527件中 61 - 70件表示
  • ポーソン・カンド反応

    ポーソン・カンド反応から見た一酸化炭素一酸化炭素

    ポーソン・カンド反応 (Pauson?Khand reaction) とは、アルキン、アルケン、そして一酸化炭素が1-環化付加反応で結びついて α,β-シクロペンテノンを与える化学反応のこと(下式)。最初に報告されたときの触媒はジコバルトオクタカルボニル (Co2(CO)8) であったが、その後の研究により他の触媒で代用されるようになった。ポーソン・カンド反応 フレッシュアイペディアより)

  • ノリッシュ反応

    ノリッシュ反応から見た一酸化炭素一酸化炭素

    発生したラジカルのうち、アシルラジカル •R(C=O) から一酸化炭素 (CO) が脱離するとアルキルラジカル R• に変わる。ほか、水素の移動によりケテンやアルデヒドが生成することもある。ノリッシュ反応 フレッシュアイペディアより)

  • オキソアルコール

    オキソアルコールから見た一酸化炭素一酸化炭素

    ヒドロホルミル化は、オキソガス(H2/CO=1の混合ガス)を使用するため、このように呼ばれる。オキソアルコール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェールガス

    オイルシェールガスから見た一酸化炭素一酸化炭素

    オイルシェールガスの成分は、乾留した元のオイルシェールの成分や乾留の方法に拠る。標準的にはメタン、水素、一酸化炭素、二酸化炭素、窒素の他、エチレンなど炭化水素類が含まれるが、硫化水素やその他不純物も混入している場合がある。オイルシェールガス フレッシュアイペディアより)

  • キレトロピー反応

    キレトロピー反応から見た一酸化炭素一酸化炭素

    反応例としてはアルケンへのジクロロカルベンの付加や、1,3-ブタジエンや1,3,5-ヘキサトリエンへの二酸化硫黄の付加反応、ノルボルナジエノンから一酸化炭素の脱離反応などが知られている。キレトロピー反応 フレッシュアイペディアより)

  • クェルセチン-2,3-ジオキシゲナーゼ

    クェルセチン-2,3-ジオキシゲナーゼから見た一酸化炭素一酸化炭素

    反応式の通り、この酵素の基質はクェルセチンとO2、生成物は2-プロトカテコイルフロログルシノールカルボン酸とCOとH+である。補因子として鉄と銅を用いる。クェルセチン-2,3-ジオキシゲナーゼ フレッシュアイペディアより)

  • ニトロソニウムイオン

    ニトロソニウムイオンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    NO+ は CO や N2 と等電子的である。これは亜硝酸のプロトン化によって生じる。ニトロソニウムイオン フレッシュアイペディアより)

  • ビリベルジン

    ビリベルジンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    ビリベルジンは基本的にはヘム分解に際しての中間体で、古い赤血球が処理され、ヘモグロビンが分解された後にできる。ヘモグロビンはマクロファージによって分解され、そのうちヘムはさらにヘムオキシゲナーゼによりFe2+、一酸化炭素とヘムのポルフィリン環が開環されて直線状の4つのピロール環が連なったテトラピロールの一種である緑色のビリベルジンに分解される。さらにビリベルジンがビリベルジンレダクターゼにより還元されて赤褐色の胆汁色素であるビリルビンとなる。草食動物では胆汁色素としてビリベルジンの方が多い。ビリベルジン フレッシュアイペディアより)

  • 全量炭素カラム観測ネットワーク

    全量炭素カラム観測ネットワークから見た一酸化炭素一酸化炭素

    全量炭素カラム観測ネットワーク(ぜんりょうたんそカラムかんそくネットワーク、、'')は、地球大気中の二酸化炭素、メタン、一酸化炭素、一酸化二窒素や他の大気中微量成分の量を測定する観測装置の地球規模のネットワークである。全量炭素カラム観測ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • メタノサルキナ属

    メタノサルキナ属から見た一酸化炭素一酸化炭素

    栄養的には通性独立栄養または従属栄養的に増殖する。メタノサルキナはメタン菌の中でも特に多様な物質をメタン生成の基質に利用することが可能であり、水素-二酸化炭素系のほかに、ギ酸、酢酸、メタノール、メチルチオール、メチルアミン、一酸化炭素などを利用することができる。酢酸を基質に反芻動物の胃やメタン発酵装置でしばしば優占する。人間の大腸からも分離されている。メタノサルキナ属 フレッシュアイペディアより)

527件中 61 - 70件表示