディアより)

  • W43H

    W43Hから見たワンセグワンセグ

    W43HはW41Hの後継機で、2軸回転式の形状でワンセグに対応する。サイドのボタンはカシオのW41CA(W41Hと同時期に発売された機種)とほぼ同じ。W41Hと同じく、アナログチューナーは搭載せず、充電スタンドをテレビスタンドとしても使用できる。充電スタンドは回転させることで縦横切り替えることができる。ボタンは押しやすいタイルキーに改良されたほか、EZチャンネルプラス・EZニュースフラッシュ・デコレーションメールなどauの新サービスに対応した。EZ FeliCaのプリセットアプリはQUICPayに変更された。W42Hで搭載していたWシーン機能や6つのモバイル辞典も搭載し、auのWIN2006年秋冬モデルでは比較的ハイスペックな端末となっている。デザインはW41Hと同じく二層成型を施している。特に透明層が厚いのが特徴である(ただし、擦り傷が目立ちやすく、落としたりすると透明層にヒビが入ることがある)。W43H フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 006SH

    SoftBank 006SHから見たワンセグワンセグ

    SoftBank 003SH、SoftBank 005SHの後継に当たるAndroid OS 2.3搭載のスマートフォンで、003SHに引き続き、ワンセグ、赤外線通信、バーコードリーダー、名刺リーダ、のぞき見防止用のカラーベールビューといった従来の日本のフィーチャー・フォン的な機能が搭載されているほか、おサイフケータイ(FeliCa)、モバイル3D液晶が搭載されている。SoftBank 006SH フレッシュアイペディアより)

  • ロケーションフリー

    ロケーションフリーから見たワンセグワンセグ

    通信と放送の融合を実現しているともいわれるワンセグと並ぶほどエポックメイキングといえる商品が「ロケーションフリー」だが、従来にない仕組みや使用環境とダイナミックDNSという固有のIPアドレスに関わる制限からか、一般的な消費者への認知度はそれほど高いとはいえない。ロケーションフリー フレッシュアイペディアより)

  • モバHO!

    モバHO!から見たワンセグワンセグ

    サービス開始3年後の2007年に会員数を最低でも150万、目標は200万としており、海外進出の展望もあったが、2006年に開始された無料のワンセグと競合。2008年時点で会員数は約10万と伸び悩み、赤字を改善できず事業継続を断念。モバHO! フレッシュアイペディアより)

  • Papyrus (電子辞書)

    Papyrus (電子辞書)から見たワンセグワンセグ

    電子辞書「エクスワード」シリーズ(カシオ計算機)と人気を二分する。以前は、電子辞書としては珍しくカラー液晶やワンセグチューナーを搭載した機種を発売していたが、2008年8月発売のPW-AC830/AC880よりカラー液晶搭載モデルはBrainに移行し、Papyrusとの棲み分けを行っている。Papyrus (電子辞書) フレッシュアイペディアより)

  • W33SA

    W33SAから見たワンセグワンセグ

    W33SA(ダブリュー さんさん エスエイ)は、三洋電機(大阪、後の京セラ SANYOブランド)が開発し、KDDIおよび沖縄セルラー電話のauブランドで販売されたCDMA 1X WIN(後のau 3G)の携帯電話である。日本初のワンセグ対応端末として発売された。W33SA フレッシュアイペディアより)

  • SH-12C

    SH-12Cから見たワンセグワンセグ

    LYNX 3D SH-03Cの後継に当たるAndroid 2.3搭載のスマートフォン。SH-03Cに引き続き、ワンセグ、赤外線通信、バーコードリーダー、名刺リーダ、のぞき見防止用のカラーベールビューといった従来の携帯電話に準ずる機能が搭載されているほか、おサイフケータイ(FeliCa)、モバイル3D液晶が搭載されている。SH-12C フレッシュアイペディアより)

  • Quarter Video Graphics Array

    Quarter Video Graphics Arrayから見たワンセグワンセグ

    移動体端末向けの地上デジタルテレビジョン放送であるワンセグの解像度も最大で320×240である。Quarter Video Graphics Array フレッシュアイペディアより)

675件中 21 - 30件表示

「ワンセグ」のニューストピックワード