485件中 91 - 100件表示
  • 絶滅収容所

    絶滅収容所から見た一酸化炭素一酸化炭素

    収容所の運営方法はそれぞれ若干異なっていたが、いずれも可能な限り効率的に大量殺戮を行うために設計されていた。一例として、SSの衛生学研究所所員であったクルト・ゲルシュタイン中尉が、スウェーデンの外交官に対して自分が収容所で見たものを伝えた戦時中の証言がある。彼は1942年8月19日(当時の収容所は主にガソリンエンジンから発する一酸化炭素をガス室で用いていた)にベウゼツに到着して、45両の列車に詰め込まれた6,700人のユダヤ人が降ろされるのを誇らしげに見せられた。その多くは既に死亡していたが、生き残った者も裸でガス室へ送られていった。その時の様子についてゲルシュタインは次のように証言している。絶滅収容所 フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄回収装置

    硫黄回収装置から見た一酸化炭素一酸化炭素

    硫黄回収装置で処理した後のガスをテールガスという。これは硫化水素、水素、一酸化炭素などを含んでいるので、燃焼炉での燃焼処理するかテールガス処理装置で脱硫処理してから排ガスとして大気放出する。硫黄回収装置 フレッシュアイペディアより)

  • ノリッシュ反応

    ノリッシュ反応から見た一酸化炭素一酸化炭素

    発生したラジカルのうち、アシルラジカル •R(C=O) から一酸化炭素 (CO) が脱離するとアルキルラジカル R• に変わる。ほか、水素の移動によりケテンやアルデヒドが生成することもある。ノリッシュ反応 フレッシュアイペディアより)

  • ガッターマン反応

    ガッターマン反応から見た一酸化炭素一酸化炭素

    ガッターマン反応の前身となったホルミル化反応は、反応剤として一酸化炭素と塩化水素、ルイス酸を触媒とする手法で、これはガッターマン・コッホ反応 (Gatterman-Koch reaction) と呼ばれる。基質はアルキルベンゼンに限られ、ガッターマン反応よりも制約が多い。反応活性種は塩化ホルミルのルイス酸付加体である。ガッターマン反応 フレッシュアイペディアより)

  • パロマ湯沸器死亡事故

    パロマ湯沸器死亡事故から見た一酸化炭素中毒一酸化炭素

    経済産業省が、パロマ工業製屋内設置型瞬間湯沸器による一酸化炭素中毒事故について報道発表(事故件数17件・死亡者15人)。パロマ湯沸器死亡事故 フレッシュアイペディアより)

  • ポーソン・カンド反応

    ポーソン・カンド反応から見た一酸化炭素一酸化炭素

    ポーソン・カンド反応 (Pauson?Khand reaction) とは、アルキン、アルケン、そして一酸化炭素が1-環化付加反応で結びついて α,β-シクロペンテノンを与える化学反応のこと(下式)。最初に報告されたときの触媒はジコバルトオクタカルボニル (Co2(CO)8) であったが、その後の研究により他の触媒で代用されるようになった。ポーソン・カンド反応 フレッシュアイペディアより)

  • ポリグリコール酸

    ポリグリコール酸から見た一酸化炭素一酸化炭素

    一酸化炭素とホルムアルデヒドの酸触媒反応ポリグリコール酸 フレッシュアイペディアより)

  • ハーバード・スミソニアン天体物理学センター

    ハーバード・スミソニアン天体物理学センターから見た一酸化炭素一酸化炭素

    1.2メートル電波望遠鏡 一酸化炭素分子が放射する電波で銀河面をサーベイ観測した。ハーバード・スミソニアン天体物理学センター フレッシュアイペディアより)

  • 車中泊

    車中泊から見た一酸化炭素中毒一酸化炭素

    車中泊時、エアコンやヒーターを作動させるためエンジンをかけたまま就寝するドライバーが見受けられるが、エンジンをかけた状態で運転席で就寝すると、気づかないうちにアクセルを踏み込んでいる場合があり、これは過レーシングの状態となり、排気ガスが排気管内を流れ続け、走行風でエンジンも冷やされないため排気管が過熱し、排気管を吊っているOリングや車内カーペットが発火する危険がある。さらに降雪時はマフラーが雪で塞がれ、排気ガスが車内に充満して一酸化炭素中毒事故が発生することがある。この場合では車中泊者が居ること自体が周囲に把握されていないため、発見が遅れる場合が多く、数日後に発見されるなど手遅れとなる場合も多い。凍死しそうな危険性でもない限り、アイドリングはすべきではない。毛布類を多めに用意し低温に備えることが必要である。また、車内での就寝時などにエコノミークラス症候群を防ぐために、車内の凹凸を毛布などで埋め横になって就寝する方がよく、その観点からも毛布や布やクッションの類を多めに用意する方が良い。また、山間部などを長時間走る場合、都市部以外では休日にガソリンスタンドが開いていないことも多いことを考慮して、ガソリン携帯缶の用意をする事が望ましい。車中泊 フレッシュアイペディアより)

  • 三元触媒

    三元触媒から見た一酸化炭素一酸化炭素

    ガソリンを燃料とする自動車の排ガス中に含まれる有害物質は、主に炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)、窒素酸化物(NOx)であるが、それをプラチナ、パラジウム、ロジウムを使用した触媒装置により同時に除去する。つまり、炭化水素は水と二酸化炭素に、一酸化炭素は二酸化炭素に、窒素酸化物は窒素に、それぞれ酸化もしくは還元される。効率よく酸化・還元をするためには、ガソリンと空気が完全燃焼し、かつ、酸素の余らない理論空燃比であることが必要であり、このため排ガス中の酸素濃度を酸素センサー等により絶えず測定して、この情報を元に燃料噴射量等をコントロールする必要がある。三元触媒 フレッシュアイペディアより)

485件中 91 - 100件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード