前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
527件中 1 - 10件表示
  • 環境たばこ煙

    環境たばこ煙から見た一酸化炭素一酸化炭素

    平均的喫煙行為で30秒に2秒の11回主流煙を吸い、呼出煙になる。肺喫煙か口喫煙かで成分はいくらか変わる。この間6分は副流煙を発生する。その合計の主要な成分は一酸化炭素60 mg/本、ニコチン5 mg/本、タール30 mg/本、アンモニア7 mg/本、窒素酸化物5 mg/本、アセトアルデヒド3 mg/本、その他アセトアルデヒド類3 mg/本、有機化合物4 mg/本、である。環境たばこ煙 フレッシュアイペディアより)

  • 貴金属フリー液体燃料電池車

    貴金属フリー液体燃料電池車から見た一酸化炭素 一酸化炭素

    常温・常圧の液体燃料と空気を、搭載した燃料電池に供給し、化学反応により直接、電子を取り出して発電した電力を電動機に供給し、発生した回転力を駆動輪に伝達して、路面との反作用により走行する車のことで、燃料電池は液体燃料を気化させて、改質して用いる必要がなく、液体の状態で発電することができる。反応時の燃料電池内はアルカリ性雰囲気となり、耐触性に優れた白金等の貴金属を使う必要がない。また、液体燃料を用いるため、燃料タンクもコンパクトな搭載が可能である。燃料電池を搭載するシステムには、発電機も含まれる。水加ヒドラジン (hydrazine hydrate : NH・HO) を液体燃料とする場合、反応後は水 (HO) と窒素ガス (N) を排出し、二酸化炭素 (CO) 等を排出しない。用いられる液体燃料は、取り扱いが簡便である。また、既存インフラの流用が可能と考えられている。貴金属フリー液体燃料電池車 フレッシュアイペディアより)

  • ガス警報器

    ガス警報器から見た一酸化炭素一酸化炭素

    ガス警報器またはガス検知器()とは、漏れた燃料用ガスや不完全燃焼によって生じた一酸化炭素(CO)を検知して警報を発する装置である。ガス警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 木炭自動車

    木炭自動車から見た一酸化炭素一酸化炭素

    木炭自動車(もくたんじどうしゃ)とは、木炭をエネルギー源とし、車載した木炭ガス発生装置で不完全燃焼により発生する一酸化炭素ガスと同時にわずかに発生する水素(合成ガス)とを回収、これを内燃機関の燃料として走る自動車である。木炭自動車 フレッシュアイペディアより)

  • ディーゼル微粒子捕集フィルター

    ディーゼル微粒子捕集フィルターから見た一酸化炭素一酸化炭素

    また、触媒を組み合わせることにより、酸化されやすい一酸化炭素や炭化水素、粒子状物質を除去するものもある。この触媒方式では、フィルタの前段に強力な酸化触媒を置くことで、排出ガス中の窒素酸化物 (NOx) をより二酸化窒素 (NO2) の多い状態にし、二酸化窒素の強力な酸化性能で粒子状物質を燃焼させるというジョンソン・マッセイ社(イギリス)が開発したCRT(連続再生式フィルタ、Continuously Regenerating Trap)が初めて実用化の目処を示した。ディーゼル微粒子捕集フィルター フレッシュアイペディアより)

  • オキソカーボン

    オキソカーボンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    最も単純なオキソカーボンは一酸化炭素 () と二酸化炭素 () である。そのほかに亜酸化炭素 () や無水メリト酸など、多くの安定または準安定のオキソカーボンが知られている。オキソカーボン フレッシュアイペディアより)

  • アーク溶接

    アーク溶接から見た一酸化炭素一酸化炭素

    CO2は高熱で分解し酸素と一酸化炭素に分かれる。これが電離してプラズマとなり、アークを形成する。一酸化炭素は鋼に対して還元性を示す(保護する方向に働く)が、酸素は酸化性、つまり鋼の性質を低下させる働きがある。このため、シールドガスに炭酸ガスを用いる場合は、溶接ワイヤの中に脱酸化性の元素(たとえば、MnやSiなど)を添加しておく必要がある。これによって溶融池内には酸化マンガンや酸化ケイ素が発生するが、これらはブローホールとはなり得ず溶融池表面に浮き上がり、スラグを形成する。ただし、溶接条件によっては溶接内部にスラグが入り込み、溶接欠陥を生じてしまうこともあので注意が必要である。アーク溶接 フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪族ポリケトン

    脂肪族ポリケトンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    脂肪族ポリケトン(あるいは単にポリケトン)は高強度、高耐熱、低吸水性が特徴の熱可塑性ポリマー。ポリマーの主鎖にケトン基を有するため、ポリマー鎖同士の結合力が強く、高融点となる。例えばケトン-エチレンコポリマーで255℃、ケトン-エチレン-プロピレンターポリマーで220℃である。また、耐溶剤性も高く、高強度である。他のエンジニアリングプラスチックと比べると、原料のモノマーが安価である。パラジウム(II) 触媒を使い、エチレンと一酸化炭素から作られる。融点を下げるために少量のプロピレンを混ぜることも多い。脂肪族ポリケトン フレッシュアイペディアより)

  • 二原子分子

    二原子分子から見た一酸化炭素一酸化炭素

    標準状態(1気圧、25℃)で二原子分子を構成する代表的な元素は、水素、窒素、酸素、ハロゲン(フッ素、塩素、臭素、ヨウ素、およびアスタチン)である。気化するまで加熱された金属のように、他の多くの元素も二原子分子になることは可能である。しかし、多くの二原子分子は二リンのように高い反応性を持ち不安定である。また、わずかではあるが一酸化炭素や臭化水素といった化合物も作られる。二原子分子 フレッシュアイペディアより)

  • プロトン化水素分子

    プロトン化水素分子から見た一酸化炭素一酸化炭素

    主な反応対象としては、星間空間中で2番目に多い分子である一酸化炭素が挙げられる。プロトン化水素分子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
527件中 1 - 10件表示