485件中 11 - 20件表示
  • プロトン化水素分子

    プロトン化水素分子から見た一酸化炭素一酸化炭素

    主な反応対象としては、星間空間中で2番目に多い分子である一酸化炭素が挙げられる。プロトン化水素分子 フレッシュアイペディアより)

  • オクタカルボニル二コバルト

    オクタカルボニル二コバルトから見た一酸化炭素一酸化炭素

    オクタカルボニル二コバルトは、コバルト(II)の塩を高圧の一酸化炭素と反応させて合成される。その際にシアン化物の塩が添加されることがある。オクタカルボニル二コバルト フレッシュアイペディアより)

  • 給湯器

    給湯器から見た一酸化炭素一酸化炭素

    使用時には室内に燃焼排気ガス(一酸化炭素等)が直接放出されるため十分な換気を必要とする。1980年代の旧式器具では安全装置の故障や使用者の換気不足により不完全燃焼に起因する事故(一酸化炭素中毒)や着火不良による爆発燃焼を起こしやすい。給湯器 フレッシュアイペディアより)

  • 分子軌道ダイアグラム

    分子軌道ダイアグラムから見た一酸化炭素一酸化炭素

    分子軌道ダイアグラム(ぶんしきどうダイアグラム、、MOダイアグラム、分子軌道概略図)は、一般に分子軌道法、具体的には原子軌道による線形結合法(LCAO法)の観点から分子中の化学結合を説明するための定性的表現手法である。これらの理論の基本原理は、原子が結合し分子を作る時に一定数の原子軌道が組み合わさり同数の分子軌道を形成するが、関与する電子は軌道間で再配分できる、というものである。この手法は、二水素、二酸素、一酸化炭素といった単純な二原子分子に非常によく適しているが、メタンといった多原子分子について議論する時はより複雑となる。MOダイアグラムは何故ある分子は存在できるが一方は存在できないのか、結合がどの程度強いのか、そしてどの電子遷移が起こり得るのかを説明する。本項では以後、MOは分子軌道を、AOは原子軌道を意味する。分子軌道ダイアグラム フレッシュアイペディアより)

  • 有機銅化合物

    有機銅化合物から見た一酸化炭素一酸化炭素

    1936年にHenry Gilmanはメチル銅を合成し、1941年にはKharashがCu (I) の存在下でグリニャール試薬とシクロヘキセノン反応が1,2-付加ではなく1,4-付加であることを発見した。1952年にGilmanはジアルキルクプラートを初めて研究した。1960年代には銅 (I) のアルケンとCOによる錯体が発見された。有機銅化合物 フレッシュアイペディアより)

  • 二原子分子

    二原子分子から見た一酸化炭素一酸化炭素

    標準状態(1気圧、25℃)で二原子分子を構成する代表的な元素は、水素、窒素、酸素、ハロゲン(フッ素、塩素、臭素、ヨウ素、およびアスタチン)である。気化するまで加熱された金属のように、他の多くの元素も二原子分子になることは可能である。しかし、多くの二原子分子は二リンのように高い反応性を持ち不安定である。また、わずかではあるが一酸化炭素や臭化水素といった化合物も作られる。二原子分子 フレッシュアイペディアより)

  • 火鉢

    火鉢から見た一酸化炭素一酸化炭素

    形状により長火鉢、角火鉢、六角火鉢、丸火鉢などの種類がある。材質は陶器や木製、金属製のものが多いが珍しい石製のものもある。大きさも数人がかりで動かす大名火鉢から、手あぶりと呼称される小形火鉢まで様々ある。薪のように煙が出ないことから上流の武家や公家に使用されていたものが、江戸時代から明治にかけて庶民にも普及し、一部はインテリアとして発達し、彫金を施された唐金(金属)製の火鉢や、鮮やかな彩色をされた陶器製の火鉢が作られた。戦前は駅の待合室にさえ見られたが、木炭は着火に手間がかかる上、一酸化炭素中毒や火災の危険があるため戦後はストーブの普及につれ消えていった。火鉢は、現在でも一部で使用されており、エアコンを苦手とする人たちになお暖房に使用されている。骨董品やインテリア目的で流通し、植木鉢や、水を張って睡蓮鉢や大型の金魚鉢として庭先で見かけることもある。火鉢 フレッシュアイペディアより)

  • ガス警報器

    ガス警報器から見た一酸化炭素一酸化炭素

    ガス警報器またはガス検知器()とは、漏れた燃料用ガスや不完全燃焼によって生じた一酸化炭素(CO)を検知して警報を発する装置である。ガス警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 四酸化三鉄

    四酸化三鉄から見た一酸化炭素一酸化炭素

    Fe2O3 の CO による還元四酸化三鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 塩化ルテニウム(III)

    塩化ルテニウム(III)から見た一酸化炭素一酸化炭素

    無水物の物性はよく研究されているものの、実用上ほとんど用いられる事はない。塩素と一酸化炭素を4:1とした雰囲気下で、ルテニウム粉末を700 にまで加熱し冷却することで得られる。塩化ルテニウムには2つの結晶形が存在する。黒いα型は塩化クロム(III)と同じ結晶構造であり、ルテニウム間の距離は346 pmである。一方暗褐色のβ型は準安定相であり、8面体の面と面が重なりあう形の結晶構造を取る。ルテニウム間の距離は283 pmである。β型結晶を400–600 で加熱すると、α型結晶へと不可逆的に変化する。塩化ルテニウム(III) フレッシュアイペディアより)

485件中 11 - 20件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード