84件中 31 - 40件表示
  • ワンワールド

    ワンワールドから見たLATAM チリ

    LATAM航空グループのLATAM チリとLATAM ブラジルが加盟している。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たエアリンガス

    2000年 - エアリンガス及びラン・チリ(現在はLATAM チリ)が正式加盟。しかしながら、設立メンバー航空会社であるカナディアン航空は財務悪化後にエア・カナダによって買収された(エア・カナダは競争相手であるスターアライアンスのメンバーである)。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たロンドン・ヒースロー空港

    2003年 - 2005年 - スイスインターナショナルエアラインズは、コードシェア便の拡張、ロンドン・ヒースロー空港でのスロット交換合意及びブリティッシュ・エアウェイズのエグゼクティブ・クラブでのスイス・フリークエント・フライヤー・プログラムの統合を含む、イギリスの航空会社として戦略同盟に合意したブリティッシュ・エアウェイズが確認書類にサインすると同時に、9月に加盟要請が受け付けられた。しかし、2004年6月に、スイスインターナショナルエアラインズは重大な経費並びに合併の障害が長期間の利益より重い事を引用して、合意を破棄した。BA同盟の破棄の結果、スイスはワンワールドに加入する申請を継続しない事を決定した。その後2005年3月に、ルフトハンザはスターアライアンスのメンバーへの道を開くため、スイスインターナショナルエアラインズを買収すると発表した。2003年中、ブリティッシュ・エアウェイズ及びKLMオランダ航空は同盟を拡大するため KLM の戦略パートナーノースウエスト航空を引き抜き、ワンワールドの加盟社をもっと増やすため、吸収合併が可能か話し合いを始めた。しかしながら、この話は実を結ばず KLM は次年度にエールフランスと合併した。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た格安航空会社

    オセアニア方面では最大規模のネットワークを持つオーストラリアのカンタス航空が加盟している。航空連合には属さないがカンタス航空の完全子会社にLCCのジェットスター航空を持つ。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た欧州委員会

    2010年2月13日、アメリカ運輸省がアメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空、フィンランド航空、ロイヤル・ヨルダン航空の5社が共同で申請していたヨーロッパと北アメリカを結ぶ大西洋路線の反トラスト法適用除外 (ATI) を暫定的に認可することを決定。その後同年7月14日には欧州委員会 (EC) からもATI認可がおり、アメリカ運輸省も同年7月20日までに5社への認可を正式に決定した。これを受けて、今後5社共同で大西洋路線の運営・管理を行う方針である。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たドバイ

    2014年5月1日、インド、パキスタンなどの南アジア、サウジアラビア、ドバイなどの中東(西アジア)にも幅広いネットワークを持つスリランカ航空が加盟した。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た経営破綻

    2010年1月19日 - 2兆3000億円の負債を抱え経営破綻した日本航空に対し、デルタ航空とスカイチームが支援を表明し再建策が検討されるが、1兆円の公的資金の投入がなければ、ワンワールドは日本航空を失うところであった。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た東南アジア諸国連合

    2013年2月1日、ASEANにも幅広いネットワークを持つマレーシア航空が加盟した事により、アジア地域の更なるネットワーク強化が行われた。しかし、東アジアの日台中韓やタイ・シンガポールに加盟会社を持つスターアライアンスや台中韓、ベトナム、インドネシアに加盟会社を持つスカイチームに比べると加盟会社数は少ない。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たバンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)

    ワンワールドは、中央管理機構を確立した最初の航空連合である。発足当初はカナダのバンクーバー、2010年よりアメリカ合衆国のニューヨークに本部を置き、加盟航空会社各社の最高責任者で構成されるアライアンス委員会への報告を担当する責任者が本部に駐在する。アライアンス委員会の議長は基本的に持ち回り制である。業務担当者への報告は、営業、IT、広報、空港・顧客サービス、並びにグローバルプロジェクトディレクターの職務長によって行われている。また、2010年にはアジア地域における営業・広報活動の拠点として東京にアジア地区本部を設置した。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た空港ラウンジ

    2013年10月時点で3つ存在する航空連合の中で第3位の規模を有する。ワンワールドは世界151か国、883カ所の目的地に達し、便数は毎日10,000便を超える。メンバー航空会社及びその関連会社は、運航計画、航空券発行、共同運航、乗継便運用、マイレージサービス、空港ラウンジの共有、経費節減、及びベストプラクティスにおいて高度な協力関係を有している。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示