675件中 31 - 40件表示
  • モバイル週間ニュース

    モバイル週間ニュースから見たワンセグワンセグ

    『モバイル週間ニュース』(モバイルしゅうかんニュース)は、2010年4月10日から2013年3月16日までNHKワンセグ2で放送されたニュースダイジェスト番組。ワンセグ独自番組と位置づけられているが、第1回、2010年9月18日、および2011年度(2011年4月16日?2012年3月17日)はNHK教育テレビジョン(NHK Eテレ)でも放送された。モバイル週間ニュース フレッシュアイペディアより)

  • カシオ日立モバイルコミュニケーションズ

    カシオ日立モバイルコミュニケーションズから見たワンセグワンセグ

    同社初の、ワンセグ対応モデル(ただし、地上アナログテレビ放送には非対応)。テレビ受信を意識したため、ディスプレイサイズを2.7インチにし、回転二軸スタイルを採用している(W32Hの液晶部分を回転できるようにしたような感じのデザイン)。ただし、その代わり、重さが159グラムとかなり重いものになっている。録画と静止画保存も可能。LISMO・EZ FeliCa・フルブラウザ等の機能を搭載。また、同社としては最後のminiSDカード対応端末でもある(2月)。カシオ日立モバイルコミュニケーションズ フレッシュアイペディアより)

  • らくらくホン6

    らくらくホン6から見たワンセグワンセグ

    らくらくホンVの後継機にあたる、らくらくホンシリーズのスタンダードモデルである。前機種との大きな変化は、防水・防塵対応、ワンセグ搭載、メインカメラの画素数アップ、電子コンパス機能搭載の4点である。らくらくホン6 フレッシュアイペディアより)

  • W51SH

    W51SHから見たワンセグワンセグ

    この機種はワンセグに対応しており、905SHやSH903iTVと同じサイクロイド機構を採用しており、au初の「AQUOSケータイ」である。W51SH フレッシュアイペディアより)

  • SH-06C

    SH-06Cから見たワンセグワンセグ

    プロジェクター機能をつかうことにより、ワンセグや、撮影した写真や動画などを、nHD(640×360ドット)の高解像度で映し出すことができる。プロジェクターは本体上部に搭載されており、そこから壁やスクリーンなどに映像を投影できる。ディスプレーに表示されるものは、ほとんど表示が可能となっており、ワンセグや写真以外でも、Blu-rayレコーダーから転送した映像、メール画面、ブラウザ画面、メニュー画面なども投影可能となる。また、ドキュメントビューアーやPDFビューアーを搭載しているため、WordやPowerPointなども表示でき、プレゼンテーションなどにも利用することも可能となる。プロジェクタ使用時の電池の持ちは最大で100?120分程度となる。SH-06C フレッシュアイペディアより)

  • Cowon

    Cowonから見たワンセグワンセグ

    2007年10月19日発売。COWON D2のワンセグチューナー内蔵モデル。録画、予約録画機能、EPG付き。その他はほぼD2と同仕様である。Cowon フレッシュアイペディアより)

  • Memory COMPO

    Memory COMPOから見たワンセグワンセグ

    2009年8月下旬発売。カラーバリエーションはブラック、ホワイト。Memory COMPOシリーズのUX-GM77の事実上の後継機種。iPodとの接続機能を全面的に押し出している。4.3インチ液晶を搭載。UX-GM77(UX-GM55)に搭載されていた「2GBメモリー」「alneoドック」を廃止し、512MBフォトファイル専用メモリー、iPodダイレクトドックに置き換えられた。スピーカー出力は15w+15w。JVC製オーディオ機器としては初めてワンセグ放送に対応した。CD、MD、USB端子、iPodドック、512MBフォトファイル専用メモリー、ワンセグチューナー、FM/AMチューナー、アナログ外部入力端子搭載。iPod対応オーディオシステムとしては唯一のMD搭載機種。またJVC製としては最後に発売されたMD搭載機種でもある(MD機構部品の調達が困難という理由で、2011年6月をもってJVCがMD搭載機種の生産をすべて終了したため。)ため、同時発売のNX-TC3に比べ、人気が高い機種でもあった。後述のNX-TC3との相違点は、MDの有無、色調の違いのみである。こちらはブラック、ホワイト共に本体にシルバーが混じったツートンカラーとなっている。2010年8月生産終了。Memory COMPO フレッシュアイペディアより)

  • W56T

    W56Tから見たワンセグワンセグ

    W47Tの後継。324万画素AFカメラ・Bluetooth・約800MB内蔵メモリ・ワンセグ・地上デジタル音声放送実用化試験の受信機能等、東芝の以前の機種より劣る部分もあるもののハイエンドな機能を継承しながら、新プラットフォーム「KCP+」や2.8インチワイド有機ELディスプレイ、画面が360度回転する「リバーシブルスタイル」を採用した折りたたみ携帯である。W56T フレッシュアイペディアより)

  • ピクセラ

    ピクセラから見たワンセグワンセグ

    ビデオキャプチャーやワンセグチューナーなど、映像関連のパソコン周辺機器を主に製造販売している。ピクセラ フレッシュアイペディアより)

  • W52SH

    W52SHから見たワンセグワンセグ

    auではW41SH、W51SHに続くシャープ製端末の第3弾、ワンセグ対応機種では第2弾である。『ニュー・コンパクト・スタンダード』および『ホリゾンタル・ビューティー・デザイン』のコンセプトを基に、形状は回転2軸折りたたみ形で厚さ(奥行)17.6ミリの薄型で、シャープ初の非サイクロイド型のワンセグ対応機種となる。また、この機種はワンセグに対応してはいるが「AQUOSケータイ」の愛称は付いていない。W52SH フレッシュアイペディアより)

675件中 31 - 40件表示

「ワンセグ」のニューストピックワード