45件中 31 - 40件表示
  • 小皇帝

    小皇帝から見た一人っ子政策一人っ子政策

    小皇帝(しょうこうてい、、シャオ・ホァンディ)とは、中華人民共和国の一人っ子政策以後生まれた子供たちのこと。主に男児に用い、女児は小皇后(しょうこうごう、、シャオ・ホァンホウ)や小公主(しょうこうしゅ、、シャオ・ゴンジュー)とも呼ばれる(公主は皇帝の娘を表す中国語。転じて、お嬢様やお姫様の意味)。小皇帝 フレッシュアイペディアより)

  • ヒンドゥー教

    ヒンドゥー教から見た一人っ子政策一人っ子政策

    家住期:学生期を終えると家業に務め結婚して家族を養う家住期に入る。男子をもうけて先祖の祭祀を絶やさないことが重要視される。このためインドでは中国のような一人っ子政策は受け入れられにくい。『カーマ・スートラ』は家住期を充実させるための経典である。家住期において家長は家業を繁栄させて大いに儲け、その金を喜捨することも重要と考えられている。ヒンドゥー教 フレッシュアイペディアより)

  • 8月11日

    8月11日から見た一人っ子政策一人っ子政策

    1979年 - 中華人民共和国の『人民日報』が「一人っ子政策」推進の論文を掲載。8月11日 フレッシュアイペディアより)

  • 人口

    人口から見た一人っ子政策一人っ子政策

    中華人民共和国では、一人っ子政策のため、今後日本よりも急速な高齢化社会を迎えると見られている。なお、中国の人口増加は2033年に約15億人でピークを迎えその後は減少に転じると予想されている。人口 フレッシュアイペディアより)

  • イェール大学

    イェール大学から見た一人っ子政策一人っ子政策

    馬寅初 - 経済学者・教育者。北京大学校長。計画出産の提唱者として知られる。イェール大学 フレッシュアイペディアより)

  • 社会的少数者

    社会的少数者から見た一人っ子政策一人っ子政策

    差別是正の意図などにより、特定の少数民族が、政治的・社会的な特権を持っている場合もある。例えば中国の少数民族には、一人っ子政策の対象外とされ、公務員への優先採用などの優遇措置が与えられている。社会的少数者 フレッシュアイペディアより)

  • 双生児

    双生児から見た一人っ子政策一人っ子政策

    一人っ子政策を進める中国でも、双子の場合は例外として戸籍を得ることが出来る。そのため中国では双子はめでたく、特に男女の双子は龍鳳胎(龍は皇帝、鳳凰は皇后)と称えられ羨望の対象である。双生児 フレッシュアイペディアより)

  • インド

    インドから見た一人っ子政策一人っ子政策

    2007年の人口は1,131,043,000人。2011年の人口は12億1,000万人以上で人口増加率17.64%。インドの人口は1950年以降、毎年1,000万?1,500万人の勢いで増加し続け、2005年には11億人を突破した。国連の予測では今後もこのペースで増加し、2030年代に中華人民共和国を追い抜く可能性が高い。中華人民共和国が一人っ子政策を見直さない限り2030年代で人口が頭打ちになるのと比べ驚異的な伸びといえる。ただし2030年代以降は毎年500~700万人増と人口増加はやや鈍化する。とはいえ2050年には16億人近くに達し、その後も増加し続け、2100年には18億人近くになるというのが大方の専門家の見方だ。またインドは人口構成が若いのが特徴で、2000年の中位年齢は23歳、2050年でも38歳と言われている。インド フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た一人っ子政策一人っ子政策

    人口大国である。2000年代初頭の人口は、中国が約13億人(世界1位)、インドが約11億人(世界2位)、ブラジルが約1億7000万人(世界5位)、ロシアが約1億4000万人(世界7位)となっており、4カ国合計で27億人以上、世界の人口の約45%を占めている。今後もロシアを除く3カ国では人口が増加し、2050年には32億6000万人にまで膨れ上がるとされている。ただし、ブラジルとインドでは将来的にも人口が増え続ける一方で、ロシアは特に21世紀に入って以降、人口が急激に減少する傾向にあり、人口が多いため一人っ子政策を採る中国でも将来的には人口が減少すると予測されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た一人っ子政策一人っ子政策

    ただ、住民に負担を強いたり、生活自体を変えたりする対策が多く、砂漠化や乾燥化の防止は簡単に防ぐことができるものではない。中国の一人っ子政策などは人口抑制に大きな役割を果たしているが、それでも不十分であり、砂漠緑化をはじめとした地道な活動が、黄砂対策として必要であるとされている。また、日本・韓国といった発生地以外の国も協力可能であり、実際に各地で砂漠緑化や農業指導などが行われている。しかしながら、植林などの対策よりも乾燥化のほうが進行スピードが速く、黄砂対策は実効性を現しにくいという見方もある。黄砂 フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「一人っ子政策」のニューストピックワード