一酸化炭素中毒 ニュース&Wiki etc.

一酸化炭素(いっさんかたんそ、carbon monoxide)は、炭素の酸化物の1種であり、常温・常圧で無色・無臭・可燃性の気体である。一酸化炭素中毒の原因となる。化学式は CO と表される。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「一酸化炭素」のつながり調べ

  • ブラッド・デルプ

    ブラッド・デルプから見た一酸化炭素

    2007年3月9日、デルプはニューハンプシャー州アトキンソン(Atkinson)にある自宅で死亡しているのを発見された。 55歳だった。同日、ボストンの公式サイトに「我々はロックンロール界で最もナイスな男を失った("We've just lost the nicest guy in rock and roll")」というコメントが掲載された。死亡当日、彼はマサチューセッツ州ソマーヴィル(Somerville)でBeatlejuiceのパフォーマンスを予定していたが、彼の死を受けてBeatlejuiceは今後のライブをキャンセルした。同年3月14日、デルプの死因は一酸化炭素中毒による自殺であったことが警察から発表された。(ブラッド・デルプ フレッシュアイペディアより)

  • 製鉄所

    製鉄所から見た一酸化炭素

    製鉄業には各所で加熱工程があり、膨大な熱量が必要となる。こうした熱源には、コークス炉(コークス炉ガス)・高炉(高炉ガス)・転炉(転炉ガス)などで発生する一酸化炭素を主成分とする可燃性ガスを回収して用いている。製鉄所内にはこれらのガスを貯蔵するタンクや配管がいたる所に見られる。特に高炉で発生するガスは薪と同程度のエネルギー量しか無いものの、多くの製鉄所では場内で回収されるガスで全ての熱源を賄えるばかりか、発生した余剰ガスを都市ガス会社に販売している所もあったが、一酸化炭素が含まれているなどの理由で現在では都市ガスの天然ガスなどへの転換政策が進んだことから行われていない。また、加熱時に発生した大量の熱は、仕事が終わった後も回収され、予熱・乾燥などに用いられている。また、でき上がったばかりのスラブなどの半製品はかなりの高温であるが、それをできるだけ冷却させずに熱間圧延することでエネルギー消費を抑制しようという動きも盛んである。(製鉄所 フレッシュアイペディアより)

「一酸化炭素」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ