527件中 11 - 20件表示
  • トーントン寝台車火災事故

    トーントン寝台車火災事故から見た一酸化炭素一酸化炭素

    列車は23時50分にプリマスに到着し、0時15分にW2437を含む寝台車を連結しETHを起動した。0時30分に列車は時間通り出発し、予定通りニュートン・アボット、エクセターに停車していった。誰も列車の異常に気づかなかったが、リネンの袋の温度は上昇していた。その後リネンの袋がくすぶり、一酸化炭素を含む有毒ガスが発生し始めた。不運にも換気設備がデッキから新鮮な空気を取り入れる構造だったため、ガスが各寝台に充満した。トーントン寝台車火災事故 フレッシュアイペディアより)

  • 猟奇の檻 第2章

    猟奇の檻 第2章から見た一酸化炭素一酸化炭素

    そんな数日が過ぎたある日、同僚の1人・梶原まことの死体が、園内の外れにある清掃用具室で発見される。死因は一酸化炭素中毒。死体を共に発見した同僚の1人・島本和子と協力しての蘇生術も、空しいだけであった。その背後では、梶原と交際し始めたばかりの同僚の1人・北沢牧子が、変わり果てた梶原の姿に失神する。ファンタージェンの中央部ではそんな斎藤達を見下ろすように、西洋の古城を模したパークシンボル「ドラクル城」が、静かにそびえ立っていた。猟奇の檻 第2章 フレッシュアイペディアより)

  • 電気化学センサ

    電気化学センサから見た一酸化炭素一酸化炭素

    溶液中のイオンや溶存物質の定量・定性分析を簡便に行える手法として溶液などの電解質に含まれるイオンが参照電極との間で電圧を生じるのでそれを利用して検出する。 一例として一酸化炭素などの還元性の検知対象ガスが存在すると検知極では触媒上で空気中の水蒸気と以下の反応式で示される反応が発生する。電気化学センサ フレッシュアイペディアより)

  • ガスセンサ

    ガスセンサから見た一酸化炭素一酸化炭素

    電気化学的な検出法の一例として一酸化炭素などの還元性の検知対象ガスが存在すると検知極では触媒上で空気中の水蒸気と以下の反応式で示される反応が発生する。ガスセンサ フレッシュアイペディアより)

  • ホルミル化

    ホルミル化から見た一酸化炭素一酸化炭素

    一酸化炭素と塩化水素とルイス酸から活性種を得る。ホルミル化 フレッシュアイペディアより)

  • 有機銅化合物

    有機銅化合物から見た一酸化炭素一酸化炭素

    1936年にHenry Gilmanはメチル銅を合成し、1941年にはKharashがCu (I) の存在下でグリニャール試薬とシクロヘキセノン反応が1,2-付加ではなく1,4-付加であることを発見した。1952年にGilmanはジアルキルクプラートを初めて研究した。1960年代には銅 (I) のアルケンとCOによる錯体が発見された。有機銅化合物 フレッシュアイペディアより)

  • 四酸化三鉄

    四酸化三鉄から見た一酸化炭素一酸化炭素

    Fe2O3 の CO による還元四酸化三鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 三フッ化リン

    三フッ化リンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    三フッ化リン(さんフッかリン、英: phosphorus trifluoride)とは、分子式が PF3 と表される無機化合物。錯体化学において配位子として用いられ、その強い毒性やヘモグロビン中の鉄と結合する性質が金属カルボニル中の一酸化炭素と対比される。常温常圧では無色の気体で、水とはゆっくりと反応する。三フッ化リン フレッシュアイペディアより)

  • テトラカルボニルニッケル

    テトラカルボニルニッケルから見た一酸化炭素一酸化炭素

    テトラカルボニルニッケル () またはニッケルカルボニル () は、ニッケルの一酸化炭素錯体である。化学式 Ni(CO) で表される、無色もしくは黄色で揮発性の液体である。毒性が非常に高く、「死の液体 (liquid death)」の異名を持つ。歴史、応用、理論の各方面で重要な化合物である。毒物及び劇物取締法により毒物に指定されている。テトラカルボニルニッケル フレッシュアイペディアより)

  • 分子軌道ダイアグラム

    分子軌道ダイアグラムから見た一酸化炭素一酸化炭素

    分子軌道ダイアグラム(ぶんしきどうダイアグラム、、MOダイアグラム、分子軌道概略図)は、一般に分子軌道法、具体的には原子軌道による線形結合法(LCAO法)の観点から分子中の化学結合を説明するための定性的表現手法である。これらの理論の基本原理は、原子が結合し分子を作る時に一定数の原子軌道が組み合わさり同数の分子軌道を形成するが、関与する電子は軌道間で再配分できる、というものである。この手法は、二水素、二酸素、一酸化炭素といった単純な二原子分子に非常によく適しているが、メタンといった多原子分子について議論する時はより複雑となる。MOダイアグラムは何故ある分子は存在できるが一方は存在できないのか、結合がどの程度強いのか、そしてどの電子遷移が起こり得るのかを説明する。本項では以後、MOは分子軌道を、AOは原子軌道を意味する。分子軌道ダイアグラム フレッシュアイペディアより)

527件中 11 - 20件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード