527件中 21 - 30件表示
  • 地球の大気

    地球の大気から見た一酸化炭素一酸化炭素

    二酸化炭素、オゾンのほかいくつかの微量成分の濃度も場所や時間によって大きく異なる。地表にそれらの気体の発生源や吸収源が存在するためで、例えば二酸化炭素は、空間的には都市で濃度が高く、時間的には植物の活動が活発化する夏に濃度が減少する。なお二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、六フッ化硫黄、フロン類などの温室効果ガスの濃度は、20世紀中盤以降増加を続けていて、気候変動研究などを目的に監視が続けられている。また、排気ガスなどに含まれ大気汚染を引き起こす二酸化硫黄、窒素酸化物、一酸化炭素、炭化水素などいくつかの気体成分は、固体の浮遊粒子状物質などとともに常時測定が行われており、日本では高濃度になった際に都道府県は大気汚染注意報を発表して排出制限や住民への注意の呼び掛けを行う。地球の大気 フレッシュアイペディアより)

  • 触媒

    触媒から見た一酸化炭素一酸化炭素

    また、反応を早くするだけではなく、複数の反応が起こりうる状態において、目的とする物質を選択的に得るために触媒を用いる場合も多い。触媒は特定の反応のみ高速化させるためである。例えば一酸化炭素 (CO) を水素化する場合、用いる触媒により主生成物をメタン(ルテニウム触媒)、エタンなどの直鎖アルカン(コバルト触媒(FT合成))、メタノール(銅触媒)など変化させることができる。また、光学活性体の合成を行う場合には、不斉源となる BINAP やサレン錯体などの触媒を用いることにより立体選択性を発現させる。2001年のノーベル化学賞が金属錯体触媒を用いた不斉合成に授与されたように、その重要性はきわめて高く評価されている。触媒 フレッシュアイペディアより)

  • メタン

    メタンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    メタンは天然ガスから得られるほか、一酸化炭素と水素を反応させることで工業的に大量に生産されている為(記事 C1化学に詳しい)、実験室においてもガスボンベで供給されることが普通であるが、実験室で発生させる方法がいくつか知られている。メタン フレッシュアイペディアより)

  • ギ酸

    ギ酸から見た一酸化炭素一酸化炭素

    メタノールと一酸化炭素を強塩基存在下で反応させると、ギ酸メチルが生成する。ギ酸 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素センサ

    一酸化炭素センサから見た一酸化炭素一酸化炭素

    一酸化炭素センサ(いっさんかたんそセンサ)は、一酸化炭素を検出、計測する目的に供されるセンサ。一酸化炭素センサ フレッシュアイペディアより)

  • 水素化

    水素化から見た一酸化炭素一酸化炭素

    被毒の原因となる物質(触媒毒)としてはルイス塩基であるアミン、硫黄化合物、ホスフィン、ハロゲン化物イオン、一酸化炭素などが知られている。また鉛やビスマスなどの金属イオンが触媒毒となることも知られている。これらの物質は触媒上で反応が進行する場所(活性点)となっている部分に基質より優先的に吸着されるため、触媒活性を大きく低下させると考えられている。触媒毒が有機物の場合には熱などにより脱着させることで低下した活性を再生することが可能である。水素化 フレッシュアイペディアより)

  • オクタカルボニル二コバルト

    オクタカルボニル二コバルトから見た一酸化炭素一酸化炭素

    オクタカルボニル二コバルトは、コバルト(II)の塩を高圧の一酸化炭素と反応させて合成される。その際にシアン化物の塩が添加されることがある。オクタカルボニル二コバルト フレッシュアイペディアより)

  • ダイレクトメタノール燃料電池車

    ダイレクトメタノール燃料電池車から見た一酸化炭素一酸化炭素

    ダイレクトメタノール燃料電池 (DMFC:Direct Methanol Fuel Cell) は、イオン交換膜を電極で挟んだ構造で、燃料極側にメタノール水溶液を供給し、改質ではなく電気化学反応により直接、電子を取り出して発電を行う燃料電池であり、改質器が必要なくシステムが簡素化できるが、燃料がイオン交換膜を透過して出力を低下させるクロスオーバー現象が起こることや反応過程で一酸化炭素 (CO) が発生して触媒が劣化 (CO被毒) する問題がある。ダイレクトメタノール燃料電池車 フレッシュアイペディアより)

  • 石炭

    石炭から見た一酸化炭素一酸化炭素

    鉄鉱石とは錆びた鉄・酸化鉄と脈石の塊であり、製鉄とは還元反応である。現在の高炉法は粘結炭(瀝青炭)を蒸し焼きにしたコークスと塊状鉄鉱石を円筒形の高炉に積み上げ、下から空気を吹き込んで発生する一酸化炭素で銑鉄を作るので、石炭(特に粘結炭)が不可欠である。石炭 フレッシュアイペディアより)

  • 炬燵

    炬燵から見た一酸化炭素一酸化炭素

    この深い囲炉裏での炭の使用の不便を避け、練炭コンロを入れて使う練炭炬燵も普及する事となる。触媒を上に乗せ一酸化炭素や臭いを削減した掘り炬燵専用練炭コンロもある。また、燃料に豆炭を使う豆炭炬燵も1960年代からある。熱源部分に豆炭を入れ、囲炉裏や火鉢の熾きた炭の灰の厚さによる温度調整に替わり、ダンパーで通気量調整ができる(近代は住居の気密性の高さに対応するため一酸化炭素を減らす触媒を付けている場合もある)。触媒部分は消耗品で、中毒死や火災を避けるため毎年の交換が必要である。電気炬燵は大正後期に発売されたが家庭にはなかなか普及しなかった。炬燵 フレッシュアイペディアより)

527件中 21 - 30件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード