527件中 101 - 110件表示
  • 大気浄化法

    大気浄化法から見た一酸化炭素一酸化炭素

    1975年以降に製造する自動車の排気ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の排出量を1970-1971年型の1/10以下にする大気浄化法 フレッシュアイペディアより)

  • マススペクトル

    マススペクトルから見た一酸化炭素一酸化炭素

    質量分析計がどれだけ近い m/z 値を持つ2つのピークを十分に分離できるか、ということを示す値に分解能 R がある。R が大きいほど小さな質量差のピークを分離して検出することができる。高分解能の装置を用いれば、一酸化炭素(CO、質量27.9949)、窒素分子(N2、質量28.0061)、エチレン(C2H4、分子量28.0313)も別個の質量を持った分子として観測できる。小数点以下4桁以上の精度で得られたマススペクトルは高分解能質量分析スペクトル(HRMS、ハイマス、ミリマス)と呼ばれ、化合物の同定に用いられる。マススペクトル フレッシュアイペディアより)

  • ボック・グロビュール

    ボック・グロビュールから見た一酸化炭素一酸化炭素

    ボック・グロビュール (Bok globule、ボーク・グロビュール) は、しばしば星形成が起きるような、ガスや塵が高濃度に密集した宇宙の領域である。HII領域の中に見られ、直径1光年程度の中に太陽質量の2-50倍の質量を持つ。分子状の水素、一酸化炭素、ヘリウムや1%程度のケイ素の塵が含まれる。一般に、ボック・グロビュールからは2つ以上の恒星系が作られる。ボック・グロビュール フレッシュアイペディアより)

  • バックドラフト

    バックドラフトから見た一酸化炭素一酸化炭素

    室内など密閉された空間で火災が生じ不完全燃焼によって火の勢いが衰え、可燃性の一酸化炭素ガスが溜まった状態の時に窓やドアを開くなどの行動をすると、熱された一酸化炭素に急速に酸素が取り込まれて結びつき、二酸化炭素への化学反応が急激に進み爆発を引き起こす。たちまち火の海となる「フラッシュオーバー」とは違う現象である。バックドラフト フレッシュアイペディアより)

  • 鉄硫黄タンパク質

    鉄硫黄タンパク質から見た一酸化炭素一酸化炭素

    鉄硫黄タンパク質(てついおうタンパクしつ、iron-sulfur protein)は、酸化数が可変の二、三および四鉄中心を含む鉄・硫黄クラスターの存在で特徴づけられるタンパク質である。鉄硫黄クラスターはフェレドキシンやNADPデヒドロゲナーゼ、ヒドロゲナーゼ、補酵素Qシトクロムcレダクターゼ、コハク酸デヒドロゲナーゼ、ニトロゲナーゼなど多くの金属タンパク質で見られる。最もよく知られる鉄硫黄クラスターの役割はミトコンドリアでの電子伝達にかかる酸化還元反応である。酸化的リン酸化の複合体Iおよび複合体IIはマルチプルな鉄硫黄クラスターを持つ。鉄硫黄タンパク質は他にもアコニターゼのような触媒(SAM依存型酵素に見られるラジカル生成)、リポ酸とビオチンの生合成における硫黄供与体など多くの機能を持つ。加えて、いくつかの鉄硫黄タンパク質は遺伝子発現も調節している。鉄硫黄タンパク質は生命活動によって発生した一酸化炭素からの攻撃に脆弱である。鉄硫黄タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • アセチレンジオール

    アセチレンジオールから見た一酸化炭素一酸化炭素

    このような塩の一般的な合成方法は、一酸化炭素の還元である。アセチレンジオールカリウムK2C2O2は、一酸化炭素と金属カリウムの反応によって、1834年にユストゥス・フォン・リービッヒによって初めて得られたが、長い間この化合物は、カルボニルカリウムKCOだと考えられていた。以降の130年間で、ナトリウム(Johannis, 1893)、バリウム(Gunz and Mentrel, 1903)、ストロンチウム(Roederer, 1906)、リチウム、ルビジウム、セシウム(Pearson, 1933)の「カルボニル」が記述された。後に、この反応はアセチレンジオールカリウムK2C2O2とヘキサヒドロキシベンゼンカリウムK6C6O6の混合物を生成することが明らかとなった。アセチレンジオール フレッシュアイペディアより)

  • 定性無機分析

    定性無機分析から見た一酸化炭素一酸化炭素

    シュウ酸を濃硫酸で処理すると二酸化炭素と一酸化炭素を生ずる。発生した一酸化炭素は青い炎を出して燃える。また、シュウ酸は過マンガン酸カリウムを脱色し、塩化カルシウムとは沈殿を作る。定性無機分析 フレッシュアイペディアより)

  • 摩耶の葬列

    摩耶の葬列から見た一酸化炭素中毒一酸化炭素

    幼いころ春川夫妻に両親を家ごと焼き殺された時、腕から背中にかけてひどいやけどを負う。そのため夏でも黒いドレスを着ている。同時に患った一酸化炭素中毒により病弱。以来、復讐のために生きてきた。復讐のために近づいた玲奈と恋に落ちるが、実の姉妹だと知るに及んで自ら死を選ぶ。摩耶の葬列 フレッシュアイペディアより)

  • デカカルボニル二マンガン

    デカカルボニル二マンガンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    この化合物は初め、CO 雰囲気下でマンガンヨウ化物をマグネシウムで還元することにより低収率で得られた。より効率的な方法は、200気圧の CO 雰囲気下で無水 MnCl2 をナトリウム-ベンゾフェノンケチルによって還元する方法である。安価なトリカルボニルメチルシクロペンタジエニルマンガン (MMT) の有用性は、Mn2(CO)10 の合成ルートをより低圧で行えるようにしたことである。デカカルボニル二マンガン フレッシュアイペディアより)

  • キューポラ

    キューポラから見た一酸化炭素一酸化炭素

    キューポラ各部の役割、名称として、円筒型の上部から溶解材料を「底開きバケット」や「スキップ式ホイスト」などで挿入する「材料投入口」、コークスなどの燃焼で発生したガス(主にCOガス)を吸引する「ガスダクト」、挿入された材料を予熱する「予熱帯」、材料をコークスの燃焼熱で溶解する「溶解帯」、還元作用が行われる「還元帯」、溶けた鉄が一時的に炉内に溜まる「湯溜まり帯」、溶けた鉄が出てくる穴「出湯口」、炉の最下部で溶湯が漏れないように耐火物で施工してある「炉床」、溶解後に炉内残滓物や耐火物を排出するための「底扉(もしくはマンホール)」という構成である。キューポラ フレッシュアイペディアより)

527件中 101 - 110件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード