45件中 21 - 30件表示
  • 北京の春

    北京の春から見た一人っ子政策一人っ子政策

    他方、北京市公安局は理論会議の開始日と同日の1979年1月18日に、北京西単の壁に壁新聞を張り「飢餓と迫害に反対し、民主と人権を要求する」デモを計画した疑いで傳月華という女性運動家を逮捕したことで、傳月華の釈放を求める運動が展開していく。なお、この1979年1月には、中国政府は一人っ子政策を発表し、さらに2月17日からは中越戦争を開始している。北京の春 フレッシュアイペディアより)

  • 超大国

    超大国から見た一人っ子政策一人っ子政策

    世界最大の13億の人口を誇るが、人口を減らすために、強権的な一人っ子政策が行われており、着実な成果が上がっている。2040年ごろから人口減少に向かうとされており、また、文化的な理由から来る男女産み分けが問題としてあがっていることなどから、一人っ子政策の緩和も議論されている。2000年の段階で女性の出生100人に対して男性が117人と明確な男女の不均衡状態になっており、差は依然ひらく傾向にある。また一人っ子政策の結果としての超少子高齢社会の到来も危惧されている。このような影響で、人口バランスは安定しないと見られている。超大国 フレッシュアイペディアより)

  • 黒孩子

    黒孩子から見た一人っ子政策一人っ子政策

    黒孩子(ヘイハイツ、ヘイハイズ、hēiháizi)または黒子(ヘイツ)とは、中華人民共和国において、一人っ子政策に反して生まれたことから、戸籍を持たない子供たちのことである。この言葉における黒は『闇』という意味で、これは政府の視点による言葉である。その数は数千万から数億人と言われており、実数ははっきりしていない。2010年に中国国家統計局が行った人口調査では、戸籍を持たない人の数が総人口のおよそ1%にあたる約1300万人に及び、その大半が黒孩子だとみられている。黒孫子は戸籍上は存在しないため、国民として認められておらず、学校教育や医療などの行政サービスを受けることができないといった状況にある。黒孩子 フレッシュアイペディアより)

  • 単一民族国家

    単一民族国家から見た一人っ子政策一人っ子政策

    ただし、少数民族には上級学校への優先的な進学、公務員採用の優先などの優遇策もとられており、漢民族以外の人々は、一人っ子政策の適用外とされているため、2人以上の子をもうけるために漢民族の血をひきながら少数民族として登録する人々も少なくないという。満州族など優遇を受けるため漢民族から登録を変更しているために、満州語を話せる満州族は少数にもかかわらず見掛け上の人口増加率が大きいという例もある。単一民族国家 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ジョーンズ

    アレックス・ジョーンズから見た一人っ子政策一人っ子政策

    ヨーロッパ王族やアメリカの知識人、特に環境保護主義を唱える科学者などに優生学思想がまだ脈々と受け継がれていることを強く批判している。ヒトラーやナチスの思想に最も影響を与えたのが社会ダーウィニズムや人種改良主義を信奉していた当時のアメリカのリベラル派知識人であったことを指摘し、またナチスのホロコーストがあまりに露骨であったため、現在は水道水へのフッ素添加や、遺伝子組み換え作物、人工甘味料などによる人口の強制不妊化、人工的なエイズウイルスなどの拡散、国連主導の強制避妊や一人っ子政策推進などより洗練され見えにくい形で人口削減が行われていると指摘。アレックス・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 貧困

    貧困から見た一人っ子政策一人っ子政策

    また、中国の一人っ子政策のように強制的に出生率を下げる政策は、強力な政府の権力がないと実行は難しく、男尊女卑的風潮のある社会では男女比率の大きな偏りや戸籍に登録されない子供の増加などをもたらす結果となるなど、弊害も多い。貧困 フレッシュアイペディアより)

  • 人口爆発

    人口爆発から見た一人っ子政策一人っ子政策

    中国の人口は幾度も増加と急減を繰り返してきている。まず、統一的な政権が生まれ統一的な政策が打たれることで、生活の改善が図られ人口増大が始まる。人口増大と生産増大はやがてずれ始め貧困が発生する。飢饉と世直しを目的にした内戦により人口が急減する。また統一政権の下で人口増大が始まる。このようなサイクルが繰り返されてきた(ただし中国の政権の範囲外からの外敵の侵入といった事例も多いため、一概に内戦だけで人口減が起きている訳ではない)。清代から農業技術の発達(新大陸原産の農業作物の導入)のため、可耕地の増加により人口増加が加速した。現在、中華人民共和国は現在世界最大の人口を保持しているが、一人っ子政策により少子高齢化が急速に進み、2010年代のうちに人口減少に転じるとみられている。人口爆発 フレッシュアイペディアより)

  • 国際養子

    国際養子から見た一人っ子政策一人っ子政策

    中国の国際養子は、中華人民共和国収養法(1991年)により規定されている。規模は、1992年から2005年までの累計で5万人以上となっている。性別では、95%が女児となっている。これは、孤児となる原因が戦災や、親の問題(アルコール中毒、麻薬等)よりも、一人っ子政策による第2子が制限されている中で、男尊女卑を背景に女児を遺棄することが原因となるケースが多いため、健康状態などが良好なためである。国際養子 フレッシュアイペディアより)

  • 徴兵制度

    徴兵制度から見た一人っ子政策一人っ子政策

    中華人民共和国は、人民解放軍の所有者は国家ではなく、中国共産党の軍隊ということになっている。人民解放軍は選抜徴兵制の下で定員が大きく削減されたが、貧困層にとって有力な就職先であり志願者が多い。志願者で定員が満たされ徴兵の必要がないため、事実上志願制の状態にある。また一人っ子政策は農村では例外が認められている(高等学校 地理Bより)ため建国以来人員は満たされ続けている。中国は人民解放軍の予備戦力として民兵の規定がある。中国の兵役法では義務兵と志願兵を合わせ、民兵と予備役を合わせた兵役制度を採っている。18-35歳までの男性で現役で軍に属していない者は形式上、民兵として予備役に就くことになっており、非常時に多数の兵士を動員することができる仕組みになっている。徴兵制度 フレッシュアイペディアより)

  • 莫言

    莫言から見た一人っ子政策一人っ子政策

    ガブリエル・ガルシア=マルケスやウィリアム・フォークナーの影響を受け、マジックリアリズムの手法で中国農村を幻想的かつ力強く描く作風。『豊乳肥臀(ほうにゅうひでん)』は「露骨な性的描写が多い」として、中国では一時発売禁止となっていた。その他の作品に『酒国(しゅこく)』『白檀(びゃくだん)の刑』など。2006年には福岡アジア文化賞を受賞。2009年の『蛙鳴(あめい)』では一人っ子政策のタブーに挑み、2011年に同作品で中国文学の最高権威茅盾文学賞を受賞している。莫言 フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示