485件中 61 - 70件表示
  • チタノセンジカルボニル

    チタノセンジカルボニルから見た一酸化炭素一酸化炭素

    TiCp2(CO)2 は、一酸化炭素雰囲気下で二塩化チタノセンをマグネシウムで還元することにより得られる。チタノセンジカルボニル フレッシュアイペディアより)

  • 蔵王観光ホテル火災

    蔵王観光ホテル火災から見た一酸化炭素一酸化炭素

    蔵王観光ホテル火災(ざおうかんこうホテルかさい)とは、1983年2月21日に山形県山形市の蔵王観光ホテルで発生した火災。従業員5人、スキー客6人の合計11人が一酸化炭素中毒死した。隣接する柏屋旅館、海老屋旅館など7棟が全焼した。蔵王観光ホテル火災 フレッシュアイペディアより)

  • リビオ・ダンテ・ポルタ

    リビオ・ダンテ・ポルタから見た一酸化炭素一酸化炭素

    自然なことに、ポルタの最初のプロジェクトはアルゼンチンであった。フランスのアンドレ・シャプロンの業績を出発点として、蒸気機関車はまだその最大の潜在能力まで全く到達していないということを示し始めた。彼の最初の機関車プロジェクトは1948年にメーターゲージの車軸配置4-6-2の機関車を4シリンダーの複式4-8-0に改造したもので、「プレシデンテ・ペロン」(Presidente Peron) あるいは「アルヘンティーナ」(Argentina) と名づけられた。シャプロンが行った改造と同じように、高圧と低圧の間に再加熱装置が組み込まれている。また大きな特徴として、石炭を蒸し焼きにして一酸化炭素ガスを発生させてこれを燃焼させるガス化燃焼システム (GPCS: Gas Produce Combustion System) を導入しており、これはシャプロンも導入していないものであった。ポルタの最初のプロジェクトであるこの機関車は、今なお多くの機関車の効率記録を持っている。ドローバー出力は2,120 馬力、動輪直径1,270 ミリながら時速120 キロメートルを出した。これに基づいてアルゼンチンの多くの蒸気機関車が改造されている。リビオ・ダンテ・ポルタ フレッシュアイペディアより)

  • トリカルボニルシクロペンタジエニルモリブデンダイマー

    トリカルボニルシクロペンタジエニルモリブデンダイマーから見た一酸化炭素一酸化炭素

    この化合物はゴーシュ型とアンチ型の2種類の立体配座をとる。6つのカルボニル配位子はそれぞれ1個の Mo 原子にのみ配位しており、Mo-Mo 結合は3.2325 Åの距離にある。トリカルボニルシクロペンタジエニルモリブデンダイマー フレッシュアイペディアより)

  • 摩耶の葬列

    摩耶の葬列から見た一酸化炭素中毒一酸化炭素

    幼いころ春川夫妻に両親を家ごと焼き殺された時、腕から背中にかけてひどいやけどを負う。そのため夏でも黒いドレスを着ている。同時に患った一酸化炭素中毒により病弱。以来、復讐のために生きてきた。復讐のために近づいた玲奈と恋に落ちるが、実の姉妹だと知るに及んで自ら死を選ぶ。摩耶の葬列 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の経済

    2006年の経済から見た一酸化炭素中毒一酸化炭素

    松下電器、石油温風器による一酸化炭素中毒問題で、中村邦夫社長を5ヶ月間2割減俸処分、担当役員の常務、専務各1名を取締役に降格する処分を発表2006年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • シュウ酸鉄

    シュウ酸鉄から見た一酸化炭素一酸化炭素

    水和水を持つ2価の鉄とシュウ酸の化合物である。化学式はFe(C2O4)・2H2O、CAS登録番号は1である。空気を絶って強熱すると酸化鉄(II)と一酸化炭素および二酸化炭素になる。空気中では160℃で分解するが脱水はできない。シュウ酸鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化二炭素

    一酸化二炭素から見た一酸化炭素一酸化炭素

    一酸化二炭素(いっさんかにたんそ、dicarbon monoxide)は化学式 C2O の無機化合物である。極めて反応性の高い分子であり、亜酸化炭素の光分解反応によって生成する。一酸化炭素、二酸化炭素、亜酸化炭素などのオキソカーボンと密接な関係がある。一酸化二炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 水性ガスシフト反応

    水性ガスシフト反応から見た一酸化炭素一酸化炭素

    水性ガスシフト反応(すいせい-はんのう、water gas shift reaction)は有機工業化学の反応の一つで、一酸化炭素と水蒸気から二酸化炭素と水素を生成する反応。単にシフト反応とも言う。水性ガスシフト反応 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄硫黄タンパク質

    鉄硫黄タンパク質から見た一酸化炭素一酸化炭素

    鉄硫黄タンパク質(てついおうタンパクしつ、iron-sulfur protein)は、酸化数が可変の二、三および四鉄中心を含む鉄硫黄クラスターの存在で特徴づけられるタンパク質である。鉄硫黄クラスターはフェレドキシンやNADPデヒドロゲナーゼ、ヒドロゲナーゼ、補酵素Qシトクロムcレダクターゼ、コハク酸デヒドロゲナーゼ、ニトロゲナーゼなど多くの金属タンパク質で見られる。最もよく知られる鉄硫黄クラスターの役割はミトコンドリアでの電子伝達にかかる酸化還元反応である。酸化的リン酸化の複合体Iおよび複合体IIはマルチプルな鉄硫黄クラスターを持つ。鉄硫黄タンパク質は他にもアコニターゼのような触媒(SAM依存型酵素に見られるラジカル生成)、リポ酸とビオチンの生合成における硫黄供与体など多くの機能を持つ。加えて、いくつかの鉄硫黄タンパク質は遺伝子発現も調節している。鉄硫黄タンパク質は生命活動によって発生した一酸化炭素からの攻撃に脆弱である。鉄硫黄タンパク質 フレッシュアイペディアより)

485件中 61 - 70件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード