104件中 51 - 60件表示
  • ヨーロッパ低運賃航空会社協会

    ヨーロッパ低運賃航空会社協会から見たワンワールドワンワールド

    エア・ベルリン(2012年3月20日にワンワールドへ加盟)ヨーロッパ低運賃航空会社協会 フレッシュアイペディアより)

  • サンフランシスコ国際空港

    サンフランシスコ国際空港から見たワンワールドワンワールド

    ボーディング・エリアAは主にスカイチームまたはワンワールドに加盟している航空会社、及び航空連合に加盟していない航空会社が利用している。スターアライアンスに加盟している航空会社はアシアナ航空と一部のエア・カナダ便のみである。サンフランシスコ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ニキ航空

    ニキ航空から見たワンワールドワンワールド

    2010年7月にエア・ベルリンがワンワールドへ加盟する方針を表明したことに伴い、ニキ航空も2012年3月20日より同社のアフィリエイトメンバーとしてワンワールドに加盟した。2015年6月14日より、エティハド航空とのコードシェア便でアブダビ経由ウィーン=成田線と、アブダビ・北京経由ウィーン=中部線に就航している。ニキ航空 フレッシュアイペディアより)

  • アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港

    アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港から見たワンワールドワンワールド

    ターミナル4は主に航空連合ワンワールドに所属している航空会社が乗り入れている。アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港 フレッシュアイペディアより)

  • エンヴォイ・エア

    エンヴォイ・エアから見たワンワールドワンワールド

    エンヴォイ・エア()、旧アメリカン・イーグル航空(アメリカン・イーグルこうくう、)はテキサス州アービングに拠点を置く航空会社である。同社はアメリカン航空グループの完全子会社であり、グループ外の数社とともにアメリカン・イーグルブランドでアメリカン航空の路線網を提供する。一日に1,800以上の便を運航し、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、カリブ地方などの159都市に就航しており、エンヴォイは世界最大の地域航空会社と考えられている。エンヴォイはワンワールドの加盟航空会社である。エンヴォイ・エア フレッシュアイペディアより)

  • トロント・ピアソン国際空港

    トロント・ピアソン国際空港から見たワンワールドワンワールド

    主にウエストジェット航空やエア・トランザット、スカイチームおよびワンワールド系列の各社が利用している。旅客向けにはコンコースが3つに区分され、概ね西側がA、東側がB、Bの南側先端がCとなっているが、需要に応じて融通している。トロント・ピアソン国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • bmi (航空会社)

    bmi (航空会社)から見たワンワールドワンワールド

    2011年11月5日にルフトハンザからブリティッシュ・エアウェイズを傘下に持つインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)への売却が発表された。1売却は2012年3月30日に欧州委員会より承認され、同年4月12日にはブリティッシュ・エアウェイズによる統合計画が明らかになった。これに伴い、同年4月20日にスターアライアンスから脱退し、2012年5月23日からワンワールドと提携を開始23。ロンドン・ヒースロー空港発着の一部路線で、bmiが運航する便に、ブリティッシュ・エアウェイズの「BA」コードが付き、今後、それが段階的に拡大される。4bmi (航空会社) フレッシュアイペディアより)

  • マレーヴ・ハンガリー航空

    マレーヴ・ハンガリー航空から見たワンワールドワンワールド

    ハンガリーで20世紀初頭(記録に残る最初の会社はオーストリア・ハンガリー帝国時代の1910年設立)から民間航空が行われていたが、第二次世界大戦により全て中断された。戦後、1946年3月29日に "マジャル語: 英語訳:Hungarian-Soviet Civil Air Transport Joint Stock Company"(ハンガリー・ソヴィエト民間航空輸送合弁持株会社)として設立され、1956年11月25日にハンガリー政府がソヴィエト連邦が持つ同社の株式を全て購入し、現在のマレーヴ・ハンガリー航空が成立した。その後も大部分の株式をハンガリー政府が所有する国営航空会社としての営業を続けている。また、2007年4月1日には国際航空連合組織の一つであるワンワールドへ加盟した。マレーヴ・ハンガリー航空 フレッシュアイペディアより)

  • カンタスリンク

    カンタスリンクから見たワンワールドワンワールド

    カンタスリンク(QantasLink)はオーストラリアでコミューター路線を運航するカンタス航空の子会社の総称およびそのブランド名。Regional Express Airlinesを中心に構成されており、加盟航空会社はワンワールドの系列メンバーでもある。IATAはカンタス航空と共通のものを共通で使用しているが、ICAOとコールサインは4社がそれぞれ別々のものを使っている。カンタスリンク フレッシュアイペディアより)

  • オープンスカイズ

    オープンスカイズから見たワンワールドワンワールド

    2012年12月1日、アフィリエイトメンバーとして航空連合・ワンワールドに加盟した。オープンスカイズ フレッシュアイペディアより)

104件中 51 - 60件表示

「ワンワールド」のニューストピックワード