74件中 21 - 30件表示
  • ワンワールド

    ワンワールドから見たマイレージサービス

    2009年時点で3つ存在する航空連合の中で第3位の規模を有する。ワンワールドは世界135か国に目的地600以上に達し、便数は毎日8000便を超える。メンバー航空会社及びその関連会社は、運航計画、航空券発行、共同運航、乗継便運用、マイレージサービス、空港ラウンジの共有、経費節減、及びベストプラクティスにおいて高度な協力関係を有している。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たUSエアウェイズ

    北アメリカにおいては設立メンバーの1社であったカナディアン航空の倒産後はアメリカン航空のみが加盟しているが、同社がかつて全米最大の航空会社であったことを考えても、北アメリカ路線に4社を擁するスターアライアンスおよび2社を擁するスカイチームと比べて決して路線網が強いとはいえない状態であった。メキシカーナ航空が2009年に加盟したことで同大陸におけるプレゼンスが一時的に増したが、2010年8月に倒産に伴い運航を停止したことから、北アメリカではアメリカン航空だけという状態に戻ってしまった。メキシカーナ航空は2011年12月に運行再開されるため、この事態は解消される模様である。また、アメリカン航空とUSエアウェイズの合併で、北米路線や米国を拠点とする国際線も充実することが予想される。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たS7航空

    2010年にロシア第2位の航空会社であるS7航空が加盟した事によりロシア国内及び独立国家共同体 (CIS) ・東ヨーロッパ諸国の路線網が充実し、ロシア方面へのキャリアを持たないスターアライアンスより有利になるが、国際線はスカイチーム加盟のアエロフロートに比べると長距離路線が少なく、東アジア方面へのネットワークが弱いため、S7航空のハブ空港である西シベリアのノヴォシビルスク及びイルクーツクと東アジア方面の連結が今後の課題となる。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たメキシカーナ航空

    北アメリカにおいては設立メンバーの1社であったカナディアン航空の倒産後はアメリカン航空のみが加盟しているが、同社がかつて全米最大の航空会社であったことを考えても、北アメリカ路線に4社を擁するスターアライアンスおよび2社を擁するスカイチームと比べて決して路線網が強いとはいえない状態であった。メキシカーナ航空が2009年に加盟したことで同大陸におけるプレゼンスが一時的に増したが、2010年8月に倒産に伴い運航を停止したことから、北アメリカではアメリカン航空だけという状態に戻ってしまった。メキシカーナ航空は2011年12月に運行再開されるため、この事態は解消される模様である。また、アメリカン航空とUSエアウェイズの合併で、北米路線や米国を拠点とする国際線も充実することが予想される。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たロイヤル・ヨルダン航空

    中東においてはロイヤル・ヨルダン航空が加盟、カタール航空が加盟予定であり、ヨーロッパから中東への便が多いブリティッシュ・エアウェイズの路線を含め、中東内のみならず中東とヨーロッパ間などのネットワークが充実している。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たマレーヴ・ハンガリー航空

    2005年11月22日 - マレーヴ・ハンガリー航空がワンワールドへの加盟を正式に承認され、サービス開始のための準備作業に入った。これにより東ヨーロッパ地域における路線網が強化されることになる。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たスリランカ航空

    東南アジアにおいては、幅広いネットワークを持つキャセイパシフィック航空に加え、マレーシア航空が2013年2月1日に加盟。スリランカ航空も2013年後半までにワンワールドに加盟することが正式発表されている。なお2010年2月23日に加盟予定を発表したインドのキングフィッシャー航空は、その後の経営難により現在加盟保留状態となっている。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たエアリンガス

    2000年 - エアリンガス及びラン・チリ(現在はラン航空)が連合に加わる。しかしながら、設立メンバー航空会社であるカナディアン航空は財務悪化後にエア・カナダによって買収された(エア・カナダは競争相手であるスターアライアンスのメンバーである)。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たロンドン・ヒースロー空港

    2003年 - 2005年 - スイスインターナショナルエアラインズはコードシェアー便の拡張、ロンドン・ヒースロー空港でのスロット交換合意及びブリティッシュ・エアウェイズのエグゼクティブ・クラブでのスイス・フリークエント・フライヤー・プログラムの統合を含む、イギリスの航空会社として戦略同盟に合意した、ブリティッシュ・エアウェイズが確認書類にサインすると同時に、9月に加盟要請が受け付けられた。しかし、2004年6月に、スイスインターナショナルエアラインズは重大な経費並びに合併の障害が長期間の利益より重い事を引用して、合意を破棄した。BA同盟の破棄の結果、スイスはワンワールドに加入する申請を継続しない事を決定した(2005年3月に、ルフトハンザはスターアライアンスのメンバーへの道を開くため、スイスインターナショナルエアラインズを買収すると発表した)。2003年中、ブリティッシュ・エアウェイズ及びKLMオランダ航空は同盟を拡大するため KLM の戦略パートナーノースウエスト航空を引き抜き、ワンワールドの加盟社をもっと増やすため、吸収合併が可能か話し合いを始めた。しかしながら、この話は実を結ばず KLM は次年度にエールフランスと合併した。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た東京国際空港

    また、日本航空の加盟により、ワンワールド加盟航空会社が成田国際空港の航空会社再配置により第2旅客ターミナルビルに集約されたこともあってワンワールドでは同ターミナルを「ワンワールドの北東アジアでのハブ」と考え、チェックインカウンターのクラス別での共用化や、ラウンジの改修などサービス機能を加盟就航会社共同で強化している。さらに、2010年10月の羽田空港の国際線増便以降は、羽田空港-アメリカ間の直行便数では、ワンワールドが最多になる。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

74件中 21 - 30件表示

「ワンワールド」のニューストピックワード