527件中 51 - 60件表示
  • 発色剤

    発色剤から見た一酸化炭素一酸化炭素

    一酸化炭素 - 鮮魚に添加すると鮮やかな赤みを発色する。日本の食品衛生法では使用を禁止している。発色剤 フレッシュアイペディアより)

  • 排出ガス

    排出ガスから見た一酸化炭素一酸化炭素

    排気ガスの成分は、エンジンによりさまざまである。ガソリンエンジンでは一酸化炭素(CO)・炭化水素(HC)・窒素酸化物(NOx)などが多いとされている。排気ガスおよび一緒に排出される粒子状物質(PM)などを併せて排気物質(exhaust emission)と呼ぶこともある。排出ガス フレッシュアイペディアより)

  • 酸素バランス

    酸素バランスから見た一酸化炭素一酸化炭素

    爆発すると人体に有害な一酸化炭素や遊離炭素が発生する。酸素バランス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルシュタイン報告

    ゲルシュタイン報告から見た一酸化炭素一酸化炭素

    ゲルシュタインは1930年代の反ナチ運動で活躍した。彼は何度か逮捕され、1938年にはヴェルツァイム(Welzeim)強制収容所に投獄された。だが1941年には父親の助力により衛生学の専門家として武装親衛隊に入隊が許された。彼には青酸を含むさまざまな殺虫剤を使用する技能があった。青酸はホロコーストのガス室に使用されたチクロンBの有効成分である。ゲルシュタインは1942年にベウジェツ強制収容所で行われていた、ディーゼル発電機から発生する一酸化炭素を使った初期の絶滅行為に立ち会っている。彼はこの作業に深く関わることとなり、実際に、絶滅収容所に配送されたガスの受取書の多くに彼の名前が見られる。一方そのころ、彼は中立国や連合国にホロコーストについて知らせようとしている。しかし彼の報告はほとんどの国で信用されなかった。ゲルシュタイン報告 フレッシュアイペディアより)

  • CARMA

    CARMAから見た一酸化炭素一酸化炭素

    観測可能波長は、7mm、3mm、1.3mmである。これらの波長域は星間分子が放射する電波の観測に適しており、宇宙で2番目に存在量の多い星間分子である一酸化炭素が放射する電波も波長3mmおよび1.3mm帯にある。最も存在量の多い分子は水素分子であるが、対称二原子分子であるため双極子モーメントがゼロであり、回転遷移による電波は放射されない。このため、一酸化炭素分子が放射する電波は星間物質の観測にとって重要な役割を果たしている。CARMA フレッシュアイペディアより)

  • デッツ反応

    デッツ反応から見た一酸化炭素一酸化炭素

    デッツ反応(—はんのう、Dötz reaction)とは、有機金属化学における合成反応のひとつ。アリール基またはビニル基と、アルコキシ基とで置換されたクロムカルベン錯体を、アルキン、そして一酸化炭素と反応させて、置換フェノールの Cr(CO)3 錯体に変える手法。デッツ反応 フレッシュアイペディアより)

  • 三重結合

    三重結合から見た一酸化炭素一酸化炭素

    化学における三重結合(さんじゅうけつごう、)は、通常の単結合での2つの電子の代わりに6つの結合電子が関与する、2元素間の化学結合である。最も一般的な三重結合は、炭素-炭素間の結合であり、アルキンで見ることができる。その他の三重結合を含む官能基は、シアニドやイソシアニドである。二窒素や一酸化炭素といったいくつかの二原子分子も三重結合を持つ。構造式では、三重結合は2つの結合原子間の3本の平行線として描かれる。三重結合 フレッシュアイペディアより)

  • 3-ヒドロキシ-4-オキソキノリン-2,4-ジオキシゲナーゼ

    3-ヒドロキシ-4-オキソキノリン-2,4-ジオキシゲナーゼから見た一酸化炭素一酸化炭素

    反応式の通り、この酵素の基質は3-ヒドロキシ-1H-キノリン-4-オンとO2、生成物はN-ホルミルアントラニル酸とCOである。3-ヒドロキシ-4-オキソキノリン-2,4-ジオキシゲナーゼ フレッシュアイペディアより)

  • 3-ヒドロキシ-2-メチルキノリン-4-オン-2,4-ジオキシゲナーゼ

    3-ヒドロキシ-2-メチルキノリン-4-オン-2,4-ジオキシゲナーゼから見た一酸化炭素一酸化炭素

    反応式の通り、この酵素の基質は3-ヒドロキシ-2-メチル-1H-キノリン-4-オンとO2、生成物はN-アセチルアントラニル酸とCOである。3-ヒドロキシ-2-メチルキノリン-4-オン-2,4-ジオキシゲナーゼ フレッシュアイペディアより)

  • アシレズクトンジオキシゲナーゼ (Ni2+-要求)

    アシレズクトンジオキシゲナーゼ (Ni2+-要求)から見た一酸化炭素一酸化炭素

    反応式の通り、この酵素の基質は1,2-ジヒドロキシ-5-(メチルチオ)-1-ペンテン-3-オンとO2、生成物は3-(メチルチオ)プロパン酸とギ酸とCOである。アシレズクトンジオキシゲナーゼ (Ni2+-要求) フレッシュアイペディアより)

527件中 51 - 60件表示