124件中 81 - 90件表示
  • ワンセグ

    ワンセグから見た日本プロサッカーリーグ

    独自編成の一種である。別名に「ワンセグローカルサービス」などの言い方もある。これは受信エリアを通常の県域放送とは別に特定の地域に限定して配信するもので、これまでにJリーグの試合会場や渋谷駅付近等で実用試験が実施されている。またテレビ大分も2010年4月に県域民放で初めて、同局主催のイベント「TOSまつり」の会場(TOS本社社屋周辺)限定のワンセグを放送したことがある。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たノイズ

    移動体での受信では、固定で受信する通常の放送やハイビジョンに比べて受信環境が厳しくなる。そのため、変調にはノイズに強いものが採用された。なお日本の地上デジタル放送 (ISDB-T) では13セグメントを最大3つの階層に分割し階層ごとに使用セグメント数、変調方式、畳み込み符号の符号化率などを変えることができる。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たW33SA

    ワンセグは既存の地上デジタルテレビ放送と同じアンテナから送出されるので、放送局側の準備が整い次第、「地上デジタルテレビ放送が受信できる地域」では「ワンセグも受信できる」ことになる。ただし、一部ハイビジョン放送の放送開始から遅れる地域もある。また当初は県庁所在地から(地理的に遠く)離れた市町村(山村・離島など)は地上デジタルテレビジョン放送そのものが開始されておらず、受信できない地域もあったが、2007年以降、中継局の開局・増加に伴い、それらの一部地域でも受信できるようになった。ただし、依然として全域でのワンセグの受信ができていない(ワンセグが受信できない場合、ケーブルテレビの代替で受信できる場合はある)。放送開始当初、受信可能な機器はP901iTV、W33SA、W41Hの携帯電話3機種のみだった。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たインターネット

    NHKは携帯電話などで視聴する場合においても放送契約が必要であるとしているが、通信端末として使用するのみで、TVの視聴を目的としていない場合は放送契約の必要はない(後述)。データ放送からさらに詳しい情報を受信するために放送局とインターネットを通したパケット通信をする場合には、携帯電話の場合別途パケット通信料金がかかる。この場合、携帯電話の設定を変更していない限り、画面にサーバー受信可否を問う画面が表示される。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たニンテンドーDS Lite

    ニンテンドーDS(DS Lite・DSi・DSi LL・3DS含む)用ワンセグ受信アダプタ DSテレビ(任天堂)ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たQuarter Video Graphics Array

    日本の地上デジタルテレビ放送 (ISDB-T) ではUHF帯の470MHz - 770MHzを13 - 62チャンネルと呼ぶ50のチャンネルに分け、そのチャンネル1つの周波数帯域幅6MHz(実効帯域幅5.57MHzとチャンネル間約430kHzのガードバンド)が13のセグメントに分かれた構造となっている。13セグメント中ハイビジョン放送 (HDTV) には12セグメント、標準画質放送には4セグメント割り当てられている。モバイル端末(携帯電話など)は画面を小さく性能を低くして携帯性や移動性を重視し、1セグメントを割り当てて解像度がQuarter Video Graphics Array (QVGA、320×240/320×180) の放送を行うこととなった。この「1セグメント」を略して「ワンセグ」と呼ばれている。持ち運びできる新しい媒体として期待されている。音声は2chステレオであり5.1chサラウンドステレオには対応していない。詳細はISDBを参照。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見た標準画質映像

    日本の地上デジタルテレビ放送 (ISDB-T) ではUHF帯の470MHz - 770MHzを13 - 62チャンネルと呼ぶ50のチャンネルに分け、そのチャンネル1つの周波数帯域幅6MHz(実効帯域幅5.57MHzとチャンネル間約430kHzのガードバンド)が13のセグメントに分かれた構造となっている。13セグメント中ハイビジョン放送 (HDTV) には12セグメント、標準画質放送には4セグメント割り当てられている。モバイル端末(携帯電話など)は画面を小さく性能を低くして携帯性や移動性を重視し、1セグメントを割り当てて解像度がQuarter Video Graphics Array (QVGA、320×240/320×180) の放送を行うこととなった。この「1セグメント」を略して「ワンセグ」と呼ばれている。持ち運びできる新しい媒体として期待されている。音声は2chステレオであり5.1chサラウンドステレオには対応していない。詳細はISDBを参照。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たアンテナ

    開発に至るまでは、MPEG-4のライセンス問題や従来のMPEG-4に替わってMPEG-4AVC/H.264を採用すると復調回路の演算性能を高くしなければならないなどの問題も生じた。さらに移動体の中でハイビジョン放送(12セグメント、ワンセグに対して「12セグ」・「フルセグ」とも呼ばれる)の受信実験をしたところ、専用アンテナを付ければ十分に受信できるという結果が出たため、必要性を疑われることもあった。実際に、カーナビのハイエンドモデルに関しては12セグのハイビジョン放送とワンセグの両方に対応した機器も登場している。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見た渋谷駅

    独自編成の一種である。別名に「ワンセグローカルサービス」などの言い方もある。これは受信エリアを通常の県域放送とは別に特定の地域に限定して配信するもので、これまでにJリーグの試合会場や渋谷駅付近等で実用試験が実施されている。またテレビ大分も2010年4月に県域民放で初めて、同局主催のイベント「TOSまつり」の会場(TOS本社社屋周辺)限定のワンセグを放送したことがある。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

  • ワンセグ

    ワンセグから見たAAC

    映像圧縮技術にはMPEG-4の2倍、MPEG-2に対しては4倍以上という圧縮品質を実現したH.264が採用された。さらに音声にはAACが採用されている。なお、低ビットレートにおいて音質を改善する追加技術SBRの適用に関しては放送局による。ワンセグ フレッシュアイペディアより)

124件中 81 - 90件表示

「ワンセグ」のニューストピックワード