675件中 51 - 60件表示
  • 青森放送

    青森放送から見たワンセグワンセグ

    2006年(平成18年)7月1日5時45分より地上デジタル放送及びワンセグが開始された(青森テレビや青森朝日放送と同日)。呼出名称は「あおもりほうそうデジタルテレビジョン」。地上デジタル放送の送信所は、アナログ放送親局を設置していた鷹森山でなく青森テレビと青森朝日放送の基幹送信所と同じ位置の馬ノ神山に設置された。青森放送 フレッシュアイペディアより)

  • Sony Mobile

    Sony Mobileから見たワンセグワンセグ

    2008年(平成20年)9月発売。ワンセグ搭載モデル。Sony Mobile フレッシュアイペディアより)

  • ISDB

    ISDBから見たワンセグワンセグ

    なお、地上デジタル放送の携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス(ワンセグ)での映像符号化方式はMPEG-4 AVCである(当初計画ではMPEG-4となっていたが特許料の安いこの方式になった)。ISDB フレッシュアイペディアより)

  • ケーブルテレビ

    ケーブルテレビから見たワンセグワンセグ

    衛星・地上デジタルテレビジョン放送の開始や2011年7月の地上アナログテレビ放送の終了などを見据えたケーブルテレビのデジタル化が求められ、2004年頃に大都市圏から開始していった。特に地上デジタル放送の放送エリアの中心である県庁所在地から(地理的に)離れた地域(山村・離島など)にもデジタル放送をサービスできるメリットがあり、三重県のようにCATVを使用することにより県内全域に渡り地上デジタル放送を利用することが可能となった地域もあるが、ケーブルテレビのみではカーナビなどの車載テレビやワンセグを受信できない欠点がある。ケーブルテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見たワンセグワンセグ

    携帯電話の端末には、アンテナ、スピーカー、マイクと、これらを制御する電子回路と、入力のための暗い場所でも見やすいよう大体光るようになっているボタンと、電源があるが、機能の増加からパーツは増える傾向にある。最近の端末ではディスプレイを搭載しており、液晶や無機EL、有機EL、発光ダイオードなどさまざまな素材が利用されている。初期型の製品にはアンテナがほとんど露出していたが、2000年代中頃に内蔵の機種が増え、現在のアンテナはほとんどが内蔵型である(ワンセグ対応機種はテレビアンテナが付いている)。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • DIGA

    DIGAから見たワンセグワンセグ

    新たにワンセグ同時記録機能を追加(SDカードへ伝送。ただし、SDカードに差し込んでいても本機での直接再生は不可)、携帯電話への転送やビエラワンセグでの視聴が可能となった。DIGA フレッシュアイペディアより)

  • 第57回NHK紅白歌合戦

    第57回NHK紅白歌合戦から見たワンセグワンセグ

    新たに「ワンセグ審査員」が募集された。これは4月1日からワンセグが放送開始されたことに伴うものだった。第57回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第59回NHK紅白歌合戦

    第59回NHK紅白歌合戦から見たワンセグワンセグ

    前回同様、ケータイ審査員は5万名、デジタルTV・ワンセグ審査員は無制限とし、アクセスが殺到した場合に制限した。第59回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ宮崎

    テレビ宮崎から見たワンセグワンセグ

    1970年4月1日、宮崎放送(MRT)に次ぐ宮崎県で2番目の民放テレビ局として開局し、2006年12月に地上デジタル放送とワンセグの本放送を開始した。本社・演奏所(スタジオ)の所在地は宮崎市祇園2丁目78番地。送信所を鰐塚山頂に置く。宮崎県内では最後に開局したテレビ局である。テレビ宮崎 フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たワンセグワンセグ

    薄型テレビの普及の課題は上でも述べたブラウン管テレビより高い価格のほか、元々テレビは買い替えサイクルが長い製品のため、古いテレビを使い続ける消費者が多いこと、またテレビチューナー付きパソコンやワンセグ対応携帯電話などの普及により、据え置き型テレビを必要としない人が増えていることが挙げられる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

675件中 51 - 60件表示

「ワンセグ」のニューストピックワード