35件中 21 - 30件表示
  • 一人っ子政策

    一人っ子政策から見た成長の限界

    同年、ミサイル制御の技術者だったは、『成長の限界』などマルサス主義の書籍の知識をもとにトップダウンによる強制的な人口抑制策を提唱し、党の首脳部に好意的に受け入れられた。「2080年までに人口を3分の1減らさなければならない」とする宋の主張は1979年に成都で行われた会議において政策となり、銭信忠を責任者とした中華人民共和国衛生部を中心として、不妊化手術や刑罰を用いた専制的な人口抑制政策を実施した。一人っ子政策 フレッシュアイペディアより)

  • 一人っ子政策

    一人っ子政策から見た文化大革命

    ようやく1962年、出生率がピークになり、人口問題が相当深刻になってから、1962年に中央・地方を通じて計画出産指導機構が設けられ、1964年に計画出産弁公室になった。しかし、折しも「文化大革命」が開始され、計画出産運動は中断されてしまう。1965年から1971年までのわずか6年間で人口の純増は1億2691万人に達し、1840年のアヘン戦争から人民共和国成立までの109年間の人口増にほぼ等しい数の純増となった。一人っ子政策 フレッシュアイペディアより)

  • 一人っ子政策

    一人っ子政策から見たしまじろう

    以下は、上記緩和策に対しての日本企業の反応の一例である。2014年の個人情報の漏洩問題と少子化で、国内通信教育の会員数が激減している教育大手のベネッセホールディングスは、新たな海外展開と介護事業を新たな主力事業に据えようとしている。すでに中国事業は会員数83万人と、日本国内の会員数76万人を上回る。日本の幼児に絶大な人気を誇る「しまじろう」は、中国でも「巧虎(チャオフー)」として親しまれており、会員数拡大のカギにする。原田泳幸・同社社長は「一人っ子政策の見直しも追い風」と話した。一人っ子政策 フレッシュアイペディアより)

  • 一人っ子政策

    一人っ子政策から見たソビエト連邦

    1952年までをその前半期とする。出生率の急上昇と死亡率の急低下により、自然増加率も2パーセント前後の高い水準にあった。1950年に制定された『中華人民共和国婚姻法』の理念(数千年来の旧中国の家父長的な家族制度を打破することなくして社会主義国家建設は実現できないとの考え)を徹底させる運動が展開され、それまでは身分階層的に結婚できなかった層(多額の持参金を払えなかった男性など)を含めて、結婚ブームが巻き起こった。『婚姻法』は、建国前までに見られた、賃借妻や売買婚などの封建的婚姻制度から女性を解放することを目的としていた。この時期の社会経済政策の柱は、旧ソビエト連邦の影響をうけ、子供に対する特別手当支給、不妊手術や人工妊娠中絶の禁止など、出生を奨励するものであった。1953年から1957年までは、第1次人口増加期の後半期になる。1950年から出生率の低下が見られたが、死亡率の低下が著しく、戦乱もなかったため自然増加率はなお2.23パーセントと高水準を維持した。一人っ子政策 フレッシュアイペディアより)

  • 一人っ子政策

    一人っ子政策から見た人権

    一人っ子政策の柱の1つである「優生」を担う「優生優育」政策()と呼ばれる障害者の出生率を抑制する優生学的国家政策も生命倫理や人権の観点から問題視されている。中国優生優育協会、中国優生科学協会がこの政策を支える社会団体(日本の独立行政法人や外郭団体に近い)として中国政府の下で設立されている。一人っ子政策 フレッシュアイペディアより)

  • 一人っ子政策

    一人っ子政策から見た中華人民共和国

    一人っ子政策(ひとりっこせいさく、)では、中華人民共和国における人口政策である。とりわけ1979年から2015年まで導入された厳格な人口削減策(計画生育政策、、)を指し、2014年から緩和されている。一人っ子政策 フレッシュアイペディアより)

  • 一人っ子政策

    一人っ子政策から見た不妊

    同年、ミサイル制御の技術者だったは、『成長の限界』などマルサス主義の書籍の知識をもとにトップダウンによる強制的な人口抑制策を提唱し、党の首脳部に好意的に受け入れられた。「2080年までに人口を3分の1減らさなければならない」とする宋の主張は1979年に成都で行われた会議において政策となり、銭信忠を責任者とした中華人民共和国衛生部を中心として、不妊化手術や刑罰を用いた専制的な人口抑制政策を実施した。一人っ子政策 フレッシュアイペディアより)

  • 一人っ子政策

    一人っ子政策から見た全国人民代表大会

    1953年中国で初めての人口センサスがおこなわれたが、その結果は衝撃的なものであった。人口センサス実施前は4億人から5億人と見込まれていたが、実施してみると6億193万人(国外華僑、留学生人口を含む)という、予想より1億人多い結果が出た。さらに農業危機にもぶつかったこともあり、中国の人口増加政策は、政策転換を余儀なくされた。そのため1954年から1957年には、計画出産が公式に奨励された。1957年の第1期全国人民代表大会第4回において「新人口論」を提出し、人口抑制策を説いた。一人っ子政策 フレッシュアイペディアより)

  • 一人っ子政策

    一人っ子政策から見た刑罰

    同年、ミサイル制御の技術者だったは、『成長の限界』などマルサス主義の書籍の知識をもとにトップダウンによる強制的な人口抑制策を提唱し、党の首脳部に好意的に受け入れられた。「2080年までに人口を3分の1減らさなければならない」とする宋の主張は1979年に成都で行われた会議において政策となり、銭信忠を責任者とした中華人民共和国衛生部を中心として、不妊化手術や刑罰を用いた専制的な人口抑制政策を実施した。一人っ子政策 フレッシュアイペディアより)

  • 一人っ子政策

    一人っ子政策から見た華僑

    1953年中国で初めての人口センサスがおこなわれたが、その結果は衝撃的なものであった。人口センサス実施前は4億人から5億人と見込まれていたが、実施してみると6億193万人(国外華僑、留学生人口を含む)という、予想より1億人多い結果が出た。さらに農業危機にもぶつかったこともあり、中国の人口増加政策は、政策転換を余儀なくされた。そのため1954年から1957年には、計画出産が公式に奨励された。1957年の第1期全国人民代表大会第4回において「新人口論」を提出し、人口抑制策を説いた。一人っ子政策 フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「一人っ子政策」のニューストピックワード