84件中 21 - 30件表示
  • ワンワールド

    ワンワールドから見たデルタ航空

    2010年1月19日 - 2兆3000億円の負債を抱え経営破綻した日本航空に対し、デルタ航空とスカイチームが支援を表明し再建策が検討されるが、1兆円の公的資金の投入がなければ、ワンワールドは日本航空を失うところであった。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たエア・カナダ

    1 スターアライアンスのメンバーであるエア・カナダが吸収合併し会社が消滅したため。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たマイレージサービス

    2013年10月時点で3つ存在する航空連合の中で第3位の規模を有する。ワンワールドは世界151か国、883カ所の目的地に達し、便数は毎日10,000便を超える。メンバー航空会社及びその関連会社は、運航計画、航空券発行、共同運航、乗継便運用、マイレージサービス、空港ラウンジの共有、経費節減、及びベストプラクティスにおいて高度な協力関係を有している。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た航空連合

    ワンワールド()は、世界規模の航空連合の1つである。アライアンス・スローガンは「''」。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たマレーヴ・ハンガリー航空

    ブリティッシュ・エアウェイズとイベリア航空(この2社は2010年末にインターナショナル・エアラインズ・グループとして経営統合された)や、フィンランド航空が、ヨーロッパの東西南北の主要国をほぼ網羅するネットワークを持つため、ほぼ全土へ路線網を伸ばしている。ただし、マレーヴ・ハンガリー航空が2012年に、エア・ベルリンが2017年に経営破綻して消滅したため、中東欧の加盟会社が皆無となり、チェコ・ルーマニアの航空会社が加盟するスカイチームやドイツ語圏各国およびポーランド、クロアチア、ギリシャ、トルコに加盟会社を持つスターアライアンスに比べるとネットワークは脆弱となっている。そのため、ヨーロッパにおけるシェアは3位と、スカイチーム、スターアライアンスの後塵を拝している。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たロイヤル・ヨルダン航空

    2007年4月1日に、ロイヤル・ヨルダン航空が加盟した。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たスリランカ航空

    2014年5月1日、インド、パキスタンなどの南アジア、サウジアラビア、ドバイなどの中東(西アジア)にも幅広いネットワークを持つスリランカ航空が加盟した。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たS7航空

    2010年にロシア第2位の航空会社であるS7航空が加盟した事によりロシア国内及び独立国家共同体 (CIS) ・東ヨーロッパ諸国の路線網が充実し、ロシア方面へのキャリアを持たないスターアライアンスより有利になるが、国際線はスカイチーム加盟のアエロフロートに比べると長距離路線が少なく、東アジア方面へのネットワークが弱いため、S7航空のハブ空港である西シベリアのノヴォシビルスク及びイルクーツクと東アジア方面の連結が今後の課題となる。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たメキシカーナ航空

    2009年11月10日 - メキシカーナ航空が正式加盟。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たUSエアウェイズ

    北アメリカにおいてはアメリカン航空が加盟している。USエアウェイズとの合併で世界最大の航空会社になったことにより、アメリカ国内線はもとより中央南アメリカ路線などアメリカを拠点とする国際線のネットワークが充実した。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

84件中 21 - 30件表示