124件中 51 - 60件表示
  • ワンセグ

    ワンセグから見た札幌テレビ放送

    札幌テレビ放送では土曜日9:25 - 9:29および11:54 - 11:59に12セグメント放送では各地域ごとの番組を放送するが、ワンセグでは道内一律で札幌局発の番組(『小樽フラッシュニュース』および『札幌ふるさと再発見』、ともに札幌放送局管内の12セグメント放送と同一内容)を放送しているため差し替え放送を行っている地域では実質ワンセグ独自番組となっている。また、CMも12セグメント放送では一部時間帯で各地域ごとの内容に差し替えられるが、ワンセグでは道内一律ですべて札幌局発のCMを放送しているため、これも差し替え放送を行っている地域では実質ワンセグ独立編成の扱いとなっている。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たISDB

    日本の地上デジタルテレビ放送 (ISDB-T) ではUHF帯の470MHz - 770MHzを13 - 62チャンネルと呼ぶ50のチャンネルに分け、そのチャンネル1つの周波数帯域幅6MHz(実効帯域幅5.57MHzとチャンネル間約430kHzのガードバンド)が13のセグメントに分かれた構造となっている。13セグメント中ハイビジョン放送 (HDTV) には12セグメント、標準画質放送には4セグメント割り当てられている。モバイル端末(携帯電話など)は画面を小さく性能を低くして携帯性や移動性を重視し、1セグメントを割り当てて解像度がQuarter Video Graphics Array (QVGA、320×240/320×180) の放送を行うこととなった。この「1セグメント」を略して「ワンセグ」と呼ばれている。持ち運びできる新しい媒体として期待されている。音声は2chステレオであり5.1chサラウンドステレオには対応していない。詳細はISDBを参照。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たH.264

    開発に至るまでは、MPEG-4のライセンス問題や従来のMPEG-4に替わってMPEG-4AVC/H\.264を採用すると復調回路の演算性能を高くしなければならないなどの問題も生じた。さらに移動体の中でハイビジョン放送(12セグメント、ワンセグに対して「12セグ」・「フルセグ」とも呼ばれる)の受信実験をしたところ、専用アンテナを付ければ十分に受信できるという結果が出たため、必要性を疑われることもあった。実際に、カーナビのハイエンドモデルに関しては12セグのハイビジョン放送とワンセグの両方に対応した機器も登場している。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たサイマル放送

    2008年3月末まで一つの放送局から同一番組を流すサイマル放送が義務付けられており、ワンセグで見られる番組は12のセグメントを使用する地上デジタル放送の主番組と同じだったが2008年4月1日改正放送法の施行によってサイマル放送の義務化が解かれ部分的なワンセグ放送独自の番組の放送が始まった。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たハイビジョン

    日本の地上デジタルテレビ放送 (ISDB-T) ではUHF帯の470MHz - 770MHzを13 - 62チャンネルと呼ぶ50のチャンネルに分け、そのチャンネル1つの周波数帯域幅6MHz(実効帯域幅5.57MHzとチャンネル間約430kHzのガードバンド)が13のセグメントに分かれた構造となっている。13セグメント中ハイビジョン放送 (HDTV) には12セグメント、標準画質放送には4セグメント割り当てられている。モバイル端末(携帯電話など)は画面を小さく性能を低くして携帯性や移動性を重視し、1セグメントを割り当てて解像度がQuarter Video Graphics Array (QVGA、320×240/320×180) の放送を行うこととなった。この「1セグメント」を略して「ワンセグ」と呼ばれている。持ち運びできる新しい媒体として期待されている。音声は2chステレオであり5.1chサラウンドステレオには対応していない。詳細はISDBを参照。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見た市町村

    2006年4月1日の11時(日本時間)から東京都など、29都府県で開始し同年12月1日にはハイビジョン放送と同時に全43県の県庁所在地および近接する一部の市・町・村でも受信できるようになり、2011年現在放送大学学園を除く全ての地上波放送局で行われている。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見た日本の地上デジタルテレビ放送

    日本の地上デジタルテレビ放送 (ISDB-T) ではUHF帯の470MHz - 770MHzを13 - 62チャンネルと呼ぶ50のチャンネルに分け、そのチャンネル1つの周波数帯域幅6MHz(実効帯域幅5.57MHzとチャンネル間約430kHzのガードバンド)が13のセグメントに分かれた構造となっている。13セグメント中ハイビジョン放送 (HDTV) には12セグメント、標準画質放送には4セグメント割り当てられている。モバイル端末(携帯電話など)は画面を小さく性能を低くして携帯性や移動性を重視し、1セグメントを割り当てて解像度がQuarter Video Graphics Array (QVGA、320×240/320×180) の放送を行うこととなった。この「1セグメント」を略して「ワンセグ」と呼ばれている。持ち運びできる新しい媒体として期待されている。音声は2chステレオであり5.1chサラウンドステレオには対応していない。詳細はISDBを参照。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たBroadcast Markup Language

    ワンセグ用データ放送には、BML Cプロファイルが用いられている。このプロファイルはBSデジタル放送や地上デジタル放送のAプロファイルとは異なる機能が追加されており、上記の「放送と通信の連携機能」が実現されている。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たブラジル

    日本以外の地域でも移動体向けの地上デジタルテレビ放送(マルチメディア放送)が始まりつつあり大きく分けて日本方式(ワンセグ : ISDB-Tの部分受信)、欧州方式 (DVB-H)、韓国方式 (T-DMB) の3方式がある。このうち、セグメントの部分受信という方式を採っているのは日本方式だけである。この日本方式では、ブラジルが2007年後半にいくつかの都市圏から放送サービスが始まった。ただし使用周波数が日本は470および770MHzなのに対しブラジルは806MHz、毎秒フレーム数が日本の15fpsに対しブラジルは30fpsとシステムの相違が見られる。他にはペルーでも日本方式の地上波デジタル放送システム導入が決定し、ワンセグ放送開始への可能性が開けた。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見た南相馬市

    遊園地・博物館・大学などで地区を限定して構内案内や買い物の案内を行うコミュニティワンセグ構想もある。社会実験が数例行われた後、2011年4月に総務省が「ホワイトスペース特区」として一部のエリアについてエリア限定型ワンセグ放送の認可を行った。2011年12月現在、常時行われている放送としては羽田空港(羽田エリアワンセグサービス)や福島県南相馬市(南相馬チャンネル)などがあるほか、イベントと連動し期間限定でワンセグ放送を行っているエリア(富士スピードウェイ、六本木ヒルズなど)もある。(日本の地上デジタルテレビ放送も参照)ワンセグ フレッシュアイペディアより)

124件中 51 - 60件表示

「ワンセグ」のニューストピックワード