64件中 21 - 30件表示
  • 建国門事件

    建国門事件から見た一人っ子政策一人っ子政策

    田は結婚していたものの、参謀将校を解任された為に営内で同棲する事は認められていなかった。妻との同棲を認めるように協力すると約束した連隊付政治委員に贈り物を渡したが、事件2日前にはこの政治委員が贈り物を田に返した上で贈賄についての処罰の可能性をほのめかしていた。妻が第2子を妊娠した際に一人っ子政策に基づく中絶を強要した上官たちと喧嘩をしたこともあった。田には既に娘が1人いたのだが、彼が生まれた河南省の農村部では伝統的に「息子を持たぬ事は男の人生における3つの失敗の1つである」とされていた。その為に田は密かに息子を持とうと考えていたが、何者かの密告でこれが露呈して中絶を余儀なくされたのである。この時点で妻は妊娠7ヶ月で、中絶手術中に胎児と共に死亡した。なお、後に判明したところによれば、この胎児は男児だったという。建国門事件 フレッシュアイペディアより)

  • ふたりめの神話

    ふたりめの神話から見た一人っ子政策一人っ子政策

    中国の一人っ子政策や映画『赤ちゃんよ永遠に』をヒントにした作品。ふたりめの神話 フレッシュアイペディアより)

  • 魏京生

    魏京生から見た一人っ子政策一人っ子政策

    他方、北京市公安局は1979年1月18日に、北京西単の壁に壁新聞を張り「飢餓と迫害に反対し、民主と人権を要求する」デモを計画した疑いで傳月華という女性運動家を逮捕したことで、傳月華の釈放を求める運動が展開していく。なお、この1979年1月には、中国政府は一人っ子政策を発表し、さらに2月17日からは中越戦争を開始している。魏京生 フレッシュアイペディアより)

  • 上山下郷運動

    上山下郷運動から見た一人っ子政策一人っ子政策

    1千万人以上の帰還者を迎えた都市部でも、就職や学業復帰・家庭復帰をめぐって混乱が起きた。1966年から1968年の3年間に中学・高校にいた世代(「老三届」)は既に大学入試の年限を過ぎていたが、特別に入試を許可され、一回り若い世代に混じって大学生となった。鄧小平政権が1980年代初頭に突然「計画生育政策(一人っ子政策)」を強化したのは、青年たちの都市帰還や生活再開、就業圧力に対する一種の反応であるという見方もある。上山下郷運動 フレッシュアイペディアより)

  • 単一民族国家

    単一民族国家から見た一人っ子政策一人っ子政策

    ただし、少数民族には上級学校への優先的な進学、公務員採用の優先などの優遇策もとられており、漢民族以外の人々は、一人っ子政策の適用外とされているため、2人以上の子をもうけるために漢民族の血をひきながら少数民族として登録する人々も少なくないという。満州族など優遇を受けるため漢民族から登録を変更しているために、満州語を話せる満州族は少数にもかかわらず見掛け上の人口増加率が大きいという例もある。単一民族国家 フレッシュアイペディアより)

  • 人口

    人口から見た一人っ子政策一人っ子政策

    中華人民共和国では、一人っ子政策のため、今後日本よりも急速な高齢化社会を迎えると見られている。なお、中国の人口増加は2033年に約15億人でピークを迎えその後は減少に転じると予想されている。人口 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤千洋

    加藤千洋から見た一人っ子政策一人っ子政策

    『中国の「一人っ子政策」 -- 現状と将来』(岩波ブックレット)1991年 加藤千洋 フレッシュアイペディアより)

  • 逆差別

    逆差別から見た一人っ子政策一人っ子政策

    ソビエト連邦では少数民族に対する教育の機会が十分保障されていなかった段階で民族比率による雇用を進めたため、専門職に少数民族が配置される場合があり、能力と地位のギャップが生じた。いずれの場合も、基本的人権にかかわる格差が減少することによって、同時に逆差別となる要因自体が減少すると考えられる。中華人民共和国でも同じように、「一人っ子政策」において漢族やチワン族以外の少数民族は優遇される一方、教育面・習慣面(大学入試における少数民族の加点、ハラール認証の一般化など)において政府は少数民族を擁護するような政策を取っているため、逆差別だと批判されることもある。逆差別 フレッシュアイペディアより)

  • 一人っ子

    一人っ子から見た一人っ子政策一人っ子政策

    一人っ子政策 - 中国の人口規制政策一人っ子 フレッシュアイペディアより)

  • 産み分け

    産み分けから見た一人っ子政策一人っ子政策

    科学的根拠を有する確実な方法は、体外受精の手法を用いた着床前診断であるが、産み分けの目的でこの手法を用いることは日本産科婦人科学会が禁止しているため、日本国内では行われていない。しかしながらアメリカ合衆国では着床前診断による産み分けに特に規制はないので、一般的に実施されている。その他ヨルダン、イスラエル、その他の非キリスト教国では着床前診断によるファミリーバランシングを目的とした産み分けが実施されている場合が多い。男女の精子をフローサイトメトリーで分離するマイクロソート法によれば、着床前診断には劣るものの70〜90%の確率で産み分けが可能である。この方法は米国でのみ実施されている。その他、流布されている方法は、疑似科学や迷信の類に過ぎない。男子が親の面倒を見る伝統の中華人民共和国では、さらに一人っ子政策のために男子を望む傾向が高い。産み分け フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「一人っ子政策」のニューストピックワード