74件中 61 - 70件表示
  • ワンワールド

    ワンワールドから見たインド

    東南アジアにおいては、幅広いネットワークを持つキャセイパシフィック航空に加え、マレーシア航空が2013年2月1日に加盟。スリランカ航空も2013年後半までにワンワールドに加盟することが正式発表されている。なお2010年2月23日に加盟予定を発表したインドのキングフィッシャー航空は、その後の経営難により現在加盟保留状態となっている。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たベストプラクティス

    2009年時点で3つ存在する航空連合の中で第3位の規模を有する。ワンワールドは世界135か国に目的地600以上に達し、便数は毎日8000便を超える。メンバー航空会社及びその関連会社は、運航計画、航空券発行、共同運航、乗継便運用、マイレージサービス、空港ラウンジの共有、経費節減、及びベストプラクティスにおいて高度な協力関係を有している。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た植民地

    ブリティッシュ・エアウェイズがイギリスの旧植民地を中心に多くの路線網を有している。同社の傘下にある南アフリカのコム・エア (en) がアフィリエイトメンバーとして参加しているものの、エジプト航空と南アフリカ航空、エチオピア航空の3社を擁するスターアライアンスやケニア航空が参加するスカイチームに比べるとネットワークは小さい。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た独立国家共同体

    2010年にロシア第2位の航空会社であるS7航空が加盟した事によりロシア国内及び独立国家共同体 (CIS) ・東ヨーロッパ諸国の路線網が充実し、ロシア方面へのキャリアを持たないスターアライアンスより有利になるが、国際線はスカイチーム加盟のアエロフロートに比べると長距離路線が少なく、東アジア方面へのネットワークが弱いため、S7航空のハブ空港である西シベリアのノヴォシビルスク及びイルクーツクと東アジア方面の連結が今後の課題となる。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た東ヨーロッパ

    2010年にロシア第2位の航空会社であるS7航空が加盟した事によりロシア国内及び独立国家共同体 (CIS) ・東ヨーロッパ諸国の路線網が充実し、ロシア方面へのキャリアを持たないスターアライアンスより有利になるが、国際線はスカイチーム加盟のアエロフロートに比べると長距離路線が少なく、東アジア方面へのネットワークが弱いため、S7航空のハブ空港である西シベリアのノヴォシビルスク及びイルクーツクと東アジア方面の連結が今後の課題となる。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たニューヨーク

    ワンワールドは、中央管理機構を確立した最初の航空連合である。発足当初はカナダのバンクーバー、2010年よりアメリカ合衆国のニューヨークに本部を置き、加盟航空会社各社の最高責任者で構成されるアライアンス委員会への報告を担当する責任者が本部に駐在する。アライアンス委員会の議長は基本的に持ち回り制である。業務担当者への報告は、営業、IT、広報、空港・顧客サービス、並びにグローバルプロジェクトディレクターの職務長によって行われている。また、2010年にはアジア地域における営業・広報活動の拠点として東京にアジア地区本部を設置した。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た大西洋

    2010年2月13日、アメリカ運輸省がアメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空、フィンランド航空、ロイヤル・ヨルダン航空の5社が共同で申請していたヨーロッパと北アメリカを結ぶ大西洋路線の反トラスト法適用除外 (ATI) を暫定的に認可することを決定。その後同年7月14日には欧州委員会 (EC) からもATI認可がおり、アメリカ運輸省も同年7月20日までに5社への認可を正式に決定した。これを受けて、今後5社共同で大西洋路線の運営・管理を行う方針である。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たイルクーツク

    2010年にロシア第2位の航空会社であるS7航空が加盟した事によりロシア国内及び独立国家共同体 (CIS) ・東ヨーロッパ諸国の路線網が充実し、ロシア方面へのキャリアを持たないスターアライアンスより有利になるが、国際線はスカイチーム加盟のアエロフロートに比べると長距離路線が少なく、東アジア方面へのネットワークが弱いため、S7航空のハブ空港である西シベリアのノヴォシビルスク及びイルクーツクと東アジア方面の連結が今後の課題となる。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た南アフリカ

    ブリティッシュ・エアウェイズがイギリスの旧植民地を中心に多くの路線網を有している。同社の傘下にある南アフリカのコム・エア (en) がアフィリエイトメンバーとして参加しているものの、エジプト航空と南アフリカ航空、エチオピア航空の3社を擁するスターアライアンスやケニア航空が参加するスカイチームに比べるとネットワークは小さい。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見た香港

    香港を拠点に北東アジアや東南アジア、中華人民共和国に幅広いネットワークを持つキャセイパシフィック航空に加えて、2007年4月1日に日本航空が加盟したことにより、日本国内を含めた北東アジアのネットワーク強化が行われた。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

74件中 61 - 70件表示

「ワンワールド」のニューストピックワード