527件中 91 - 100件表示
  • 月の大気

    月の大気から見た一酸化炭素一酸化炭素

    地球上からの分光学的観測で、ナトリウムとカリウムの元素が検出されており、ルナ・プロスペクターのアルファ線分光計により、ラドン222やポロニウム210の同位体の存在が推測されている。アルゴン40、ヘリウム4、酸素、メタン、窒素分子、一酸化炭素、二酸化炭素もアポロ計画の宇宙飛行士が設置した検出器から検出されている。月の大気 フレッシュアイペディアより)

  • ハーバード・スミソニアン天体物理学センター

    ハーバード・スミソニアン天体物理学センターから見た一酸化炭素一酸化炭素

    1.2メートル電波望遠鏡 一酸化炭素分子が放射する電波で銀河面をサーベイ観測した。ハーバード・スミソニアン天体物理学センター フレッシュアイペディアより)

  • ジオキサンテトラケトン

    ジオキサンテトラケトンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    1998年、Paolo Strazzoliniらは、ジエチルエーテル中で-15℃で塩化オキサリル((COCl)2)または臭化オキサリル((COBr)2)をシュウ酸銀(Ag2C2O4)懸濁液と反応させた後、低温低圧下で溶媒を蒸発させて、この化合物を合成した。-30℃のエーテルやトリクロロメタン溶液では安定であるが、0℃に加熱すると一酸化炭素(CO)と二酸化炭素(CO2)に分解する。分子の安定性や配置は、理論的な方法でも分析された。ジオキサンテトラケトン フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化四炭素

    二酸化四炭素から見た一酸化炭素一酸化炭素

    この化合物は、1990年に、凍結アルゴンマトリックス中での環状アザケトンの急速熱分解によって、ギュンター・マイアーらによって得られた。また同年、気相での((CH3-)2(C4O2)(=O)2=)2の衝突イオン化による方法で、Sulzle and Schwartzらによっても得られた。理論的な研究では、O(=C)n=O類のnが偶数のものは本質的に不安定であることが示されるものの、二酸化四炭素はマトリックス中でいつまでも安定であるが、光によって、一酸化三炭素(CO3)と一酸化炭素(CO)に分解される。三重項の基底状態である。二酸化四炭素 フレッシュアイペディアより)

  • シクロヘキサンヘキソン

    シクロヘキサンヘキソンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    シクロヘキサンヘキソン(Cyclohexanehexone)またはヘキサケトシクロヘキサン(Hexaketocyclohexane)、トリキノイル(Triquinoyl)は、C6O6の化学式を持ち、シクロヘキサンの六重ケトンである有機化合物である。オキソカーボンであり、一酸化炭素の六量体と見ることもできる。シクロヘキサンヘキソン フレッシュアイペディアより)

  • ペンタセン

    ペンタセンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    その後、ペンタセンの薄層を調製する必要が生じると、前駆体から小分子を脱離させる手法を用いて合成されるようになった。高温でエチレン、テトラハロゲノベンゼンまたは水を、あるいは光照射により一酸化炭素を脱離させる方法が報告されている。下に150に加熱して一酸化炭素を脱離させ、ペンタセンを得る反応を示す。この方法では、前駆体がクロロホルムなどに溶けやすいためスピンコーティング法と相性がよい。ペンタセンは一般的な有機溶媒には溶けにくいが、1,2,4-トリクロロベンゼンのようなハロゲン化芳香族炭化水素系溶媒中に高温では溶けることが知られている。そこから小さな平板を形成させるために結晶化することができる。ペンタセン フレッシュアイペディアより)

  • スワーン酸化

    スワーン酸化から見た一酸化炭素一酸化炭素

    また、下の反応式にもある通り、この反応では一酸化炭素・二酸化炭素が副生成物として発生する。このため反応は必ずドラフト内で行い、吸入しないよう気を配る必要がある。スワーン酸化 フレッシュアイペディアより)

  • カティバ法

    カティバ法から見た一酸化炭素一酸化炭素

    上記のように、カティバ法による触媒サイクルは、平面四角形の触媒活性種 1- (1) とヨウ化メチルの反応によって、八面体形のイリジウム(III)種 fac-2- (2) が生成することで開始する。この酸化的付加反応は、ヨウ化メチルの Me-I 結合にイリジウム(I)中心が挿入されることで起こる。I- と CO の配位子交換 (3) の後に、Ir-Me 結合へのCO挿入反応が起こることで、Ir にアセチル基が結合した四角錐形の化学種 (4) が生成する。活性触媒種 (1) は、(4) からヨウ化アセチルが還元的脱離して再生する。ヨウ化アセチルは加水分解されて酢酸となり、同時にヨウ化水素が生成し、メタノールと反応してヨウ化メチルとして再利用される。カティバ法 フレッシュアイペディアより)

  • ヒドロホルミル化

    ヒドロホルミル化から見た一酸化炭素一酸化炭素

    ヒドロホルミル化(—か、hydroformylation)はアルケンに対して一酸化炭素と水素を付加させてアルデヒドを合成する化学反応である。ヒドロホルミル化 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ポリウレタン工業

    日本ポリウレタン工業から見た一酸化炭素一酸化炭素

    隣接する東ソー南陽事業所よりイソシアネートの原料となるアニリン・一酸化炭素・塩素の供給を受け、日本ポリウレタン工業からは副生する塩酸を塩ビモノマーの原料として東ソーに供給する、「ビニル・イソシアネート・チェーン事業」が構築されている日本ポリウレタン工業 フレッシュアイペディアより)

527件中 91 - 100件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード