64件中 31 - 40件表示
  • 小皇帝

    小皇帝から見た一人っ子政策一人っ子政策

    小皇帝(しょうこうてい、、シャオ・ホァンディ)とは、中華人民共和国の一人っ子政策以後生まれた子供たちのこと。主に男児に用い、女児は小皇后(しょうこうごう、、シャオ・ホァンホウ)や小公主(しょうこうしゅ、、シャオ・ゴンジュー)とも呼ばれる(公主は皇帝の娘を表す中国語。転じて、お嬢様やお姫様の意味)。小皇帝 フレッシュアイペディアより)

  • 陳光誠

    陳光誠から見た一人っ子政策一人っ子政策

    彼の名を世界的に知らしめたのは、2005年6月、人口抑制関連法(一人っ子政策)を厳しく執行し、人工妊娠中絶や不妊手術を強制した山東省臨沂市の当局に対して行った集団訴訟を巡ってである。これに対して地元当局は彼とその家族を7ヶ月間自宅に軟禁、2006年3月から地元警察により臨沂市の施設に拘禁され、同年6月21日逮捕。同年7月20日:zh:独立中文笔会の記者・と高智晟が臨沂市へ裁判の傍聴に行き、東師古村で妻・袁偉静と会った。同年8月24日4年3ヶ月の有罪判決を受けた。2010年9月9日釈放されたが、その直後から自宅に妻とともに19ヶ月間に渡り軟禁された。夫妻が軟禁されている間、各国の外交官、CNN、ニューヨーク・タイムズ、ル・モンドのジャーナリストなどが接触を試みたが果たせなかった。2012年1月に兄が亡くなったときにも外出の許可がされなかった。陳光誠 フレッシュアイペディアより)

  • 社会的少数者

    社会的少数者から見た一人っ子政策一人っ子政策

    差別是正の意図などにより、特定の少数民族が、政治的・社会的な特権を持っている場合もある。例えば中国の少数民族には、一人っ子政策の対象外とされ、公務員への優先採用などの優遇措置が与えられている。社会的少数者 フレッシュアイペディアより)

  • 莫言

    莫言から見た一人っ子政策一人っ子政策

    ガブリエル・ガルシア=マルケスやウィリアム・フォークナーの影響を受け、マジックリアリズムの手法で中国農村を幻想的かつ力強く描く作風。『豊乳肥臀(ほうにゅうひでん)』は「露骨な性的描写が多い」として、中国では一時発売禁止となっていた。その他の作品に『酒国(しゅこく)』『白檀(びゃくだん)の刑』など。2006年には福岡アジア文化賞を受賞。2009年の『蛙鳴(あめい)』では一人っ子政策のタブーに挑み、2011年に同作品で中国文学の最高権威茅盾文学賞を受賞している。莫言 フレッシュアイペディアより)

  • ロケットマン (加藤元浩)

    ロケットマン (加藤元浩)から見た一人っ子政策一人っ子政策

    中国出身であるが、中国籍を持たない。同国の一人っ子政策のために親に捨てられた黒戸(ヘイフー)と呼ばれる棄児であった過去を持つ。ロケットマン (加藤元浩) フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン

    東トルキスタンから見た計画生育一人っ子政策

    また、チベット亡命政府によると、中国政府は「政治犯」として50万人もの東トルキスタン人を処刑したといわれ、妊婦に対して「計画生育」という名目で胎児の中絶を強制し、犠牲になった胎児は850万に上ると推計されている。チベットでも同様の産児制限と中絶・不妊手術の強制が行われた。東トルキスタン フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国における妊娠中絶

    中華人民共和国における妊娠中絶から見た一人っ子政策一人っ子政策

    中華人民共和国における妊娠中絶 (ちゅうかじんみんきょうわこくにおけるにんしんちゅうぜつ)は、合法であり、申請に応じて政府により提供される。 原則として性選択を目的とした中絶はできないとされるものの、依然として行われている。実質的に誰でも利用できる避妊に加え人工妊娠中絶は、1979年から2015年にかけての一人っ子政策に従った人口抑制策のための一般的な方法であった。中華人民共和国における妊娠中絶 フレッシュアイペディアより)

  • 人口爆発

    人口爆発から見た一人っ子政策一人っ子政策

    清代から農業技術の発達(新大陸原産の農業作物の導入)のため、可耕地の増加により人口増加が加速した。20世紀から21世紀初頭にかけて、中華人民共和国は世界最大の人口を保持しているが、一人っ子政策により少子高齢化が急速に進み、2010年代のうちに人口減少に転じるとみられている。人口爆発 フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た一人っ子政策一人っ子政策

    人口大国である。2000年代初頭の人口は、中国が約13億人(世界1位)、インドが約11億人(世界2位)、ブラジルが約1億7,000万人(世界5位)、ロシアが約1億4,000万人(世界7位)、南アフリカが約4,900万人(世界25位)となっており、5ヶ国合計で27億人以上、世界の人口の約45%を占めている。今後もロシアを除く4ヶ国では人口が増加し、2050年には32億6,000万人にまで膨れ上がるとされている。ただし、ブラジルとインドおよび南アフリカでは将来的にも人口が増え続ける一方で、ロシアは特に21世紀に入って以降、人口が急激に減少する傾向にあり、人口が多いため一人っ子政策を採る中国でも将来的には人口が減少すると予測されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • 人口減少社会

    人口減少社会から見た一人っ子政策一人っ子政策

    「一人当たりGDP」は、人口が少ないほうが増加する傾向がある。資本の量が一定であれば、人数が少ないほうが「一人が使う資本」は大きくなり、一人当たりの生産は上昇する。一人当たりが生み出した付加価値が増えれば「一人当たり実質GDP」は増えることになる。飯田泰之は「1950年代に発見されたこの経済成長理論を背景に、中国は『一人っ子政策』を進めたと言われている」と指摘している。人口減少社会 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示

「一人っ子政策」のニューストピックワード